« ホーム »

他人から批判されたら

前回は自分が他人を批判する場合の心理でしたが、
逆に他人から批判された場合はどう対処するのがいいのでしょうか。

これは、方向が異なるだけでなく、前回とは全く別の話になります。

他人から批判されると、誰でもいやな感じをもちます。
しかし、いやだからと言って、単にごまかしたり、
避けたりするだけでは、自分の生き方に問題が生じることがあります。

・批判されることを恐れて、他人との接触を避け閉じこもってしまう。

このような対処では、批判を避ける為にそれ以外の関わりを持つことまでも
全てチャンスを放棄してしまうことになります。

・批判を受けそうなことに対しては、自分の意見を言わないことにする。

このとき見落としてはいけないのは、少なくともここには、
自分の主張したい意見が存在したという点です。

これを相手に伝えないでいると、相手と表面的にしか関わりをもつことが
出来ずに終わってしまいます。
また言いたかった自分というのを抑えたまま封印してしまうことになる。
これは、いずれ別の機会にゆがめられた形で現れる可能性があります。

自分の意見を言うこととは、必ずしも相手と議論するということを
意味しません。相手は自分の考えを率直に言ってくれたことで、
よりあなたを理解できる様になるかも知れない訳です。

・すこしでも批判らしきものが含まれると、感情的に反応する。

批判を受けた時というのは、だれでも感情的になりがちですが、
まずは、一息おいて冷静に相手が言っていることが正しいのかどうかを見極めることが必要です。

そして、客観的に見て相手の批判が的を射たものであれば、素直に認めて反省しなければなりません。

人付き合いの苦手な人の多くは、感受性が強く、繊細な心の持ち主です。
繊細であることが必要なことはたくさんありますし、それ自体は長所であるとも言えます。

しかし傷つきやすい人が特に注意したいのは、それを隠れ蓑にして
「自分の欠点を認めようとしない」という態度を取ってしまうことです。

他人から批判されたときに、腹を立てて感情的になってしまうのは
自分の劣等感と向き合うことへの怖れから来ているのかも知れません。

その劣等感が相手への攻撃性となって現れ、相手に腹を立てて、悪いのは
相手の方だと開き直ってしまう。

自分の過ちを素直に認めることは、だれでも難しいところがあります。
いままで、認めるのを避けてきた人にとっては、最初に自分の間違いを
認めることは非常につらいことになるかも知れません。

しかし自分の間違いを認めないと、心の奥では自分が間違っていること
知っていながら違うと言い張る、いわゆる自己欺瞞になってしまいます。

間違いを認めることは、勇気が必要だったり、恥ずかしいと思うかも知れませんが、
自己欺瞞を押し通そうとすることは、もっとつらくて、後々までいやな感情を引きずることになります。

また自分の方が正しいと意固地になることは、他人からの信頼を失います。

すねる


・すねたり、ひがんだりする。

自分は批判されたことで、傷ついた、被害者だと言う態度を取って元々の問題を分からなくしてしまうというという戦略。
戦略といいましたが、無意識にそういう態度になってしまう人もいることでしょう。
このようなやり方は、自分自身も自分がいやになってしまうし、他の人からすれば、まともに相手が出来ないので、距離を置いてしか接することが出来なくなってしまいます。

・相手の批判が正しくない場合

いままでは、相手の批判が妥当なものだった場合の対処ですが、相手の批判が正当でない場合は、どう対応すればいいのでしょう。

まずは、上記の場合と同じく、感情的に反応しないことです。
相手の批判に対して、自分も感情的に対処してしまっては、自分まで巻き込まれてしまいます。
また、いつまでもその批判を気にしてしまうのは、前回の「他人の中に見る自分のこころ」
で書いたことが当てはまってしまうでしょう。

自分の側で、その批判を問題にしないことが基本です。
また、中には相手にその批判が間違っていることを教えた方がいい、という場合であるかも知れません。
その場合は、相手が受け入れられると判断できる場合にだけ、話し合ってみましょう。
物事の解決にならない、批判したいが為の批判には、相手をしないのが賢明です。
ミイラ取りがミイラにならない様に気をつけましょう。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
19位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX