« ホーム »

自分探しはなぜ失敗するか

「自分探しはなぜ失敗するか」というテーマで書いてみたいと思います。

しかし私は「自分探しに成功した」という方もいらっしゃるかもしれませんし、「自分探し」がどんな場合にも無駄なことだと言いたいわけではありません。

しかしそれでも「自分探し」の多くは失敗に終わります。

「自分探し」とは何を探すのでしょうか。

「これこそが自分が生きている実感を持てる」というそんな生き方を探すということでしょうか。
あるいはもう少し現実的にみれば、自分の生きがいを感じる仕事や職業を見つけることでしょうか。

大体このような意味だとすると、そのキーになるのは「自分が生きている実感を持てる」という感覚になると思います。

この判定がうまくいけば「自分探し」もうまくいきそうな気がしてきます。

夢見る女性


しかし問題は「自分が生きている実感を持てる」瞬間を探すのは難しいとという所にあります。

ある種の体験を直接探せるでしょうか?
体験があってその後その時の実感を感じるわけです。
ですが体験の多くは偶然起きるものですから、どこかにリストがあってそれを検索するという具合にはいきません。

せいぜい記憶をたどって探してみるしかありませんね。

そしてこの記憶がくせ者なのです。

私たちは、小さい頃に自分と周りの世界のあり方についての信念を形成してしまいます。

そんなことを作った覚えはないといっても、普段の選択一つ一つがそれらを自然に作り上げていくわけです。

なにかの課題が与えられると、その人特有の信念を基にして自分の行動を決定しそのつど自分の信念をより強固なものにしていくわけです。

これらの信念に沿った現実が、その人の理想というものをかたちづくります。

こうして、信念はそれがふさわしいものであるかを検討する機会を持たないまま、その人の一部となり、自分の理想は誰でもそう思っているに違いないという思い込みを作ります。

世の中とはこういうものだ、人間はこのように生きていくべきなのだと確信を強めていくのです。

さて話を戻せば、そのような信念を持った状態で自分の理想の姿を探そうとすれば、みつかる理想の自分とは抱え込んでいる信念そのものになるわけです。

自分が「何かのために生きている」と問えば、返ってくる答えはあなたの信念が答えを用意してくるのです。

感情1


しかし、先程の「自分が生きている実感を持てる」瞬間がその信念と一致するかと言えばそうではないのです。

あなたが信念を作っていく過程で取り残されてきた自分というものは、そこには含まれないからです。

権力を持った信念の影で発言権のないままおとなしくしてきた自分こそ、自分らしさの原点かもしれないのですが、「自分探し」ではそれが発見されないままになる可能性が高いのです。

ですから「自分探し」が出来たと思って新しい生活を初めても、すぐに何かが足りないままだと気づき、まだ「自分探し」がうまくいっていないと感じてしまうのです。

このような「自分探し」はいつまで続けても結果は変わりません。
いつまでも自分ではないものを探し続けるだけだからです。

本当の自分を探すためには、いまの理想をいったん捨てて、自分の内面を正直に振り返ることから始めないといけないのです。

現在の強力な信念やそれが正当だと思わせようとする自我の働きに対抗して、真剣に本来の自分を見つけようとする決意を持たない限り「自分探し」は成功しないでしょう。

そしてそのような決意を実行すれば、もはや自分探しが必要だと感じることもなくなるはずです。

その時はもうすでに自分を発見していることになるからです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 
http://www.blogpeople.net/addlink.jsp?n=1&u=http%3A%2F%2Fpaostao.blog66.fc2.com%2F&ti='+escape(document.title),'blop','scrollbars=no,width=475,height=350,left=75,top=175,status=yes,resizable=yes'));">このブログを登録 by BlogPeople




[関連記事]
自分探しをやめて自分の個性を取り戻そう
何ものかになろうとする幻想
何を脅えているのでしょう/恐怖から自由になる

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

<自分探し>ってよく聞きますけど、よく意味がわからなかったです。
なるほど~
「自分が生きている実感を持てる」ことを探す事なんですねぇ

あんまり考えた事なかったので、参考になりました!

こんにちは^^

小さい頃の選択の一つ一つが自然に自分とまわりの世界のあり方についての信念を形成しているんですね。
たしかに自分の子供時代を振り返ってみるとそうですね。
本当に子供時代の日常生活って大切なんですね。
娘が自分の内面を正直に振り返ることができるよう、私もふだんから心がけたいと思います。

Re: こちくんさん

> <自分探し>ってよく聞きますけど、よく意味がわからなかったです。
> なるほど~
> 「自分が生きている実感を持てる」ことを探す事なんですねぇ
>
> あんまり考えた事なかったので、参考になりました!

あくまで私の解釈ですけど、今の生活に満足を感じないから生きがいを求めて
彷徨うことになるのかと思います。
先日「自分探しをやめて自分の個性を取り戻そう」という文章も書きましたが、
内面を変えない限り、カバーを変えて別の本に変わったと思っているようなことも
あるのではないかと思います。

Re: こんにちは^^

> 小さい頃の選択の一つ一つが自然に自分とまわりの世界のあり方についての信念を形成しているんですね。
> たしかに自分の子供時代を振り返ってみるとそうですね。
> 本当に子供時代の日常生活って大切なんですね。
> 娘が自分の内面を正直に振り返ることができるよう、私もふだんから心がけたいと思います。

どのように気をつけても大人になるまでに偏りやこだわりというのは出てくると思います。
それがまた個性でもあるわけでしょう。
肝心なことは大人になってから、それを認めて修正しようと素直に考えられるかどうか
ではないかと思います。
強い信念はいい方向に働けば強みではありますが、それと引き替えに柔軟さをなくします。
子どもが修正が難しくなるような思い込みを持ってしまうことは出来るだけ避けたいですね。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
24位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX