« ホーム »

今を生きられない目標というもの

目標とは1つの欲望ですが、それは未来に向けて自分を規定します。

私はそこに達しないといけない。
私はそれにならないといけない。

成し遂げなければならない目標は、今という時から私たちを引き離します。

目の前の対象を相手にしているとき、私たちはリアルで現在と関わっています。

しかし目標を相手にし出すと、今の自分は影に隠れて自我の出番となるのです。

そして今と直接関わりを持つリアルな自分と、目標を達成させるための思考過程である自我は同時には表に出てこれないのです。

自我は過去の記憶を操作する思考の働きであり、現在は相手にできないのです。

かつて自分が関わった現在は、過去の記憶に姿を変えて自我が扱うものに変わります。

そして今と関わる自分とは別に、すでに起きてきたことをため込んで別の世界を作り上げます。
あるいは、その世界は過去の蓄積を元にしてそれを投影した未来も作り上げます。

過去と未来は自我の関わる領域であって、記憶を元に組み立てられた偽物の世界です。
それは、今現在と関わることが出来ないのです。

今と関わっている自分が一休みした隙に、自我は自分の世界を展開しようとします。
そして、現在と直接関わったときだけ自我は姿を隠します。

夢見る女性


自我が消えているとき、そこには過去も未来も存在しません。
ただ今見ているもの、いま感じている現実がそこにあるだけです。

目標を持ち込むとき、あなたは今を封印して自我の描く世界に入ってしまいます。

そこには、現在には存在しない過去の記憶が描き出す苦しさや楽しさが存在します。
またそれを未来に反映させた希望や絶望や憂鬱やらが存在します。

目標が思いださせるその大変さを思う負担や、未来に向けてのうまくいくかどうかという不安がそこにはあります。
あるいは、実現できた未来を想像しての期待やわくわく感があったり、過去の成果を振り返ってほくそ笑む自我の喜びが存在します。

このような感情がリアルだと思っている限り、自分が関わっているのは現在ではないのです。
現在感じる感情は、まさに刻々と変化するものであり、回想や予測は関知しません。

その意味では現在には自分がいないという言い方も出来るでしょう。

自分が何かをしたと考えているのは、自我がそう思っているだけです。
現在何かの行為を行ったとき自分は存在せず、行った後ですかさずそれを振り返って何かを行った自分を確認しているのです。

自分が行為への意志を使って何かを行ったのか、行為の後で自分のやったことを確認したのか、その区別は非常に入り組んでいて複雑なものでしょう。

目的地に向けて歩いているとき、どれだけ今の歩いている動作を意識しているでしょうか。
こころが目的地に飛んでいるとき、途中の景色も自分の動作も背景に押しやられてしまいます。

こうして目標を掲げて自我主体で生きるとき、今と切り離された世界で生きることになります。

過去と未来の連続として作られた世界に生きるとき、そこで起きてくる感情とは過去の残骸が生み出したもので支配されます。

虫眼鏡で観察

そこには今との接点がないのです。

本来今の意識の合間に使うものであった思考は、未来と過去のわずかな隙間の現在が全面に入り込むときしか姿を消さないので、現在との接触はどんどん失われ主客転倒してしまうのです。

そこでは現実と思っているものは、ほとんどが自我の思考で作られたものになってしまいます。

その思考が不安や恐れが支配するものであるとき、現実とは生きるのが辛い世界となるのも当然でしょう。

実存としての現在を取り戻さないと、自我の支配は終わりません。
予測可能な世界に生きようとしているかぎり、現在は気まぐれな現実であり、予測に生きる上ではそれは邪魔者にしか映りません。

予測を手放して今に生きるなら、過去の蓄積が生み出す恐れや不安は登場しません。
しかし予測を使うことで本来避けられない不安を解消できると思いたい誘惑が、そこに障壁となって存在します。

現実をそのまま受け入れるよりも、思考によってより安全な世界を作り上げたいのです。

経験がもたらす何とかなるという自信は、思考が介入して予測や目標に置き換えようとした途端に疑惑を持ち込んでしまいます。
考えずに行動を続けていれば何でもなかったことも、不安に満ちた未来に浸食され始めます。

それが極端になれば、完璧主義という行動不能に陥ることになります。

自我に決別するためには、現在と接触を常に絶やさないこと、そして予測しろという要求に負けないでただ行動するという明け渡しが必要なのです。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
苦痛から抜け出すために/向き合うこと


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX