« ホーム »

やりたいことからやってみましょう - 使い方に正しいも間違いもありません

いまなにかと話題のiPadですが、TVCMを見ながらこんなことを訴えているように思いました。

それはタイトルにあるように、
やりたいことからやってみましょう - 使い方に正しいも間違いもありません
ということです。

この見方は、私たちが生きる上でも非常に示唆に富んでいるように思います。

iPadという製品は、ポータブルなPCのようなもので、さらに電子書籍の閲覧というような特徴的な使い方を想定したものです。

内部的にはパソコンと同様の操作を含むわけですから、その中に詰まっているものは非常に多岐にわたるわけで、下手な説明をすればいくらでも複雑になるわけです。

しかしそれをあっさりと「使いたいように使って見ましょう」と言い切ってしまうのです。

たった一枚の説明書、すべては見て触ったとおりのWYSIWYG(うぃじうぃぐ What You See Is What You Get. )に徹しています。

非常にうまい説明だと思います。
iPhoneのCMでは、「あれも出来ます、これも出来ます」という感じなのと対照的に、「あなたの使いたいように使いましょう」と訴えます。

選ぶ1


これと同様に、私たちもあれこれ考え込まずに、自分のやりたいことに絞ってそこに集中したいものだと思います。

あれもこれもと気を散らさずに、あなたのやってみたいことからやってみるのです。

今の自分にとっては必要のないガラクタは、きっぱり捨ててしまって自分の関心のあることにすべての力を集中させるのです。

ガラクタを捨てるのが難しいといっている人は、例えば個別にひとつずつ「これは捨てていいかどうか」を悩んでいないでしょうか。

何事も100%不要というものはないでしょうから、そのように個別に考えてしまうと当然手放さない方がいい理由も出てきてしまいます。

そうではなくて、カテゴリーに分けてみたらどうでしょうか。

自分の関心のあることを正直に振り返って、「いまやりたいこと」に大胆にしぼって考えましょう。

それによって、いまの自分には当面必要のないことがらは、まとめて不要というカテゴリーにまとめてしまうのです。

一旦不要なカテゴリーを決めたら、そこに含まれることは思い切って手放すことを断行します。


人間関係についても同様に考えて、あなたが本当に関係を保ちたいと思う人達に絞ってみるのがいいのではないかと思います。

自分は顔が広いなどといって、やたら関わりを広げても自分自身が何が望みなのかわかっていなければ意味がありません。

また限られた時間でそれだけの関わりを処理できるわけがありませんから、それは単なる自己満足にしかならないでしょう。

自分では正直なところ、つきあっていてもマイナスでしかないと思う関係は、躊躇しないで遠ざかるのが正解だといえます。

誰とでも仲良くしたいなどと、現実離れしたことは考えないように。

完全主義に陥ると、人間関係においても「誰にとってもいい人でありたい」と考えてしまうようになります。
ちょっとした拒絶までもが許せなくなり気にしてしまうのです。

完全主義では、実は今の状態が完璧であるほど崩れることへの恐れが強くなります。
しかし思い切って崩してしまえば、実は崩れてしまっている方が現実なんだいうことが見えてきますから、崩れることへの恐れも自然に消えていくのです。


積み木


上の方からちょっとつついてやれば、ブロックは自然に崩れていきます。
何なら自分でさっさと崩してしまいましょう。

「誰とも仲良くしなければならない」という考え方をしていると、あなたにとって重要でも何でもない人からイヤなことを言われても、同じように悩んでしまわないといけなくなります。

誰にとってもOKである人は存在しないし、別に相手があなたを嫌っているとも限りません。

多くの場合、ひどいことをいった人は、あなたが相手だからそう言ったわけではありません。

役割上いやなことでも割り切って言わないといけない場合もあります。
あるいは、相手が誰であろうと、イヤミを言わずにいられない人というのもいるものです。
単にタイミングが悪くて、きつい言い方をされるという、とばっちりだったのかもしれません。

もう一つ可能性があるのは、嫌がっているあなた自身の側の問題である場合です。
相手は「普通これくらいの言い方で人は傷つかない」と考えて、ついそういう言い方をしただけなのに、あなたの側ではそこが触れてはならない傷口だったという場合です。

この場合、他の文章でも書きましたように、自分がそのような弱みを抱えていることを素直に認めるところから出発して、はやく傷口を治してしまうことです。

そのままだと、何回も同じような場面を繰り返すことになります。
簡単だと言うつもりはありませんが、他の方法に逃げてもいいことはないでしょう。

話が少しそれてしまいましたが、人間関係もシンプルに自分の関心のあることに焦点を絞ってみることです。

そして、不要なカテゴリーに入ることには、時間を使わずにやりたいことに力を集中しましょう。

力を分散してしまった上に、さらにはいやな感情ばかり思い出して時間を使うなど2重に無駄なことです。

100%正しい選択などありません。
51%以上正しければそちらを選びましょう。


やりたいことからやってみましょう!
使い方に正しいも間違いもありません!




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
自分の内面にある基準を守ること
まわりに振り回されないために - 5つの問いかけ

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

ガラクタをカテゴリーごとに捨てる…これは、実際の家の中の物について、すぐにそうしようと思いました^^
これは人間関係に関しても同じなんですね~。
捨てるという事はなかなかできませんが、自分とはあわないな~、と感じる人とは自然と距離をとっているような気がします。
誰とでも仲良く、は疲れますよね。

Re: こんにちは!

> ガラクタをカテゴリーごとに捨てる…これは、実際の家の中の物について、すぐにそうしようと思いました^^
> これは人間関係に関しても同じなんですね~。
> 捨てるという事はなかなかできませんが、自分とはあわないな~、と感じる人とは自然と距離をとっているような気がします。
> 誰とでも仲良く、は疲れますよね。

たとえば1ヶ月に1度しかあわない人の言ったことが気になって、1ヶ月悩んで過ごすなど、冷静になってみれば無駄だとわかるのに、実際には目の前のことよりもとらわれてしまうことがあります。
何がその優先度というか緊迫感をもたらすのかは、人それぞれですがそこに自分の囚われが潜んでいると思えば、それを探求してみることは重要な意味があります。


No title

私は家電製品などの説明書は読みません。
(そんなのわかってます?笑)
ipad向いてるのかな~?

家のゴミは多すぎて捨てるのが大変です!
だいたい普通のゴミの収集に出せないものが溜まっていく感じです。
思い切ってやらないと、片付かないですよね~

Re: こちくんさん

> 私は家電製品などの説明書は読みません。
> (そんなのわかってます?笑)
> ipad向いてるのかな~?
>
> 家のゴミは多すぎて捨てるのが大変です!
> だいたい普通のゴミの収集に出せないものが溜まっていく感じです。
> 思い切ってやらないと、片付かないですよね~

マーフィーの法則というんでしょうか。
説明書がどこに行ったかわからなくなった頃に、電池交換が必要になって
設定が初期化されてしまうので設定が必要になる。
最近はメーカーのサイトにいくと説明書がオンラインで見られる所も
多くなっているようですが。

加島祥造さんの講演会

加島祥造さん、7/4に東京で講演されるみたいですね。
もう88歳を迎えられたので、お目にかかれる最後の機会
かもしれない・・と思いました。
↓講演情報
http://www.holistic-medicine.or.jp/event_tokyo_2.htm

Re: 加島祥造さんの講演会

> 加島祥造さん、7/4に東京で講演されるみたいですね。
> もう88歳を迎えられたので、お目にかかれる最後の機会
> かもしれない・・と思いました。
> ↓講演情報
> http://www.holistic-medicine.or.jp/event_tokyo_2.htm

ことさんお知らせいただいてありがとうございます。
帯津さんとのカップリングなんですね。
残念ながらいけそうにありませんが。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX