« ホーム »

「じょうだんのつもりなのかも」

ネットでメールの使いかたを子供向けにせつめいしているサイトを見かけました。
おもしろい内容だったので、一部を引用します。

Electronic Network Consortium(電子ネットワーク協議会)
http://www.enc.or.jp/

4.10 いやなメールを受け取ったら?
友だちからのメールを読んで、いやな気分になったとしても、言い返すような内容(ないよう)の返事を出さないようにしましょう。友だちは、じょうだんのつもりなのかもしれないからです。もし、お返しのメールを書いてしまったら、すぐには出さず、一晩おいて、じっくりと考えてから出してください。その1通のメールが原因(げんいん)で、けんかしてしまったら、二度と仲直りできないかもしれません。

以下省略

chapter 4
http://www.enc.or.jp/enc/code/rule4child/cha-4.html#4-3




小学生くらいのお子さんがいらっしゃれば別ですが、子供向けの文章というのは
なかなか見る機会が少ないかとおもいます。
引用したほかにも、いろいろ大人が読むと、どきっとする様な文章もあっておもしろいので、
一度ご覧になってはいかがでしょう。

それはさておき、この文章ではすぐに返事せずに、一晩おいて考えて。。。
理由は、「じょうだんのつもりなのかもしれないから」とあります。

メールは特に文字だけのコミュニケーションなので、受け取り側の
そのときの精神状態が影響して、勝手な解釈に走りがちです。

そういった場合は、時間をおいて読み返してみることが必要かも知れません。
ひょっとすると、冷静に読めば間違えない様なことを、読み間違えている
可能性だってあります。

もう少し応用して考えると、
メールに限らず何か自分が冷静さをなくす様な、
動揺するような状況が起きた場合に、
「じょうだんのつもりなのかも」と
いったん思ってみるのはどうでしょうか。

・時間をおくことで、偏った判断を回避できる。
・自分が動揺させられた原因を探ってみると、自分の弱点が発見できる。
・衝動的に行動することを止められたことで、自分への信頼が高まる。

特に自分の弱点が発見できるたら、そこから自分を振り返ることで
いろいろな発見があります。

それは、不要な苦痛からの突破口になる可能性があります。
その後のコントロール障害からの解放になるかも知れないと思えば、
自分の弱点を発見することはそれほど苦にならなくなります。

食べ過ぎだと思ったら、おなかを壊さない様に食べるのをやめるのと
同じようなもの。
不快な感情に走り出しそうな時は、ちょっと控えてみませんか。
本当に怒るようなことかどうかが、よりはっきりしてきます。

相手も、それほど深く考えていない可能性が高いものです。
そうでなかったことも「じょうだんのつもり」だった
ということに変化するかも知れません。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして^^
窓のそとという写真詩ブログのsaoです。
ブログを見に来ていただきありがとうございます。

まだ全部は見れていませんか、いくつかの記事を拝見しました。
とても素敵な内容ですね。

子供向けの電子メールの説明、読んでみまししたが、私はなんだか切なくなってしまいました。
『けんかしてしまったら、二度と仲直りできないかもしれません。』って・・・脅しみたいです。(苦笑)
「心を一度落ち着かせてから」で良いと思うんですよね。
「あなたは冗談だったかもしれないけど、私は傷ついたよ」って素直に打ち明けて人の痛みを理解し合うことも子供時代に乗り越えなくてはいけないものだと思うのですが、現代の子供時代はそれほど平和じゃないのかもしれませんね・・・。

ちょっとぼやいてしまいました。(*'ー'* )ゞ

また見に来ますね^^

Re: はじめまして。

> 窓のそとという写真詩ブログのsaoです。
> ブログを見に来ていただきありがとうございます。

すてきな詩を見せていただきました。

> 『けんかしてしまったら、二度と仲直りできないかもしれません。』って・・・脅しみたいです。(苦笑)
> 「心を一度落ち着かせてから」で良いと思うんですよね。
> 「あなたは冗談だったかもしれないけど、私は傷ついたよ」って素直に打ち明けて人の痛みを理解し合うことも子供時代に乗り越えなくてはいけないものだと思うのですが、現代の子供時代はそれほど平和じゃないのかもしれませんね・・・。
>
わたしは最初の説明は、文字だけの媒体であるための、情報の少なさからの誤解が怖いものだと警告しているように受け取りました。手紙も文字だけの媒体ですが、メールの方はそのスピードが全く違います。また一斉に多人数から送られる可能性があるだけに、いじめの問題も深刻なものになるのでしょうね。



sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX