« ホーム »

自信について考えてみよう

「自信」ということについての認識をもう一度見直してみましょう。

あなたは自信があることやりたいと思い、自信のないことからは逃げ出したいと思うでしょうか。
そして、この自信とはもともと生まれつきのもので、どうにもならないと思っているでしょうか。

「本来のあなたは、そのままで自信そのものである」という新しい見方を考えてみましょう。

草木が一粒の種から生長して花を咲かせたり、大きな木に成長したりするのをみれば、種の中に埋め込まれた青写真によって、何もしなくても本来の目的に沿って成長するものであることを想像できると思います。

道ばたで見かけた雑草も、根っこから水分を吸い上げることを坦々と続けます。
自信がないからやめようなどと考えるのは人間だけのようです。

わたしたちも、同様に自分の生来の本性を実現しようとするのに、人の思惑がないと何も出来ないはずはありません。

むしろ、人間の思考が、本来の成長を邪魔する働きをする場合が多いと考えた方がいいでしょう。

もちろん人間の思考は、別の観点から見れば成長を助けるものとして役に立っていると言えますが、生来の本性が自由に発揮されることを邪魔している場合も多いのです。

種と双葉自然樹木


自信がないという言葉もそのひとつです。

私たちがもともとの能力を世界に開花させようとするとき、邪魔するものは持っていなかったはずです。その為の動きには躊躇などないはずなのです。

たとえば、今日は自信がないから心臓の鼓動を休みますなどということは起きないのです。
働きは、確実に躊躇なく実行されるのです。

のどが渇けば、あなたは躊躇しないで水をごくごく飲むでしょう。
その自信など関係のない本来の働きを忘れないことです。

自信があるとかないとかではなく、本来働き自体は自信そのものなのです。
自分で「自信がない」と表現してその働きを制限しようとしなければいいだけなのです。

しかし、それでも「自信がない」と感じることがあるのも事実ですね。
それは何故なんでしょう。

A.自分から生来の働きを制限してしまう

こどもがお父さんと相撲を取るとします。

こどもは、本来のエネルギーを発揮して、全力で正面からぶつかっていきます。
しかし、お父さんがそれを横にかわしてしまえば、こどもは無残にも投げられてしまうでしょう。

お父さんは子どもに対して「そんなやり方では勝てないよ」といいます。
お父さんは正面からぶつかるだけではだめで、他のやり方も覚えようと言うつもりで言ったわけですが、こどもは全力を出したのに負けてしまうことから自分は相撲には向いていないんだと思ってしまいます。

まあこんな単純ではないでしょうが、やり方を覚えれば自分にも可能性があるんだということに思いが至らないとすれば、こどもは自分から諦めてしまう可能性があるのです。

お父さんの教え方が悪いからだと言われるかも知れませんが、人が生きていく中でいつでもベストな指導が受けられるわけではありません。
たまたま不運な結果を招くことがあるのは仕方のないことです。

いずれにしても、ちょっとした誤解から自分の本来の能力を自分自身で封じ込めてしまうことはあるわけです。

ですが、そのような誤解は、本来は自分にも力が備わっていることを思い起こせば解決できることです。
ベストの手順や準備が揃っていなかったから、やり直せない理由など何もないのです。

ボール遊び


B.他人との比較でやる気をなくす

これについては、多くを語らなくてもおわかりかと思います。

自分では自信を持っているつもりであっても、世の中にはもっと能力の高い人もいるものです。

自分の能力が比較によって大したことがないとわかったとき、どういう態度をとるかは人によって異なります。

ですが、それによって自分の自信をなくして、もうそれ以上やりたくないと思ってしまう可能性はいつも存在します。

しかし、この場合の自信喪失は比較によるものですから、本来の自分の可能性を否定することとは別の問題であることに注意しないといけません。

優秀な成果をあげる人だけが、それをやる資格があるわけではありません。
もちろん仕事として契約の下に働いている場合はそういうことはあるものですが。

以上のようにもともと自信とは、あるとかないという問題ではなくて、自分で働きを制限しているだけだということを常に思い起こす必要があります。

本来のあなた自身は自信そのものであったし、いまでも生来の自分を表現しようとするときにはそのまま自信そのものであるのです。

そして、他人との比較が原因で自信をなくしているのなら、それは本来の自信とは関係のないものと考えるべきです。

他人との比較が気になるようなら、次の2つの選択について思い起こしてみましょう。

◆自信があるか、ないかとは別に、人にはそれぞれ得手不得手というものがあります。

自分でやってもそれほどうまくないので、得意な人の力を借りてみようと思うのなら、積極的にそれを利用しましょう。

もちろん普段から私たちは、人が作ってくれたもの、メーカーが作ってくれたものを利用することで便利な生活を送っているわけです。

何でも自分が専門家にならなくても、必要なときにそのような人やサービスを利用することで自分だけでは出来ないようなことまで自分が手に入れることが出来るのです。

◆成果よりも自分でやることに意義があるときは自分の手ででやってみよう。

自分よりもうまくそれをやってのける人がいると知っていても、それを自分の手でやってみたいと思うこともあるでしょう。

そんなときは、自信がどうのこうの言っていないで迷わず自分でやってみることです。

あまりにも、世界は細分化されてしまっているので、自分ではなにもやらずに提供してくれる人を探すだけで用は足りるという考え方もあるでしょう。

あるいは、自分でやっても他の人のように見事な成果が期待できないからやりたくないと思っていないでしょうか。

しかしそれでも、自分の手でやってみるということを放棄するべきではありません。

うまくできるかどうかではなく、自分でやってみることに意義があると感じることは自分で積極的にトライしてみましょう。

ただ自分でやることに意味があるし、そうしないではいられないのが本来のありかたです。

また成果の善し悪しが誰がやるかを決めるものではないということを思い起こしましょう。


魔法のランプ


ドラえもんのポケット※のように何でも欲しいものが手に入るとなれば、あなたはいずれ生きる気力を無くしてしまうかもしれません。

最初は夢のようだと感じても、そのうちにあなたは自分で働きかけないことに耐えられなくなるでしょう。

そもそも外側のものに頼って自信がついたというのは、ごまかしでしかありません。
あなたの自分への信頼感が変化するわけではないからです。

同様にあなた自身の力を見直そうとしないやり方では、いつになっても自信を回復することは出来ないでしょう。

そんなことにならないよう、自然にあなたは自分から自分の手で働きかけることを求めるようになってきます。

それを邪魔するようなごまかしで繕おうとしなければ、自信を取り戻すというのが言葉の上でしかなく、本来の自分の力を使う選択をすればいいだけだとわかってくるでしょう。

いろいろ書いてきましたが、あなたの中には自信そのものである自分がいることを忘れないことです。

あなたが誤って「成らなくてはいけない」と思っているものに分裂してしまわなければ、自信をなくしてしまうような自分とも決別することが出来るでしょう。

言い換えれば、作られた自己イメージの中にいてどんなごまかしを繰り返しても、本物の自信を持つことはないということです。


※『ドラえもん百科』(方倉陽二著)においては、正式名称は「ロボット専用四次元空間内蔵秘密道具格納ポケット(四次元空間使用許可管理局承認番号D7E1293)」とされている。
四次元ポケット - Wikipedia




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
パワーゲームにとりこまれないこと
腹が立つと尻尾を振るチェシア猫 - 危機を味方に


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

子供とお父さんのお相撲の話、深いです。
私も子供に対して、知らず知らずのうちにこのような対応をしているかもしれないな~、と思ってしまいました。
親がそつなく物事をこなしてしまうと、子供も自信をなくしてしまいますよね~。以前、その事を感じ、反省したことがあります。
でもきっとこれは経験を積んでいくうちに自信になりますね^^
ドラえもんは「いたらいいのにな。」と願っているだけにします^^

Re: こんにちは!

> 子供とお父さんのお相撲の話、深いです。
> 私も子供に対して、知らず知らずのうちにこのような対応をしているかもしれないな~、と思ってしまいました。
> 親がそつなく物事をこなしてしまうと、子供も自信をなくしてしまいますよね~。以前、その事を感じ、反省したことがあります。
> でもきっとこれは経験を積んでいくうちに自信になりますね^^
> ドラえもんは「いたらいいのにな。」と願っているだけにします^^

たしかに大人はついつい効率を考えて、そつなくこなすことがありますね。
子どもは自分の出番だと思っていたとしたら、あっさりやられてしまって
がっかりしてしまいます。
しかし、一方でうまくやってのける親の姿を見て、自分も出来るようになろうと
考えることもあるでしょうから、あまり気にしすぎても仕方ないですね。

No title

私も相撲を読んだときに、難しいなぁと思いました。
あっさり負けても・・・だし。
難しいですねぇ

私は人から期待をかけられると、自信について考えちゃいます。
「こちくん、これくらいはいけるでしょ~」
とか言われると、自信がないですね

Re: こちくんさん

> 私も相撲を読んだときに、難しいなぁと思いました。
> あっさり負けても・・・だし。
> 難しいですねぇ
>
> 私は人から期待をかけられると、自信について考えちゃいます。
> 「こちくん、これくらいはいけるでしょ~」
> とか言われると、自信がないですね

「こちくん、これくらいはいけるでしょ~」は嫌らしいですね。
まずできる内容を相手が決めていること。
できて当然であるかのような期待を含ませていること。

「私はこのやり方でこれとこれをやります。それ以上はできません。」
とこちらから決めて宣言してしまえばいいかもしれませんね。

できそうな予想の8割くらいを言っておけば、2割は失敗してもOK。
たいていは予想以上の成果が期待できるのでその意味でもいい作戦です。




ごぶさたしています☆

自信というのを改めて考えさせられました。
私はダメになりそうなとき
声に出して自分で自分に自信のつく言葉や名言を
伝えます。
気持ちが弱いと辛いですが、
免疫をつけなくてはと思ってなるべく
やるようにしています☆


自信=努力
で、それが勝利や成功に
つながるのかなぁと思ったりしています。

ぶれず自信をつけれるようになりたいです☆

いつもわかりやすくて良いです♪

Re: ごぶさたしています☆

> 自信というのを改めて考えさせられました。
> 私はダメになりそうなとき
> 声に出して自分で自分に自信のつく言葉や名言を
> 伝えます。
> 気持ちが弱いと辛いですが、
> 免疫をつけなくてはと思ってなるべく
> やるようにしています☆
>
>
> 自信=努力
> で、それが勝利や成功に
> つながるのかなぁと思ったりしています。
>
> ぶれず自信をつけれるようになりたいです☆
>
> いつもわかりやすくて良いです♪

方法は何でもいいと思うんですね。
それで自分がいつもと質的に違う自分を取り戻せたら。

ただ「免疫をつける」という表現が、葛藤を別の葛藤に置き換えるような
ことにならなければといいがとちょっと気になりました。

自信をなくすまいとする自分の抵抗を、逆に放棄してしまえれば
いい方向に向かうのかなと考えています。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX