« ホーム »

日々新たに人と接してみる

「日々新たに人と接してみる」
このようなことを考えたことはないでしょうか。

マンネリ化した人間関係を新鮮な関係に戻してみたいとか、最近ギクシャクしている関係をリフレッシュしたいとか理由は様々ですが、同じことの繰り返しをどうにかしたいと考えるわけです。

しかし「日々新たに」というのは口で言うほど簡単ではありません。

まっさらな気持ちでやり直そうと思うとき、そこに立ちはだかるのは「今までの習慣」なのです。

カバ歯磨き


習慣とはどういうものでしょうか。

慣れることを習うと書きますが、同じことを繰り返していれば学習効果で慣れてきて効率よくものごとを処理できるようになります。

いってみれば余計な回り道をせずに最短距離で進める方法を身につけていくと言えるかもしれません。

毎回毎回新しく判断しなくても、過去の経験を生かして効率よく進められる様になるということですね。

また習慣になっていくときには、効率が良くなっていくことと共に、未知の体験から既知の体験へ変化していく点も重要です。

未知の経験は、何が起きるかわからないという恐怖や緊張を伴いますが、すでに知っている経験であれば精神的な余裕を持つことが出来るわけです。

ところが、新たな気持ちでやり直そうとするときには、この習慣のもつメリットであった効率の良さや既知の安心感をリセットしなければならないのです。

毎回新しく見直すなんて面倒だし、結果が予めわかっていることを繰り返す方が楽だから、そんなことはやりたくないという気持ちが起こってきます。

これが習慣化した関係をリフレッシュしようとする時の抵抗です。

これは習慣のもつデメリットと言えるかもしれません。

ところでせっかく習慣化して効率よくできるようになった学習効果ですから、それが生かせることについてはどんどん役立てればいいはずです。

たとえば、学校で勉強したこととか、スポーツの腕をみがくとか、仕事に習熟するとかです。

毎日決まってやらなければならない雑用もたいてい習慣化し効率化した方が便利ですね。

しかし同じような習慣化は、人と接する場合にも自然と適用されます。

一緒に暮らしている家族なら、次に誰が何をしそうだと予測するでしょう。
あのひとはこういう人だから、こう言ったこういう反応が返ってくるだろうと予測します。

それはさらに、比較することに発展してAさんよりBさんの方が?であるとか、私は人より?が得意だとか苦手だとか判断します。

比較は当然好き嫌いも作り出します。
好きな人や苦手な人を作り出します。

こうして段々と初対面から慣れるに従って、その人にレッテルを貼り付けて分類するようになります。

毎日会う人なら、話をする前にこういう反応をするだろうと予測したり決めつけたりするようになります。

このようなことが積み重なって、私たちはいちいちその時その場の相手を見ないで予測し決めつけた反応を相手に期待するようになってしまうのです。

自分が何かを問いかけたとき、相手が返事をする前に決まった反応を期待してしまうわけですから、相手のせいで自分が傷ついたと思っていることの多くは、自分の側の勝手な期待が裏切られただけということが起こってきます。

男の子悩む


このような自分の側の決めつけは、自分が喜ぶような反応だけではなく、自分を傷つけてしまう反応を期待する場合もあります。

わざわざ自分が傷つくことを期待するのは不合理なことに見えますが、まわりの人達は自分を傷つける存在であるという世界観を持っている人にはそれは理にかなったことなのです。

たとえば、相手のためになることだからと提案したことなのに、相手から余計なことをしないでくれという反応が返ってきて戸惑ってしまう経験はないでしょうか。

客観的にはその人の利益になることであっても、その人にとっては自分の脚本に合わないようなことは起こって欲しくないのです。

もちろんその結果はその人をよりみじめにしてしまうのですが、それがその人の思い描く世界観に沿っていることであってその方が落ち着くのです。

このように、私たちの人との接し方は、とても日々新たにとは言い難いのが実態になっています。

人間関係における習慣の功罪は、昨日と同じ関係を予想したいという思いから、たとえ不利益になってしまう関係でも維持しようとしてしまうのです。

ほとんどの人間関係のやっかいごとは、この悪癖とでもいうべき、手垢の付いた人の扱い方であり、この人はこのように反応するという思い込みなのです。

ですから、自分のまわりの澱んだ人間関係を新鮮なものに変えるためには、身についた習慣に逆らって、日々新たに人と接してみることが必要です。

わたしたちは、相手を見たり相手の言うことを聞いているつもりになっていますが、たいていは自分の記憶に頼って自分の想定した想像の相手と関わっているのです。

それを避けるには、その時その時にリスクを感じることを嫌がらずに、先入観や過去の予測をリセットして、いま目の前の相手を見なければなりません。

たしかにそれは面倒なものです。

習慣化した儀式に従って相手と関わる方が楽なのです。

どちらでもいいときは、それでもいいかもしれませんが、ここはちゃんと関わろうと思ったら初めて会う人のように相手に接することが必要です。

予測した関係で済ませようとしていると、なぜかその人に会うときになると忙しい用事を思い出して、まともに相手を見たり聞いたりしなくなります。
そのおかげで、いつも決まった反応が返ってきて余計な煩わしさを感じないようにしているわけです。

親子会話


問題を改善したいと思うなら、逆にゆっくりした動きになって、先入観をすてて相手と向き合ってみることが必要でしょう。

相手がこう言ってくるだろうと思っていたのでは、そのように聞き違えてしまいます。

予定した解決をすべて捨てて、相手が語ってくることをそのまま聞いてみることです。
聞いたことですぐに反応したくなる自分を抑えて、ただただ聞こえてくることに耳を傾けます。
この対話でどのような結果になるのかを予想せずに、なるようにまかせてみることです。

予測しなかった結果こそが、新しい関係性を生み出してくれます。

うわべの会話テクニックなど忘れて、ただ素直に聞いてみることが、作られた関係ではない本当のつながりを作り出してくれます。

毎日昨日と変わらない関係にうんざりしているのなら、それはあなたが予想した関係をあえて作り出しているからに違いありません。

半分はあなたが作り出しているわけですから、あなたの関わる半分だけでもフレッシュな関わりに変えてみたらどうでしょう。

それでも変わらないのなら、あとは相手の問題です。
あなたはそれを思い煩う必要はありません。

でもあなたの側が変われば、きっと相手の反応も変わってくるものです。

しかしそんなことよりももっと重大な秘密があります。

あなたが用意した人間関係を続けることを放棄すれば、そのことに重大な価値があると思っていたことが、実はどうでもいいことだったと気がつくということです。

あなたが相手から手に入れるしかないと思っていたものも、あなた自身が自分で充分手に入れることが出来るものだと気づくのです。

そしてそんなものよりも、その時その場でしか手に入らない正直な相手とのつながりこそが重要なものだったと気づくのです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
これは自分の感情?相手の感情?
人からの承認だけが大事なの?

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX