« ホーム »

ひとりぼっちが寂しいのですか?それとも孤独を恐れているのですか?

あなたはひとりっきりでいると寂しいと感じ、自分の孤独さに苦痛を感じるとおもうかもしれません。

しかしひとりぼっちでいることは、それほど不都合なことでしょうか。

ひとりでいても、それを楽しめるなら別に問題はありません。
ひとりっきりなら、ひとりでいることでの楽しみを見いだせばいいのだし、あるいは誰かがここにいたら別の楽しみ方が出来るだろうと考えればいいだけです。

しかし、ひとりぼっちであることを嫌がり「孤独な自分」という言葉を恐れるとき、あなたは別の問題を一緒にしてしまうのです。

あなたがひとりぼっちを楽しめないのは、自分自身とそのまま向き合うことに何か問題を感じて、それを避けているからです。
ですがそのものと向き合う前に、まず他人との関係性においての「孤独な自分」が問題であると考えてしまいます。

「孤独」という言葉を使い出したとき、あなたは自分が他の人との関係で孤立してしまっているという関係性を問題にしているのです。
それは、たとえば他の人が自分を受け入れてくれるかどうかを悩んでいるのと同類の問題であるといえます。

泣いている女の子


あなたがひとりぼっちでいるときに、ただその事実を受け入れるなら、孤独への恐れをそこに持ち出す必要はないことがわかるでしょう。

ひとりぼっちを避けて他の人を探すのは、自分の空虚さと向き合うことを避けているのかもしれません。
自分で自分のことを受け入れられていないから、なんとか他の人がその空虚さを埋めてくれないかと考え、探す方向を外側に向けてしまうために、本来取り組むべき問題は解決しないままになってしまいます。

しかし自分でありのままの自分と向き合って、そのままを受け入れることをしなければ、他の人がそれを埋めてくれることはかなわない望みです。

お互いに自分を受け入れられず、その空虚さを相手の力で何とかしようと思っているとしたら、そのような関係でなにか進展はあるものでしょうか?
あなたがひとりでいるときの自分の恐れているとしたら、相手の人にもそれを解決することなど出来ないでしょう。
遅かれ早かれ相手はそれに気づいて嫌気がさしてきます。
それに自分の側の空虚さも満たされようがないだろうということにも、いずれ気がつくでしょう。

孤独な自分を嘆いて、誰かにそれを満たしてもらおうとするのは方向が違うのです。
自分の空虚さがどこから来ているのかを、自分の内部に探す気になれば、自分のまわりに人がいてくれるかどうかなど関係のない問題であることがわかってくるはずです。

そうすれば、孤独を恐れることから解放され、自分自身と向き合ってみる事が出来ます。
ひとりでいるときの自分を相手にしても、楽しめることはあるのだと気づきます。
自分の感じていることに向き合ってみるのも、やりがいのあることだと感じるようになります。

今まわりに人がいないことも、単に今はそういう時間なのだから、また今度誰かが周りにいるときにはその関係を通じて楽しめばいいのだと考えることが出来ます。

孤独1


以上のことをまとめれば、大きく考えて二つの点が理解できずに苦しんでいたのでしょう。

まず、ひとりぼっちでいる人間は人気がないとか、価値のない人間だと考えを持っていて、孤独になることを必要以上に恐れていたのではないでしょうか。

もうひとつは、自分自身と向き合うことを避けているから、自分が中身がない人間に思え、それから目をそらそうと、いつも誰かが自分の周りにいないと不安になっていたのです。


そしてそれらが相まって、ひとりきりになることは耐えられない時間を向かえることになると感じてします。
必死になってひとりきりを避け、人を求めて動き回りたくなる衝動に走らせていたのです。

自分自身を受け入れる事がなんでもなくなれば、ひとりぼっちの時間もそれなりに楽しめるでしょう。
また、他の人を利用してその空虚さを埋めないといけないという考えもなくなります。

他の人に「何とかして、この寂しさを!」と乞い求める衝動もなくなります。

そんなあなたならまわりの人達も重苦しさを感じないで接することができるでしょうし、あなたの側でも孤独を恐れて駆け回っていたときとは違って、他の人が遠い存在に見えることもなくなるでしょう。

自分の空虚さを埋める目的のもの同士の関係など、すぐに破綻してしまうことがわかってきますから、そのような関係に自分を置いて誤魔化そうとも思わなくなります。

同じ問題を抱えている人と接するときも、相手が自分自身を受け入れられるようになることが第一であるとわかりますから、相手の求めるままに無責任な受け入れをすることなくなるでしょう。

ひとりぼっちでいること自体は困ったことでも、恐ろしいことでもありません。
孤独になることが恐ろしいと感じるなら、他の人を探さずに、まずは自分と向き合ってみることです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
ひとりぼっちと孤独
寂しいのは自分がここにいないから


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

私は1人でいるのは苦にならないけど、周りの独身者をみていると
「普段は家族と一緒だから、たまの1人が楽しめるのかなぁ」
とも思います。
40歳くらいになって独身だと、お盆休みのような長期休暇にはいろんなことを考えてしまうようですね

Re: こちくんさん

> 私は1人でいるのは苦にならないけど、周りの独身者をみていると
> 「普段は家族と一緒だから、たまの1人が楽しめるのかなぁ」
> とも思います。
> 40歳くらいになって独身だと、お盆休みのような長期休暇にはいろんなことを考えてしまうようですね

ちょっと話がずれますが、
さきほどPCのディスプレイが表示しなくなって、作業できなくて困っていたのですが、
ネットだけのバーチャルなつながりというのは、ネットが使えなくなるとどんな感じなんだろうかとふと考えてしまいました。
ネットやTVがすべて使えないと、結構世界観が変わりますね。

No title

こんばんは。私も孤独と向き合うことをしてきましたから、
一人でいることが苦痛ではありません。
私は生きてるだけで幸福という感じです。
なんにもいらない。存在してるだけで幸福です。
孤独を恐れて、意に沿わぬ他人と繋がりたいという
願望もなくなってしまいました。
もちろん、他人と繋がることを否定はしてませんが、
一人でいることはなんと豊かなことだろうと思い日々生活
しています。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX