« ホーム »

クリアステージにとどまりますか?

TVゲームにはいろんな種類がありますが、その多くはステージをクリアしていくタイプですね。

やはり新しいステージをクリアしていくところに、そのおもしろさがあるものだと思います。

一方で以前にクリアしたステージはもう一度やっても、たいてい楽に攻略できるようになっていきます。

ゲームとはいえ初めて知らないステージに立つことは緊張が伴うものですし、何が起きるかわからないことは不安でもありますが、それがおもしろさでもあるわけです。

その意味ではクリアしたステージを何度も何度もやり直すことは、飽きてしまって退屈なものになってしまうでしょう。

ところが私たちは、人生のステージに対しては、新しい見知らぬステージに立つことを恐れて、何とか先にクリアするガイドを欲しがってしまいます。

また、一度クリアしたステージにとどまって、ぐずぐずと先延ばしをしてしまうかもしれません。

テレビゲーム


同じステージにとどまるとき、少しずつ人生はつまらない繰り返しに見えてきます。

クリアしたステージも、かつては未知の世界に飛び込んで夢中で隅々まで歩き回ったことを思い出さなくてはなりません。

そして、攻略法を求めずに新しいステージに挑まない限り、毎日のうんざりするような繰り返しからは脱出できません。

攻略法に頼ることは、記憶された過去のデータを現在に持ち込んで、いまここを既知の世界にしてしまおうという不安から逃れるための回避策です。

過去の経験が不要だと言っているのではないのですが、経験とは自然に生かされてくるものです。

それに対して過去のデータで現在にとどまることの不安を解消しようとすることは、まさにいまという瞬間に存在することを妨げるのです。

「これから何が起きるのだろう」という問いかけに対して、無理やり過去のデータで現在を書き換えようとせずに、この問いかけをそのままにこの瞬間にとどまっていること、そうすれば答えはいつのまにか必要なくなります。

用意された答えでいまをだいなしにしないように注意することです。

実はこのような用意された答えを使おうとする、条件付けられた心こそが問題を作り出しているのだと気づくことです。

いまここで新しく起きる事態には、条件付けられた心には、正しい答えなどだせないことを認めることです。

魔法のランプ2


答えが先にわからないことにイライラするでしょう。

実は私たちの悩みのほとんどは、このような未来への答えが見つからないということです。

しかし、これは出来ない相談です。

「未来」という言葉を使ってしまうために、わからない先のことを予測出来ると勘違いしてしまうのです。
実際には「未来」という言葉が表すような実在はないのです。

サイコロを転がして何の目が出るかわからないのと同じように、先に何が待っているのかはわかりません。

この単純明快な事実をねじ曲げてわかろうとするから、出来ないことをやろうとして挫折してしまうのです。

わからないことは知ろうとするのを諦めて、いまここの瞬間に集中するときに、このような未来への不安は存在しないのです。

「いまここ」にとどまるとき、ストレスも緊張もありません。

人生においても、新しいゲームステージに夢中で取り組んでいる、その状態を思い出してみるのです。

すでにクリアしたステージにとどまれたら安全だろうとあこがれても、すぐにそんな世界は求めているものでないことに気づきます。

「これから何が起きるのだろう」という問いかけに、現実が答をだしていくのにまかせて、ワクワクしながらいまにとどまるようにしましょう。

思い切って攻略法を持たないで生きてみることです。

攻略法に頼るとどういうことになるでしょう。

・自分の計画通りにいかないのではないかと、つねにいらいらし不安になります。
・つねに次のステージに向けて何らかの計画を練っていないといけません。
・だれかが自分の計画をじゃまするとすぐに腹を立てます。
・計画されたゴールのみが自分の人生であり、それ以外のものは価値のないものと見なすしかなくなります。
・もともと完璧に計画通りにはいきませんから、いつも現実とのずれに対して「望み通りのものを手に入れた」「これで満足なのだ」と自分を納得させようとします。

リラックス2


思い切って攻略法を捨てたときの、その身軽さを自分の生活に取り込みましょう。
筋書きのないステージを楽しむという新しい(忘れていた)やり方をとりいれましょう。


退屈しているなら、その原因を考えてみてほしい。
その原因はただひとつしかない。
ゼリンスキー

「”何か”が私をうんざりさせている。
その”何か”とは私のことだと思う。」
?ディラン・トマス?

『今日が楽しくなる魔法の言葉』
アーニー・J・ゼリンスキー / ダイヤモンド社 / 2003-09-20



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
恐怖心はどこから来るのか
大事なこと - 自分を説明しようと思わないこと

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は飽きっぽいのか、クリアステージにあまりとどまらないかもしれません。
「飽きっぽいね~」
ってよく言われるので、そのときはこの記事を紹介する事にします!(笑)

こんにちは^^

記事を読んで、飽きっぽい=好奇心旺盛で前に進んでいく人、という印象をうけました。
私は攻略本やガイドを持たないタイプだと思いますが、最近はもう少し計画を練ってもいいのかな、と思っています。
出たとこ勝負なところがあるので…。周りから驚かれることがあります。

Re: こちくんさん

> 私は飽きっぽいのか、クリアステージにあまりとどまらないかもしれません。
> 「飽きっぽいね~」
> ってよく言われるので、そのときはこの記事を紹介する事にします!(笑)

別に飽きっぽさを勧めているわけでは...(笑)

Re: こんにちは^^

> 記事を読んで、飽きっぽい=好奇心旺盛で前に進んでいく人、という印象をうけました。
> 私は攻略本やガイドを持たないタイプだと思いますが、最近はもう少し計画を練ってもいいのかな、と思っています。
> 出たとこ勝負なところがあるので…。周りから驚かれることがあります。

計画を立てられることと、それが出来ないこと(悩んでも仕方のないこと)を見分けて、
切り分けが出来るといいのかもしれませんね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX