« ホーム »

こころのゆとりとは

毎日何時間もパソコンに向かって作業しています。

検索エンジンを利用すれば、目的の情報はおもしろいように手に入ります。
必要な情報のみを取り出して、さらに調べていくことも出来ます。
実に効率のいい世の中になったものです。

しかし、目的を追求することは、目的に合わないものを容赦なく切り捨てていくことです。
ときどき、そのようなやり方に、余裕のなさを感じて、関係ないことを調べて見たくなります。

少し前に、パソコンソフトの講習を行うための講座を受けたことがあります。
有名なソフトを使いこなすやり方を教えるのですが、やはりそこにはそのソフトの検定試験というものがあるわけです。

そのような講座を受講する人の中には、当然ながら検定試験を目指すという人が、多く含まれます。

検定試験は、そのソフトを使いこなすことが目的に作られていますが、そこでは最短の手順で、一番効率よく使えることが正解になります。

試験というものの宿命かも知れませんが、個性的なソフトの使い方など評価されず、ソフトの構造に忠実に従って、最も効率のいい模範的な手順を覚えないといけないのです。

「どうして、誰かの考えたメニュー階層に従って使わないといけないんだ!」
わたしは、こんな反発を感じてしまいました。
ソフトの開発をやっていた人間だからの偏見があるのかも知れませんが。

しかも、バージョンアップするたびに、気まぐれにメニューの構成が変わったりするのです。
そのたびに、お金を払って試験を受けて、お金を儲けるそのソフト会社に忠誠を誓わないといけない仕組みなのです。

最短の手順で効率よく目的を達成する、もちろんその意義は認めますが、なにか釈然としないものを感じてしまいます。

別にソフトなど、自分のやり方で使いこなせばいいだろうと思ってしまうのですが。

おそらく、ここで感じる反発とは、「自分のやり方」に価値がなく「模範解答」が正解というところや、目的へ最短距離が価値があるというところにあるのだと思います。

桜の花


徒然草にこんな話があります。

 こういういなか者が賀茂の祭を見るときはみっともないね、「行列がおくれている。くるまでは桟敷にいることはないぞ。」といって、奥の間で食べたり酒を飲みながら囲碁・双六の遊びにふけり、桟敷には見張りをおいて、「行列がきた。」ときくと、大さわぎで先をあらそって桟敷へ上がり、落ちそうになるまですだれを押しだして、おしあいへしあい、すべてを見落とすまいと見物し、「ああだ、こうだ。」と批評して、行列が終われば、「またつぎの行列がくるまでおくにいよう。」とひっこんでしまう。
 こういう連中は行列そのものだけを見ようとし、その前後の雰囲気をあじわおうとしない。

徒然草 第百三十七段より



兼好は、無粋な人間は、いなか者と見なしていたのは、おもしろいですね。

「目的だけをゲットしたい」、少なくとも兼好はこういう風情のなさを嫌ったわけですし、目的の合間にあるものに価値を見いだしていたようです。

「目標まで最短距離」を売り文句にしたがる社会ですが、そんな中に生きる私たちも、いなか者になってしまいたくないと思うのです。

そして、目的の合間に潜む大事なものをなくしてしまいたくないものです。


最後に口直しに、同じ段から引用してみましょう。

夢見る女性2


 すべてのことは、まっさかりよりも、始めと終わりがいいんだね。男女の恋も、その恋がうまくいくことだけがいいのではない。恋がうまくいかないつらさを味わい、長続きしなかった恋をなげいたり、長い秋をひとりさびしく過ごしたりさ、遠くはなれている恋人を恋しく思ったり、あるいは草がしげり荒れはてた家で、むかしあった恋人のことを思いだしたりね、そういうことのほうがしみじみといいんですよ。

徒然草 第百三十七段より



「引用」
徒然草・方丈記 (少年少女古典文学館) 嵐山 光三郎 三木 卓 講談社 / 1992-04-09




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
曖昧な気分と名付けられた感情
体験や記憶は起きたことそのものではない



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
17位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX