« ホーム »

他人にコントロールされずに生きる

あなたが他人の目を気にしたり他人から悪く思われるのを恐れていれば、あなたをコントロールする人は自分自身ではなくなってしまいます。
あなたは、誰か特定の個人か、あるいは社会という名の存在にコントロールされて行くことになります。

そのもとになっているのは、あなたの今まで蓄積してきた自己イメージを、あなたそのものであると誤解しているからです。
人から非難されたり、期待した反応を得られないとき、それは確かにあなたに痛みを感じさせます。
実際に身体を攻撃されたのと同じような反応を感じるから、それがあなた自身であると錯覚してしまうのです。

しかし、そのような反応はあなたの自我、あなたの記憶の集まりでしかないわけです。
書き換えが可能な自分の一部であると気づけば、それは勢力を失います。
反応するのが自己イメージからでなくなれば、あなたは本来の自分を取り戻して他人からコントロールされるという感覚もなくなってきます。

いきなり消え去ることはなくても、あなたが自分ではないもので反応しないように見張っているようにすれば、他人の存在で自分のあり方を決定するような行動は徐々になくなってきます。

苦痛メンタル


たとえば、自分が社会的に望ましい人間であるという自己イメージを抱いていれば、常に周りの常識に気を配り、非難されるような考えや行動をとらないことに注意しなければなりません。
またそれと並行して、あなたの望んでいる自己イメージをおだててくれる人に反応して、その人から嫌われないように行動し、結果的にその人にコントロールを握られてしまうのです。

相手は特定の個人でなくても同じです。
社会の常識とは、誰かがこれが理想だと言い出したものに影響されて作られていきます。

あなたがそういった理想にしたがおうと決めたとき、あなたは理想に到達出来ない自分を見いだして罪悪感を抱きます。
そうなると理想を掲げる人は、あなたが不充分であることを指摘し、それに罪悪感を感じるあなたは容易にその人の制御の下に置かれることになるのです。

ちょっとした集団の中にいても、自分の正直な意見がまわりと異なるときも正直な意見を言うことは難しくなります。
その集団があなたにとって重要なものであるほど、あなたは自分の発言に気を使わなければなりません。
もし自分の言ってしまったことが、後からまわりと違っていたりするといつまでもそれを気にして憂鬱な気分になってしまうでしょう。
次からはもっと発言に気をつけなければと感じて、ますますあなたの自由は奪われてぎこちなくなっていきます。

「誰かが理想を作ってあなたがそれに同意する」
これがあなたの罪悪感の源を作り出します。

あなたは自由を奪われ、理想に届かないことに罪悪感を感じ、それを何とかすることこそが自分のやるべきことになってしまうのです。

「何か失敗をして社会から仲間はずれにされることを恐れること」
これが誰もが法律を守り、とんでもない外れた行動を抑制することに役に立ちます。
しかし一方で個人はそのような自己イメージに縛られたまま生きることを強要されるわけです。

メンタル


あなたが自分のやりたいことを伸ばしていきたいと思うとします。
たとえば、それはビジネスであったりスポーツや芸術であったりさまざまです。

しかし、社会によって作られた理想に到達することを目指すとき、それは現状の体制から外れないように生きることが要求されてしまいます。
何とかその理想に合わせようとすれば、先行者をまねて、権威者に頭を下げてしたがっていくしかなくなってしまいます。

理想とはどこまで行っても到達しないものです。
理想はいまの自分があるべき存在でないと訴え続けます。
常にあなたを緊張させ強制的な努力を要求します。

理想に到達しない限り、自分を自由に生きることはお預けになってしまうのです。
しかしそれは言葉の意味からしても、到達することは決してないのです。

そんなしばられた生活に不満を感じながら、しかし理想から外れることは怖くて出来ません。
仲間はずれにされたり、自己イメージが壊れるてしまう恐怖からそこを抜け出せない。
せいぜいそんな理想のありかたを批判することで、憂さ晴らしをするしかないのです。

あるいは理想に到達する為の別のやり方を自分で考え出そうとし、他のやり方と競争してみたりしますが、前提になる理想に縛られている限り結果は同じです。
社会が細分化し理想への道が開発されるほど、個人が入り込む余地は少なくなり、より生きにくい社会になっていきます。

しかしあなたが自分のやりたいことに忠実であろうと決心して、既存の理想から決別するなら、あなたは再び自由を取り戻すことが出来ます。

打ち合わせPC


それには自分が本当にやりたいことが何であるかを、正直につかむ必要があります。
社会の理想にとらわれずに、他の人の反対に負けて妥協しないようにして自分のやりたいことと、そうではない既存のやり方を見分けることです。

自分が実際にやってみて、他人の評価を切り離してもやりがいを感じることを抽出して取り出してみることです。

すぐに結果が出なくても、ともかくやりたいことに集中すること。
そして、そのこと自体が目的でありゴールであると感じられたら、社会の理想とは縁を切ることが出来ます。
誰かにコントロールされて、自分なやり方を妨げられることもありません。
出来る範囲で社会と付き合う中で、純粋に自分のやりたいことを見失わないで、妥協しないでいることです。

理想ではなく不完全さの中にある成長や流れに目を向けて、自分のやりたいことにのみ集中していれば、罪悪感を抱かせる人から自由でいられます。
もちろん既存の道ではなく、道なき道を行くことにはなりますが、誰かのコントロールの下で生きることとどちらがいいかですね。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
あなたの理想はなんでしょう


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

無理をしながら周りに合わせるのは、長続きしないですよね。
無理をしている自分が、本来の自分と入れ替わることはないし、慣れることもないのを実感しました。

だからって我儘放題もできないし。
自分はさておき、子供にはのびのび育ってほしいですね。

Re: No title

> 無理をしながら周りに合わせるのは、長続きしないですよね。
> 無理をしている自分が、本来の自分と入れ替わることはないし、慣れることもないのを実感しました。
>
> だからって我儘放題もできないし。
> 自分はさておき、子供にはのびのび育ってほしいですね。

わがままというのも多くの場合、適応行動だったりするんですね。
一度適応したものどう壊すかという見方も出来るかと思うんです。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX