« ホーム »

自分探しをやめて自分の個性を取り戻そう

自分探しで外側を探し回るのをやめて、自分自身であることを信頼しましょう。

なぜ外側に自分を探そうとするのでしょうか。

幼い頃は絶大な影響を持つ親の意見を聞かされ、大人になってからも「これこそが正しいのです」とか「こうしないと痛い目に遭いますよ」とお節介にも自信ありげに主張する人達に事欠きません。

こんなことばかり聞かされていれば、密かに奥に控えている自分の信じていることなど大したことはないのかもしれないという気になってくるのです。

そして自分を信じた結果、失敗したことというような経験から、それではダメだと言っている外の声を信頼したほうが良さそうだと思わされてしまうのです。

自信の持てない自分の考えで行動するよりも、慎重に他の人の意見を探し求めていればリスクを冒さないで、少なくとも努力しているように自分を納得させられるわけです。

真実の口


しかしそこには自分の信じていることを表に出さないことの葛藤が隠れています。
それを勇気を出して実行しない自分にたいしての信頼を失ってしまいます。

片方で不信感を抱いていながら、他の人の言うことを自信を持って実行するのには無理があります。
無理やり信じないとダメだと言い聞かせても、本心から信用することが出来ないのです。

そんなことなら自分の信じていることを、無鉄砲でもいいから実行する方が余程スッキリするし、失敗しても自分の経験になるわけで、半信半疑の他人のいいなりになって失敗するより余程いいのですが。

医師と女性


このあたりで自分の個性を生かした生き方に変えてしまおうと決心が付いたら、次のような点をチェックしてみましょう。

◇自分の個性を取り戻すための10原則◇

・どこかで拾ってきたやり方は、効果がないと思ったらいつまでもこだわっていないで手を引きましょう。他に従っている人がいることは何の保証にもなりません。
あなたの本心から出たプランを堂々と採用してみましょう。

・自分が人生から望んでいることを他人に言わせていないでしょうか。いつまでも人の決めたルールに従うつもりなのか、自分の個性を取り戻そうとしているのかをハッキリさせましょう。

・社会の規範から外れるのではないかという恐れは、自分のやり方へのためらいから来ていないでしょうか。社会は個別の人ではありません。あなたの個性を発揮することが社会を作り出します。

・現在の自分がまだ役不足だからといって個性を発揮するのをためらう必要はありません。準備が整ったらやるというのは先延ばしの言い訳でしかありません。やってみなければ、何があなたの力を発揮出来るポイントであるかもわからないのですから。

・パートナーや親など身近な人の考え方とずれてくるからという理由で自分を引き戻すのは考えものです。裏切るような気になるのを恐れてはいけません。それを続けていれば、恐れからいつものうんざりするような安全地帯に戻ってしまうだけです。

・相手の方が優位な立場にあると思わされて不公平な関係を結んではなりません。あくまであなたの考えは相手と対等であるとして先に進みましょう。

・見せかけの権威に脅かされないことです。相手が脅しが必要な理由を考えれば、どちらが脅えているかはわかるはずです。あなたが自分の考えを持って、その人に依存しなくなることを相手は恐れているのです。

・自分の考えをハッキリ説明できない人の批判じみた言動は無視しましょう。議論して自分の行くべき方向がずれてしまうのには気をつけることです。

・あなたのやり方を最後に誰か裁く人間がいるなどと信じ込まないことです。「調子にのっていると○○に言いつけますよ」とか。

・自分の考えを人に説明できないといけないと思わないことです。人に説明出来ることばかりやっていては、回り道をしてもとの場所に帰ってくるだけです。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
ほんものの自己


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^)

一番最後のところ、「自分の考えを人に説明できないといけないと思わないことです」のところを読んでちょっと安心しました。
自分が思っていることや考えていることをうまく言葉にできない、ということありますね~。
行動を先にして、落ち着いたころに、ゆっくりと説明できることはあるのですが。
そんな自分がちょっと不思議だな、と思っていたのですが、これも個性なんですかね^^

Re: こんにちは(^^)

> 一番最後のところ、「自分の考えを人に説明できないといけないと思わないことです」のところを読んでちょっと安心しました。
> 自分が思っていることや考えていることをうまく言葉にできない、ということありますね~。
> 行動を先にして、落ち着いたころに、ゆっくりと説明できることはあるのですが。
> そんな自分がちょっと不思議だな、と思っていたのですが、これも個性なんですかね^^

人に説明出来るようにと考えるのは、社会に受け入れてもらえるかどうかが気になるからだと思いますが、
それにとらわれてしまうと当たり障りのない所で妥協してしまいます。
実は、一歩思い切って自分の考えを表現すれば、「それが聞きたかったんだよ!」と他の人が絶賛するということもあるものです。

また言葉で説明出来ることはごく一部でしかないわけで、「話し合えばわかる」というのが万能ではないのもそのせいですね。
言葉ですべて伝わるなら、誤解や諍いはゼロになるはずですが、そういうものではないのがそれを証明しているのでしょう。
逆に話したからわかってもらえたと思ってしまうのも、後で問題の元になったりするわけです。
ひとは自分の聞きたいことだけを聞くし、見たいと思うものだけが見えているのです。

No title

りい子さんと同じになってしまいますが。。。
人に説明できなくても良いんですね~
ちょっと気持ちが楽になった気がします。

自分で考えて実行した事って、自分の中に蓄積されていく気がします

Re: こちくんさん

> りい子さんと同じになってしまいますが。。。
> 人に説明できなくても良いんですね~
> ちょっと気持ちが楽になった気がします。
>
> 自分で考えて実行した事って、自分の中に蓄積されていく気がします

自分で考えて実行した事は、自分への自信につながりますよね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX