« ホーム »

罪悪感に取り組む

前回の「非難感情に取り組む」では相手のある感情でしたが、今回の罪悪感は自分自身を相手にした苦しいやりとりで、非難感情と同じようにやはり実りのないゲームです。

目の前の現実に対して寛大な見方ができないために攻撃が自分に向けられてしまいます。

柔軟な発想に切り替える余裕がなく、ひとつの思い込みだけを信じてしまう結果、自分をいじめてしまうことになるのです。

罪悪感とは自分自身に向けられた怒りの感情です。

自分はこうすべきなのにしていない、あるいはやるべきでなかったことをやってしまったということで自分に対して腹を立てているのです。

この感情も繰り返すたびに自分の中にため込まれていきます。

同じ失敗を繰り返してしまう自分に対して、イライラはどんどんひどくなり、わかっているのにできない自分が腹立たしいのです。

また同じ失敗をしてしまわないかと怖くなり、今度失敗したら自分で自分をひどく傷つけてしまうに違いないと思って不安になってきます。

自分の怒りでありながらどうにも出来ない自分をさらに責めてみたり、自分の無力感を強めてしまいます。

また、まわりの人への八つ当たりとして表す人もいるでしょう。

否定的な感情のサイクルは、自分を憎む感情に変わったり、心身共に自分を痛めつけるストレスのもとになってしまいます。

ためいき3


このように罪悪感は何もいい結果をもたらさないものなのに、なぜ人はこのような感情を繰り返して抱いてしまうのでしょうか。

それは、自分でその感情の働きに気づかないうちに、自分を非難する感情や反応のセットを心の中で蘇らせているからなのです。

自分で重苦しい感情に気づいた時には、何か理由があって自分の失敗を悔いているのだと無理やり納得させているかもしれません。

非難感情と同じように罪悪感もまったく不必要なものです。

そのような感情は、起源をたどれば小さい頃に「自分は?することを守るいい子です」と自分に刻み込んだ信念や期待感なのです。

大人になってからであれば、強迫的な「?でないといけない」という信念に縛られることはないでしょうが、まだ小さかった自分には親や教師などの指示することは受け入れるしかなかったわけです。

もちろん大人になってから、そんな考えはもはや必要ないと切り捨てたものもあるでしょう。

しかしその多くは、ぼんやりとした感情や身体反応がセットになった形であなたの心の中に潜んでいます。

ちょっとした禁止事項をあなたが破ってしまうと、あなたは意識しないうちに過去の状況を思い起こしその状態に入り込んでしまいます。

ためいき1


あるいは疲れていたりして気力がないときには、落ち込み気味の気分に誘発されて罪悪感に入り込むかもしれません。

意識してやっているわけではないので、気がついたときには何か後悔するようなことをやってしまったような気分になっているわけです。

油断していると、天候や部屋の明るさなどにまで影響されてしまいます。

「自分は?することを守るいい子です」という決まりから、?できなかったあなたは悪い人間で、罰せられるべきだというのが罪悪感を呼び起こす図式です。

もちろん悪いことをしたと感じる場合でも、そのやったことがあなたや他人を傷つけるような行為であったとしたら、何も感じないのではそれもまた困ったことになります。

しかしそのような反応は、現在起きた出来事に対する正常な反応であり、ここでいう罪悪感とは別のものです。

ところで罪悪感というのは、単純に決まりを破って悪いことをしてしまった後悔だけでなく、それを変形させた他のゲームをやっている可能性があります。

「自分は?することを守るいい子です」という決まりは、もし私が「?することを守らなかったら」罪悪感を感じるべきだというパターンを作るでしょう。

そして実際の罰ではなく、罪悪感を感じるという代償を払うことで、自分は決まりを守ろうという気はあるのだと言い訳できるのです。

真っ向から自分の中に染みついた遵守しなければならない決まりを破ることはしませんが、ときにやり損ねておいてから罪悪感を感じることで「まだ決まりを忘れてはいないぞ」と開き直ります。

こういう逃げ道を覚えてしまえば、決まりを守ろうとする正しい自分を維持しながらも、時としてそれが出来ないダメな自分を演じ、その後で罪悪感を使うというゲームを作り上げてしまいます。

いきなり自分自身を極端に罰してしまわないためには、罪悪感は必要悪のような存在にも成りますが、やはりそのようなやり方はあなたに本当の満足感をもたらしません。

指を指す主婦


それでは罪悪感を解決するために、2つの対策を取り上げてみましょう。

◆1つは、罪悪感をゲームに使うやり方をやめて、自分は時には決まりを守れないことがあることを認めることです。

非難感情のところで出てきた「そうでないこともある」という言葉をつけてみるテクニックを思い出して下さい。

非難感情の場合は、相手がいつも期待通りではないことを思い出すために使いましたが、同じように自分自身もいつもいつも正しいわけではないと認めるためにこれを使って見るのです。

私はいつもは?を守っていますが、時として「そうでないこともある」のを認めるのです。

そしていつもなら罪悪感に入り込んでいる習慣を阻止して、正直に失敗を認めることです。
ハッキリと失敗を認める方が、ズルズルと失敗を繰り返す習慣を打ち切ることが出来るのです。

◆もう一つは、自分が罪悪感からいやな気分に入り込んでいることに気づいたら、「いまここ」に意識を集中し直してみます。

いま現在進行している出来事にだけ意識を向けて、何となく感じるいやな気分は現在のものではないことを確認します。

もし何かの失敗をしたのなら、いまここで出来ることをすべてやってしまいましょう。
それが終わったら、もうそのことは完結したのだと宣言することです。

そして、いま目の前のことに意識を集中させます。
次に何をしようとしているか、目の前にある物をよく観察してみましょう。

ぼんやりとした罪悪感には耳を貸さないことです。
そうすれば、今と関係ない物は徐々に姿を消していきます。

いまここに関わっている自分だけが実在するのだとハッキリ意識するのです。

最初からスパッと切り捨てることは出来ないかもしれませんが、フリ戻されそうになったらすぐに「いまここ」へ意識を戻すようにして下さい。

その他以下の様なことも試して下さい。

◆必要ならば身体を動かす作業を始めるのもいいでしょう。
身体を動かしながらだと、いやな気分にいつまでも浸ってはいられなくなります。

◆しつこい罪悪感には、全面降伏してしまいましょう。
「私がすべて悪かったごめんなさい、罰が必要なら与えてください」と宣言すればいいのです。

「部分的には私は間違っていなかった」というような逃げ口上が今までの習慣に引き戻していたのだと認識することです。

◆あなたは「正しい」自分になりたいですか、何を犠牲にしてでも?
この問いかけは、あなたの本当に求めているのが何かを思い出させてくれるでしょう。

「正しさ」がなにをあなたにもたらしてくれますか?


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
本当に人を許すには
非難感情に取り組む

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

失敗して罪悪感に浸っていると、また失敗しちゃいますよね。
ドツボにはまっちゃう事が、ままあります。

「正しさ」が何をもたらしてくれるのか。
考えさせられちゃう問いですねぇ

Re: No title

> 失敗して罪悪感に浸っていると、また失敗しちゃいますよね。
> ドツボにはまっちゃう事が、ままあります。
>
> 「正しさ」が何をもたらしてくれるのか。
> 考えさせられちゃう問いですねぇ

罪悪感に浸りやすい人は習慣を切り替えた方がいいですね。

こんにちは

何を犠牲にしても「正しい」自分になりたいかどうかですか。
う~ん、それは、ないかもしれませんね~。
いつも自分が正しいわけではない、と思っているような気がします。
「まぁ、いいかー。」と自分を納得させたり、失敗には「私の間違いです。」と言いますね~。
以前よりスムーズに自分の間違えを認められるようになりましたね。

Re: こんにちは

> 何を犠牲にしても「正しい」自分になりたいかどうかですか。
> う~ん、それは、ないかもしれませんね~。
> いつも自分が正しいわけではない、と思っているような気がします。
> 「まぁ、いいかー。」と自分を納得させたり、失敗には「私の間違いです。」と言いますね~。
> 以前よりスムーズに自分の間違えを認められるようになりましたね。

素直に自分の失敗を認められるようになればいい循環が出来てきて
隠そうとする意識もなくなっていくでしょう。

ただ罪悪感というのは、無意識に重い気分を作り出してしまう場合があると
やっかいですね。


sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX