« ホーム »

変化の中に留まる/流れの一員になりましょう

「私はどうやったところで、こなしきれないほどのたくさんのことがあるので戸惑っています。」

そうです、何かをやると次のことが現れる。
やってもやっても次の課題が登場します。

「これでこの方面は片が付くだろう。」とか、「この分野はこれでマスターしたぞ」と思っても終わりは結局来ないのです。
願いはどこまで行っても尽きません。

ところで同じように、どれだけ願いを叶えても、それは達成され続けます。
願いが次々現れるのに気をとられて、達成してきたことは気にとめません。
しかし、それらは毎回結果を出してきているのです。

結果の積み重ねが、今のあなたを作り出しています。
あなたは、自分で区切った位置でだけ願いが叶ったかどうかを判定しようとするから、自分が得てきたものを喜ぶことが出来なくなってしまうのです。

悩むサラリーマン


さて、「こなしきれないほどのたくさんのことがあるので」今どこにいて、次に何をすればいいのかに迷っています。

しかし「こなしきれないほどのたくさんのこと」も、実はあなたが適当に区切った尺度で数えたものに過ぎません。
存在するものは、あなたが分けて数えなければ右から左まで無数に存在するのです。
そんな連続の中の、適当な位置を取り出して、あなたは名前をつけているだけに過ぎません。

「こなしきれないほどのたくさんのこと」を全部自分で処理しようなどと思わないことです。
分ければ分けただけそれらは増殖を続けます。

つまり右から左へ移動する通過点のどれか一つを取り上げて、問題にするのでなく、その連続のどこか途中に自分がいると考えるだけで充分なのです。

あなたが怒りの側の端にいたとしても、それはやがてその対象を許して受け入れる側の端に向けて戻っていきます。
あなたは誰かの意見に賛成し、これこそ我が意を得たりと思うのですが、その人があなたの納得できないことを言い出すと途端に反対側の極に移動したくなるのです。

自分でその途上に名前をつけて外側に取り出そうとしないことです。
「半分許したけど、半分怒っている」と表現することに何か意味があるでしょうか。
「誰かに全面的に賛成する」という言葉の無意味さを考えて見て下さい。

その途上のどこかにいて、外側へ取り出すことをやめれば、それはそのままでしかるべき位置を移動します。

あなたがこころの状態に名前をつけて取り出そうとするとき、自然な変化はそこで無理やり切り離されてしまうのです。
切り離されて分割されたあなたは、再び怒りのひとに逆戻りしてみたり、自分自身をあれこれ評価し始めて悩みだすことになります。

言葉は連続したものを無理やり途中で切り離し、その言葉や思考によって実際の現実とは別の解釈を作り出してしまいます。
包帯を巻いた傷口を何度もほどいて確認して、まだダメだまだダメだといっているようなものです。
傷は自然に身体が直してくれるのを待っているしかないのです。

イライラするサラリーマン


「こなしきれないほどのたくさんのこと」とは、言葉の通りあなたが直接関わってはいけないことだと告げているのです。
こんなに多くのことを背負いきれませんと悲鳴を上げ、警告しているのです。

あなたは素直に関わることをやめて、その中の今いる場所に留まっていればいいのです。
それは自然に傷が癒えていくように、なるべくして変化を続けていきます。

変化するものを、言葉や論理で切り出して問題にするから、手に負えないものに化けてしまうのです。
論理は固定したものしか扱えません。
変化する状況を捉えようとすれば、どこかの時点で動きが止まったと仮定して扱うことしかできないのです。
それを使うのは、固定した死んだ現実を仮定できるときだけです。
生きた現実は、流れの中でしか捉えられません。

あなたは昨日まで平気だったのが、今日は「こなしきれないほどのたくさんのこと」が出現してしまったと考えます。
しかし、変化は少しずつ連続して起こっています。
突然出現したと思うのは、あなたがどこかを切り取って、その前とその後を比較した解釈でしかないのです。
連続した変化を見える視点から見れば、それは必然的な変化だったのでしょう。

そのような外側に切り出してみるやり方で動揺していないで、もともとの流れの中に戻るのです。

連続の中にいる一員として、しかるべき位置に一緒に留まれば、あなたが思考を働かせて悩むこともなしに変化は起きていきます。
あなたのやるべきことは、中にいる流れの一員でいることだけです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
手放すのが唯一の解決
グレーの領域

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX