« ホーム »

何ものかになろうとする幻想

私たちはいつも自分が目指す「だれか」のようになろうと駆り立てられているようです。

「別に目指している人や理想などありません」という人でも、気がつけば何かの目標に向けて、今日はどれだけ近づけただろうかと気にしているのではないでしょうか。

そこには、何ものかにならなければという強迫的な思いが潜んでいるように思われます。

理由を聞かれるともっともな答えが返ってきます。

たとえば、ひとかどの人にならなければ、自分の思うように生きていくために必要な力が得られないからというようにです。

力を持たなければ、この社会で生きていくのに苦労するし、競争から身を守ることが出来ない、だからそれなりの誰かにならないといけない。

それも「立派な人」になりたいのです。

そこにはどれだけ自分が力を持ち優れた人になれるかで、自分が社会から獲得できるものが決まってしまうという考えが隠れています。

そんなことは、ものごころついた子どもでも知っている当たり前のことであると誰もが思っています。

しかしそう思いながらも、このような信念は、はたして私たちに望んでいるような満足をもたらしてくれるでしょうか。

証券


だれもが何かを計画して部分的な達成を獲得すれば、その時は一瞬満足するのですが、気がつくといつの間にか次の目標に駆り立てられていて、自信などどこかに消えてしまうのです。

自分ではここまで到達すれば一息つけると信じているのですが、そのような時はいつまでもやってきません。

苦しい原因は自分の成果をまだ社会が評価してくれていないからと言い聞かせていても、本当の原因はこの「誰かにならなければいけない」という思い込み自体に隠れているのです。

それはまるで溺れて息をするために水面から顔を出そうともがいているかのようです。

この抜け出したいものとは何なのでしょうか。

表面的には「立派な人になる」ために努力しているという、もっともな理由に向けて努力しているのだと映ります。

しかし、実はその信念とは正反対なところにあなたを突き動かしているものが潜んでいます。

それは、もし目指している誰かになれなければ決して望んでいる安全は手に入らず、社会から取り残されてしまうという恐怖なのです。

そのようにハッキリと意識しないまま、しかし根強く心の奥に刻み込まれた思い込みによって、何としてもこれを避けなければならないと静かにしかし強く訴えてくるのです。

つまり私たちは、ゴールを目指してがむしゃらに進んでいるつもりでいますが、実は「誰」にもなれないで終わってしまう事への恐怖があるのです。

そこから逃げ出したいという必死のあがきであったわけです。

ゴールを目指しているのであれば解決はありますが、正体のわからないものから逃げているのではいつになっても解決はありません。

計画を立てて進んでいるつもりでも、いつもどこかくつろげないのは、恐怖から逃げることがその根底にあるからです。

調査をする若いビジネスマン


しかし本当の解決は他の所にあるはずです。

何事も原因を変えなければ解決しません。

いくら知性や強い心を発揮しても方向が間違っていては、解決にたどり着きません。
反対側にある恐怖の原因をつかんで、それに向き合うことこそが必要です。

それが何であれ、逃れようとしているもの、正体を隠していたものを突きとめる必要があるのです。

何ものかになるという信念は、だれか実現した人がいるでしょうか。

あとから振り返って見れば、何かを為し遂げたという人は沢山いますが、その人も実際になろうとしたものになって目標完結、すべて終了というわけではなかったでしょう。

他の人からは何かを為し遂げた人と映っていても、本人はそれが幸せだったかどうかはわかりません。

恐れが原動力となっておかげで何かを為し遂げるということも実際あるでしょうが、だからといって恐れを利用しなければならないわけではありません。

途中までうまくいっても、恐れの悪影響から脱落したり挫折してしまうことも少なくないはずです。
それに、恐れから何かを達成できたことが本人にとっていいことかどうかもわかりません。

どんな方法を使っても成功したいという目標を選ぶとすれば、それはその人の責任において選択するなら自由ですが、本当にそれがベストなことであるかはよく考えた方がいいでしょう。

はたして、成功とかいうものに満足や安定感はあるものでしょうか。
実は1つの成功がもたらすものは、恐れが原因にあるときにはそれを味わっている暇などなく、次の目標に向けて常に動いていなければ不安でしょうがないのです。

あなたの信念や行為も人間関係もどれも安定などもたらすものではありません。
ありもしないところに安定を求めているために、結局はかえって不安定な混乱を招いているのです。

話し合い1


期待している安定など幻想でしかないことを辛くても認めて、その空虚にみえるものが現実であることを認めれば、初めて幻想ではないものを見つけることが出来ます。

それは今までの幻想から見れば空虚で耐えられない世界に見えるかもしれません。

しかし今までのどこかで嘘を隠していると疑いながら、右にならえで無理に信じ込んできたものはこの際放棄してしまうことです。
そうしてこそ初めて、本当だと信じられるものを相手にしているのだという実感が持てるのです。

たとえば、あなたが誰かを嫌っているとします。

あなたは「誰であろうと嫌ってはいけない」という理想を掲げて努力するかもしれません。

しかし誰であろうと分けへだてしないような人格になるんだという願いも、それはいつまでも自己欺瞞のままで終わってしまう可能性があります。

人を嫌うことから自由になるためには、出来ないことをやっているフリをするのではなく、好き嫌いの区別を作り出しているものがなにかを突きとめることです。

嫌いな人を作り出す区別というものが、実は同時に好きな人をも選びだしているわけですが、そのもとになるものが何かを認識しなければなりません。

「好きな人だけ相手にするからほっといてくれ」といって、自分の中に抱えている問題を見ないでいるのでは、何度も同じ困難を招き続けるのです。

このように、何ものかになろうとしている自分に気がついたら、もとになっている動機が何であるかを確かめてみることです。

そのことで満足感がなく不安を感じているとすれば、恐れから逃れようという行動になっていないかを疑ってみることです。

何かに挑戦すれば失敗を恐れる気持ちは多少なりともあるものですが、それが必要以上に強いとすれば、早めに何が原因であるのかを探ってみることです。

いつまで経っても到達しないゴールは、いずれ限界に達して人を蝕んでしまいます。

カーナビ


最近はカーナビもどんどん性能が良くなってきて、正確に道案内をしてくれます。
しかしいくら素晴らしい性能や道案内があっても、ゴールを設定するのはあなた自身です。

素晴らしい道案内で目的地に着いたとしても、到着先が来てみたら期待したような場所ではなかったというのはあなたが責任をとるしかないのです。

道案内の見かけのすばらしさに気をとられていると、素晴らしい所に到着するに違いないと思い込んでしまいます。

しかし自分の目指している場所をひとまかせでいい加減に選んではいないか、実はこちらの方が重要な問題なのです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
自分探しをやめて自分の個性を取り戻そう
何を脅えているのでしょう/恐怖から自由になる
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは^^

他の人から見て何かを為し遂げた人に映っても、自分が納得できない事、ありますね~。
「周りの人から良く見えるのなら、まあ、いいかな。」と自分を納得させる事が多いような気がしますが。
目指す場所については、人まかせではなく、自分で選びたいと思いますね。

Re: Seiranさん

Seiranさん

相互リンクはBlogPeopleでよければどうぞ。

Re: こんにちは^^

> 他の人から見て何かを為し遂げた人に映っても、自分が納得できない事、ありますね~。
> 「周りの人から良く見えるのなら、まあ、いいかな。」と自分を納得させる事が多いような気がしますが。
> 目指す場所については、人まかせではなく、自分で選びたいと思いますね。

どこかで嘘っぽいと思いながら、右にならえで無理に信じ込んできたものはこの際放棄してしまうことだと思います。
そうしてこそ初めて、本当だと信じられるものを相手にしているのだという実感も出てくるわけです。

No title

お返事ありがとうございます。

BlogPeopleというサイトは、見てみましたが使い方がよくわかりませんでした(汗

また来ますね ^^

目標を設定するのはあくまでも自分なんですね
カーナビの説明がわかりやすかったです。

小さな目標ならともかく、大きな目標は人任せにできないなら・・・
じっくり自分と向き合わなきゃ解決しないですねぇ

Re: こちくんさん

> 目標を設定するのはあくまでも自分なんですね
> カーナビの説明がわかりやすかったです。
>
> 小さな目標ならともかく、大きな目標は人任せにできないなら・・・
> じっくり自分と向き合わなきゃ解決しないですねぇ
>
社会的な生活は、自分をしばる面もある代わりに、いちいち自分で考えなくても、
とりあえずしたがっておこう、というように面倒なことを自分で考えなくてもよくしてくれます。

自分と向き合うより社会に合わしておこうというのも、時と場合で使い分ければいいかと思いますが、
借り物ではそれなりの満足でしかないということもあるわけで、どちらを優先するかですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX