« ホーム »

過去とどう付き合うか

「『あたしO型だから、済んだことは気にすることができないの』って、言い方をすると面白いよな」
「何それ」美紗ちゃんが訊いた。神経衰弱ははじまったばかりで余裕があった。
「だから、アイデンティティなんてものは『私は何々だ。だから私には何々ができる』っていう肯定に働くものじゃなくて、『私は何々だ。そういう何々でしかない』っていう否定的な限定だっていう認識があると面白いっていうことだよ」

季節の記憶 (中公文庫) 保坂 和志 / 中央公論新社 / 1999-09 /



「あのとき、あんなことがなかったなら……こんなことにはならなかった」
過去を振り返っては、私たちはよくこのようなことをつぶやいているのではないでしょうか。

残念な過去というのは誰にでもあります。
中には「これさえなければ、俺の人生も変わっていたはずだ」と叫びたくなるようなものもあるかも知れません。

しかし過去を非難し、否定することで現在の不都合の理由付けをするというのは、現在をありのままに生きることを妨げます。

そこで、いいことでも悪いことでも「あのとき、あんなことがあったからこそ、今の自分があるのだから」と認識すれば、過去も肯定することが出来るという考え方があります。

たしかにもっともだと思える考え方ですが、私にはどこかこじつけめいた感じが残る気がするのです。

最初の言い方は、過去を否定することで何とか現在の自分を釈明しようとしています。

後の方の言い方だと、過去と現在の流れをいまに持ち込まなければなりません。
なんとか、いまだけで処理できないものでしょうか。

選ぶ1


ところで、冒頭に引用した文章は何なのかと、気にされている方もいらっしゃるでしょう。

少し視点を変えて、「私は何々だ」ということを考えてみましょう。

冒頭の文章は、血液型で人の性格を規定するということに関しての会話の一部です。

『あたしO型だから、何でも直感で判断するの』
『あたしO型だから、済んだことは気にすることができないの』

血液型はともかく、私たちはこのように自分のアイデンティティというものを、肯定表現と否定表現の集まりとして認識しているのかも知れません。

だから、なにかが話題になると「私は○○系だとか」「私は◇◇はだめ」とか分類したくなります。
そのように考えたくなるのは、自分を分別することで、何かのメリットを感じているからだと考えられます。

ここで話が少し変わりますが、私たちは何かを見て対象を認識するときに何を行っているのでしょうか。

たとえばリンゴを見たとき、私たちは大ざっぱに丸い形、赤い色、大体の大きさ、ヘタの部分の特徴などから、これはリンゴだと認識します。

細かいことまでチェックせずに、非常に大ざっぱなとらえ方をしています。
しかし実用的にはこれくらいのとらえ方が丁度いいのです。

リンゴをいくつか並べてみれば、今いったような共通点は見いだせても、一つ一つを比較すれば細かい部分で非常に多くの相違点があるわけです。

しかし、色の濃さや斑点の付き方や、微妙な形の違いを細かく見ることは、必要がなければ行いません。
先程いったように、実用的にはこれくらいのとらえ方が丁度いいのです。

また、いちいち細かい部分まで平等に見ていたのでは、それが何であるかを判定するのが困難になってしまうから、そのように特徴をつかんだとらえ方を身につけているとも言えます。

たとえば、実際にリンゴを見ていないで誰かが説明する特徴を聞いて、何であるかを当てようとしているならどうでしょう。

ポイントをつかんだ説明を受ければ、すぐにリンゴを思い浮かべますが、事細かに見える部分を順番に説明されたら苦労してしまうでしょう。

動物と果実

これから類推すれば、私たちが自分のアイデンティティをとらえる場合にも、白黒ハッキリしていた方が都合がいいことがあるのだろうと考えられます。

なにかの行動を起こそうとするときに、自分の方針があった方が動きやすいのかも知れません。

ものを分類することが役に立つと分かった私たちは、人を分類することも同様に始めます。

それは、同時に自分自身を分類することでもあります。

キャラクターのハッキリしない人物が登場する小説は、呼んでいても状況が分からず面白くありません。

キャラクターがつかめてくると私たちは安心します。

この人は、自分とこういう所が似ているみたいとか、あるいはこの人は鬼のような悪人だとか、イメージをつかめてくると理解できるのです。

そして自分の過去というのも、自分に役立てるためには分類しなければなりません。

自分が思い描いている過去というのは、先程のリンゴと同じように、自分の役に立つ情報で成り立っています。

けっして、過去の事実を忠実に思い浮かべるわけではありません。

わたしたちは、どんなときに過去を思い出すのでしょうか。

まず思い出そうとしなくても、急に思い出される反射的な気分や曖昧な情景といったもの、これは何ともコントロール出来ないもののようです。

何かの恐怖症であれば、即座に反応してしまうわけで簡単には制御できません。

しかし、それとは質の違った過去の思い出し方があります。

それは、私たちが過去を必要とする場合に思い出すということです。

目の前にあるクソいまいましい現実、いまの自分の責任じゃない、そう考えたくなるときも、私たちはその原因となった過去に登場願いたくなるのです。

「あのとき、あんなことがなかったなら」、いまの自分はいないのだから、いまの現実は違っているはずだから、だからいまの自分には責任はないと考えたいのです。

「起きたことは仕方がない」、「過去は変えられない」と納得しましょうと言い聞かせようとしてみても、本当に納得するのは簡単でないことは経験からお解りかと思います。

雨とカエル


ところで、一方で私たちは普段から、変えられないことでもあっさり受け入れることだってやっているのです。

たとえば、朝起きたら雨が降っていた。

一時的にいやな気分になる人もいるでしょうが、雨は自分に都合が悪いからあってはならない事だと、いつまでも主張し続ける人がいるでしょうか。

天候はどうにもならないからとあきらめる事は、それほど難しいことではないでしょう。

受け入れが難しいのは、いったいなにが違うのでしょうか?

A.出来事が受け入れられないほど、いやなこと悲惨なことだった。
あるいは、
B.もしかしたら、変えられると思うからいつまでも過去が気になる。

このような、系統の違う要因がありそうに思えます。

AとBでは随分事情が違います。

Aは変えようがないと諦めていても気になるのであるし、
Bはまだ変えられると思っていたり、やり残している感じがあるから気になるのです。

なんとか対処できる過去の出来事もあれば、手を出しようのない過去もあるのでしょう。

猫1


話があれこれ飛びましたが、この辺で新しい見方を考えましょう。

それは、ひたすら現在に取り組むということ、これは過去に何があったとしても出来ることです。

いまの問題はいまの時点で何とかしようと決めて、過去に戻ることをやめることならなんとか出来そうです。

いまが充実していれば、過去のせいにしたくなることもなくなってくるでしょう。
いまがうまくいかないから、つい習慣で過去を引き合いに出したくなる自分を見つけてみましょう。

次に、どんなメリットから出来事に善し悪しをつけようとしているのかを考えることは、「そのまま受け入れることもできる」という新しい見方をもたらしてくれるかも知れません。

ものごとは、それ自体が良いわけでも悪いわけでもありません。
自分にとっての関心ごとが、価値を決めているだけです。

価値を決めるかどうかは、難しい場合はあるにせよ自分でも何とかなることです。
「どうしてそうあって欲しいのだろう?」という問いかけをしてみましょう。

「少々都合が悪いことがあってもいいから、大ざっぱに何でも受け入れてしまおう」と宣言して、細かいことをチェックするのをやめてみれば、どれほどスッキリするでしょう。
是非一度試して見て下さい。

思っているほど、現実は悪いものではありません。

小さな後悔で時間を費やしているほど、人生は長くありません。

振り返らなければ、ただ過ぎていくことに、自分からわざわざ手を出さなければいいのです。

『災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 良寛』


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
受け入れるという道
過去は変えられるか
どうにもならない事実を認めること


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

りんごの話、面白いですね。
丸い、赤い、美味しそう~、程度に見ていました^^
これを細かく分析して、特徴づけるのが小説なんでしょうか。
だから小説は面白いのかな、とふと思いました。

日常生活では、細かくチェックしすぎない、小さな後悔で時間を費やさない、という気持ちでいきたいですね~。

Re: こんにちは!

> りんごの話、面白いですね。
> 丸い、赤い、美味しそう~、程度に見ていました^^
> これを細かく分析して、特徴づけるのが小説なんでしょうか。
> だから小説は面白いのかな、とふと思いました。
>
> 日常生活では、細かくチェックしすぎない、小さな後悔で時間を費やさない、という気持ちでいきたいですね~。

もしかしたら手に入ったかも知れないと思うと、それほど欲しくなかったものでも手に入れ損なったのが気になったりします。
このようなつまらないことで今の時間を無駄にしてしまうのです。

はじめまして!

う~ん、とてもいい文章です!
過去を肯定するっていうのは自分の中ではあまり意識していなかった視点です。
過去を受け入れる前向きな人生、できれば素晴らしいものになりますね!
小さな後悔、気にしていても時間はあっという間に過ぎてしまいますね。
とても参考になりました!

Re: はじめまして!

> う~ん、とてもいい文章です!
> 過去を肯定するっていうのは自分の中ではあまり意識していなかった視点です。
> 過去を受け入れる前向きな人生、できれば素晴らしいものになりますね!
> 小さな後悔、気にしていても時間はあっという間に過ぎてしまいますね。
> とても参考になりました!

人生応援団長さん
コメントありがとうございます。
参考になればさいわいです。

No title

私の場合は、過去の記憶が本当にうすいんです
「何かトラウマか脳に障害でもあるのかな~」
っていうくらい。
なので、今回の記事のような心配はあまりないんですけど・・・
別の意味で心配になっちゃいます。

そういえば、豚小屋のような部屋は片付けました!
豚は綺麗好きかもしれないけれど、においがイヤですよねぇ

Re: No title

> 私の場合は、過去の記憶が本当にうすいんです
> 「何かトラウマか脳に障害でもあるのかな~」
> っていうくらい。
> なので、今回の記事のような心配はあまりないんですけど・・・
> 別の意味で心配になっちゃいます。
>
> そういえば、豚小屋のような部屋は片付けました!
> 豚は綺麗好きかもしれないけれど、においがイヤですよねぇ

過去のことはやたらと気にする人と、無頓着な人に別れるのかも知れませんね。

自分の部屋は文献が散乱したままです。
ヘタに片づけると何がどこに行ったか分からなくなりそうで。


sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX