« ホーム »

イライラをなんとかしたい

現代の社会が昔と比べてよりイライラしやすい環境であるかどうかは、簡単には言い切れないかも知れません。

しかしひとつ言えるのは、昔と比べてのその情報量の急激な増加が、私たちのストレスの程度に大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。

インターネット始めIT革命のもたらした影響は画期的に私たちの環境を変化させました。

情報を調べることがとんでもなく便利になり時間が短縮されていることは、私たちに大きな恩恵を与えてくれましたが、その一方で欲しくなくてもどんどん情報にさらされるという環境に置かれることとなりました。

昔のように「知らぬが仏」を決め込んでいることが難しくなっている時代です。

そんな変化が私たちのストレスに影響しているとすれば、私たちはほおかぶりして情報から逃げることよりも、今まで以上に私たちの側のイライラの原因を知って対処する方法を身につけることが必要です。

メンタル


過度なストレスは私たちにダメージを与える「悪い」ものかもしれません。

しかし、ストレスを感じるという私たちのもっている心身の機能が、私たちに「耐えられないほどの状態だからそこから抜け出しなさい」という警戒信号を送っているという面があることを忘れてはなりません。

ストレスを感じることがなければ、自分が限界を感じるほどの過酷な状態にあることに気づかずに、ダウンするまで働いてしまうことになるでしょう。

単純にストレスは悪者と決めつけることは、余計にストレスを増すことにもなりかねないのです。

そうではなく、私たちの内面にもっと注意を向けましょうという警告だと受け取って、その感情を見つめてみればストレスの解消だけではなく、思わぬ自己発見につながることが期待できるのではないでしょうか。

自分の楽しくない感情を見つめることは、誰しも気の乗らないことです。

ですが、それを嫌わずに付き合う人には、他の方法では解決のつかなかった問題を解消するという恩恵が待っているはずです。

見たくないと拒否し続ける限り、ストレスも他者への怒りも自己嫌悪も解消できないままです。

「イライラをなんとかしたい」と思うのなら、まずは自分の内面に目を向けて心の声を聞いてみることです。

メンタル


あなたのイライラはどんなことでしょうか?

イライラしているときには、人はせっかちになってしまうことが多くないですか。

たとえば、会社でまわりの人がのんびりダラダラ仕事をしているように見えるとか、家族の話し方がおそいと感じ、なんでもっと要件を絞って簡潔に話せないんだと感じる。
このような状態の自分を経験したことはありませんか?

さてこの場合、本当にまわりの人の動きが遅く鈍くなっているのでしょうか?

そこで自分の内面に目を向けてみましょう。

イライラしているあなたは、きっと仕事ややるべきことに追われて汲々としていたりするのではないでしょうか。

また、ただ何となく忙しいだけでなく、なにか気にかかっていることはないでしょうか。

たとえば、何か抱えている課題がうまく進んでいなくて、このままではどうなってしまうのだろうと心配なのかもしれません。

何とかしなくてはと焦るのですが、こうすればいいという解決がなかなか思い浮かびません。

決め手がないまま、でも何もしないでいるわけにはいかない、そんなもどかしさのあるあなたはその気持ちを他の人の動作に投影してしまうのです。

それが「私がこんなにやきもきしているのに、なんであなたはそんなに気楽にのんびりしていられるの!」というように相手の問題のようにあなたには映るわけです。

訳もわからずイライラしている状態も、こんなふうに自分の内面の問題に気づくことが出来れば、相手に対するイライラも急激に収まってくるはずです。

原因がハッキリすれば、あとは対策を考えるという建設的なことにエネルギーを向けられます。

たとえば出来ることとその限界を見極めて、今はここまでしか出来ないと判断がつけば、思い切って課題を縮小して可能な範囲に収める事が出来ないかを考えることも出来ます。

それ以外にも、焦りがなくなれば新しい解決策も見えて来る可能性は高くなります。
中には自分が問題視しなければいいだけだと気づくような場合もあるかもしれません。

問題にストレスを感じながら、自分ではそれを意識していない状態こそがストレスの悪影響の最たるものです。

いつまでも他者にイライラを向けていたとしたら、何も解決しないままストレスを抱え続けることになったでしょう。

ストレスやいやな感情というのは、あなたに警告を与えてくれているのだと考えてみましょう。

「もっと自分の内面に目を向けた方がいいよ」という警告なのです。

それに気づいて心の声に耳を傾けてみましょう。きっといいことがあるはずです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
プロセスに焦点を当てる
ストレスに強い人は...

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ^^

いつも有り難うございます。
なるほど、言い得ています。
ストレスというと、外的な要因を考えてしまい
どうしようもないと諦めがちですが
実は自分の内面が問題なんですね~!
これからは、自分の内面と話し合ってみる事にします^^b

Re: こんにちわ^^

> いつも有り難うございます。
> なるほど、言い得ています。
> ストレスというと、外的な要因を考えてしまい
> どうしようもないと諦めがちですが
> 実は自分の内面が問題なんですね~!
> これからは、自分の内面と話し合ってみる事にします^^b

わかっているようで忘れがちなことではないかと思いますね。

そもそも人間も前をよく見て歩いていないと物にぶつかるわけで、
外側に注意を向けるような本能的なものがあるでしょう。
そこでついつい内側に原因があることなど注意を向けないで
忘れてしまいがちなわけで。


sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
20位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX