« ホーム »

逆鱗(ゲキリン)と解放の可能性

油断して相手の逆鱗に触れたことで、いっきに機嫌を損ねてしまったという経験は、誰しもおありでしょう。

いったん逆鱗に触れてしまうと、相手はそれまでとは一変して、そこから先には入らせないように、徹底してガードを固め、守るために反撃してくる事態になってしまいます。

逆鱗

「故事」
龍は、飼い慣らせば乗る事も出来る。
しかし、喉の下に、一尺の逆鱗があり、
これに触る者は、必ず、殺されてしまう。
同様に、君主にも、逆鱗というものがある。
主の逆鱗に触れなければ、遊説家は成功する。

「成語」
逆鱗とは、自我の根底にあるもの。
逆鱗までは、誰であろうと遡れるが、
逆鱗以上には、誰であろうと逆えない。
この前提が崩されると、自我が壊される。
誰でも、自我を守るため、必死に抵抗する。

哲学之道 - 故事成語 - 韓非子 第十四章より
http://www.nurs.or.jp/~academy/koji/kanpi14.htm



赤い龍


他人の逆鱗には触れない方がいいし、それを何とかするのは相手の問題です。

しかし、それが自分の逆鱗であれば、事情は違ってきます。

他人が触れるのとは違って、自分で探ってみるなら怖くはないのです。
なにが、自分の弱点になっているかを知ることは、大いに意義のあることです。

逆鱗は、それを非難されると自我を守りきれなくなるような、自我にとっては超えさせてはいけない砦です。

そこに踏み入ってしまうと、今の自分がすべて崩壊するのでは、と恐れてしまうわけです。

そのため、逆鱗は徐々にあなたの人格全体に影響を与えます。
その付近を避けて行動したり、思考したりするので、あなたの可能性を限定してしまうのです。

でもそれは、現在の自分が客観的に調べて見れば、どうってことのない場合が殆どです。

ただ、それは触れてはいけないもの、「パンドラの箱」だと思い込んで、封印して来ただけかも知れません。

他の人がさわるのでなく、あなた自身がそれを扱うなら、なんだこんなことだったのかと思うようなことが、その「おおもと」であったりするものです。

迷信を信じて怖がっていたのが、その始まりをたどってみれば、偶然や誰かの気まぐれに過ぎなかったというようなものです。

もし、その逆鱗をガードしなくていいとなれば、あなたには新しい選択ができるはずです。

こんなこと、自分には縁がないと思っていた世界が、そうか自分にも可能性があるんだと目の前に広がってきます。

いままで封印して来たジャンルにも、あなたは飛び込んでいけると信じられるようになります。

けが


けがをして傷が治らないうちに無茶をするのは感心しませんが、ある程度傷が癒えてきたなら、いつまでも腫れ物に触る様なことをしないで、自由に動くことが必要です。

リスクが低くなれば、自然と動き出すのが生きているということです。

いつまでも封印したままにしないで、自分の避けてきたことに向き合ってみましょう。

自分の逆鱗というのは、案外扱いやすいものです。
複雑に入り組んだコンプレックスではなく、シンプルな原因があなたを激昂させるとわかっているのですから、対象はハッキリしているわけです。

複雑な自分探しをするよりも、一気にあなたを変えてしまえる、効率のいいチャレンジではないでしょうか。

開けてみれば「パンドラの箱」ならぬ、黄金の宝石箱に変身するかもしれません。

しかしそれが出来るのは、他の誰でもなくあなた自身にしか出来ません。

逆鱗に触れると、泣きたい、怒りたい、腹が立つ、悲しい、悔しい、嬉しい、楽しい、いろんな感情が封印されているかも知れません。

私は、「いま、こう感じている」というのを知っていくことですね。

他の人にとって「いい人」ではなく、自分にとって「いい人」になれるように、素直に自分の感情が存在することを受け入れたら、触れてはいけない傷ではなく、だんだん治りかけた傷に変わっていくでしょう。

何年か先で振り返れば、あの頃はこんなことを気にして、人に見られてはいけない事だと隠していたんだなあ、そんな風に思い起こすのかも知れません。

それは、かつては「逆鱗」という恐ろしいものだったのに、仲良くなってしまえば、なくてはならない自分の一部分だったことに気づくのです。



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
素直な人はやわらかい
他人の中に見る自分のこころ
「怒り」の感情について


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!

逆鱗とうまく向き合うと笑いにかえる事ができそうですね~。
今、自分の「逆鱗」がいったい何なのか、考えてみましたが、すぐには思いつきませんでした。こんな時に「とろ~い!」なんて言われたら「イラッ」とするかもしれませんね^^
逆鱗ってほどでもないですね~。
でも心に留めておくと何かの時に役にたちそうですね。


No title

私の逆鱗?
イメージできないですねぇ
ムカっときても、すぐに忘れちゃいます。
一気に切れてしまうことって、ほとんどないですねぇ
でも、イライラが積もり積もっているような気もするけど・・・

No title

またまたおじゃまします^^
とっても勉強になるので、ついつい、お邪魔すると長居して
ブログカウンセリング?を受けているようで^^
ありがとうございます

ひとの姿はよくわかるのですが、自分の逆鱗などないかのように
錯覚して?ふたをして?過ごしてしまいます 苦笑~

まず、自分の逆鱗を認めて、自分の分裂をいやしたいです
まあるい感じが今の求めているかんじなのかなぁ

Re: こんにちは!

> 逆鱗とうまく向き合うと笑いにかえる事ができそうですね~。
> 今、自分の「逆鱗」がいったい何なのか、考えてみましたが、すぐには思いつきませんでした。こんな時に「とろ~い!」なんて言われたら「イラッ」とするかもしれませんね^^
> 逆鱗ってほどでもないですね~。
> でも心に留めておくと何かの時に役にたちそうですね。

普段は存在を押さえているので、思い出そうとして出てくるものでないかも知れません。
気がついたときに、自分のウイークポイントを発見した、と思ったらいいのでしょう。
でもちょっと気に障る感じがしたら、その付近に潜んでる可能性が高いですね。
その嫌な感じがどこから来るものか、無視しないで探ってみるといいと思います。

Re: こちくんさん

> 私の逆鱗?
> イメージできないですねぇ
> ムカっときても、すぐに忘れちゃいます。
> 一気に切れてしまうことって、ほとんどないですねぇ
> でも、イライラが積もり積もっているような気もするけど・・・

ムカッとしたとき、その嫌な感じを味わってみると、何がもとにあるのか
わかるかも知れません。
即座に否定する習慣がついているかも知れませんからね。

あとちょっと違いますが、期待はずれの出来事があったとき、自分がどう感じているかとか。

Re: ほのぼのさん

> またまたおじゃまします^^
> とっても勉強になるので、ついつい、お邪魔すると長居して
> ブログカウンセリング?を受けているようで^^
> ありがとうございます
>
> ひとの姿はよくわかるのですが、自分の逆鱗などないかのように
> 錯覚して?ふたをして?過ごしてしまいます 苦笑~
>
> まず、自分の逆鱗を認めて、自分の分裂をいやしたいです
> まあるい感じが今の求めているかんじなのかなぁ

即座に否定して封印する習慣になっていると、発見が難しいのかも知れません。
逆鱗とまで行かなくても、ちょっとイラッとした感じとかを見逃さずに、
そのまま嫌な感じを味わってみると、何か見えて来るかも知れません。

また、自分の期待と違う出来事が起きたとき、自分がどのようにそれに対処しているのか。
即座になんでもないと言い聞かせたりしていないだろうか、とか。
期待が外れてたことに、大げさに反応してみるとオヤオヤと思うかも知れません。

「まあるい感じ」を崩したくないと思ってしまうと、逆効果かも知れません。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX