« ホーム »

ひそかな反発

何かを嫌がっている自分に気づくことがありますか。

自分の内面からの、ひそかな反発に気づいてあげることは、思っている以上に重要なことです。

そんな大したことじゃないから、と軽く扱っているかもしれませんが、いつまでも反発をやめない自分に気づいたら、何を訴えているかをじっくり検討してみましょう。

軽い気持ちで、見過ごしてきたことが、積もり積もって大きな結果となって現れることもあります。

悩む主婦


それは、仕事の失敗であったり、身体的な病気であったり、あるいはやる気のなさや、自分を罰したくなるような罪悪感となって現れる場合もあります。

何度も内面から訴えかけてくるものは、そのまま無視し続けていても解決しません。

その力は、思っている以上に強力です。

その由来は、もしかするとこども時代の経験から来るものかもしれません。

こどもは自発的な行動を自由にとれる場合もありますが、親と接する中で、苦痛を避ける方法と、承認を得るための方法を見つけ出していくことになります。

親から与えられる笑顔や、自分をうれしがらせれてくれる反応は、自分が正しいことをしていることや、承認されていることを意味するのだと受け取ることができるでしょう。

また、親の冷たい反応や、怒った表情からは、間違ったことをしたという苦痛と、失跡という観念を受け取ることになります。

こどもが「?ねばならない」を学んでいくのは、このように、ほめられたり叱られたりすることを通じてであるわけです。

適応の3パターン



常識的に考えても、親からの影響というのは、大きいものだとわかっていると思います。

それは自分が依存するしかなかった時期に身に付けた、非常に根源的なものであるだけに、大人になって身につけた行動習慣よりもずっと根深いのです。

その頃に身に付けた信念や反応のパターンは、理屈でおかしいと思っただけでは、なかなか解放されません。

拡声器ビジネスマン


たとえば、あなたが販売関係の仕事に携わるとしましょう。

資本主義の社会では、商品を販売すると言うことは、他のメーカーとの競争に勝たなければなりません。
そのためには、自社の商品のメリットを強調し、一方でデメリットは見せないようにしなければなりません。
時には、他社の商品をおとしめる必要が出てくるかもしれないのです。

もしあなたが、両親から「嘘をつかない」ことを言われ続けて、それが自分の内面に染みついているとしたらどうでしょうか。

あなたは、販売にかかわることとはいえ、事実をゆがめてアピールすることに抵抗を感じます。

仕事だから、ある程度は仕方がないと言い聞かせている大人のあなたがいる一方で、それに弱々しく反発を続ける自分を発見することでしょう。

あまり目立たないので、簡単に無視してしまうかもしれませんが、そのひそかな反発は、しかし毎回あなたに「何か間違っている」と訴え続けます。

その仕事を続けながら、あなたはなにか、仕事に嫌気を感じ始めます。
何かわからないけれど、やる気が出なかったり、嫌な気分になったりします。
もがいても、もがいても解決しないような夢をみるかもしれません。

仕事というのは、多かれ少なかれ、嫌なことがあるのは仕方がないと言い聞かせるかもしれませんが、いっこうに、あなたのこころは晴れないままです。

子どもの頃の思い込みに過ぎないと、軽く見ない方がいいかもしれません。

それがどの程度重大な影響を及ぼすかは、ひとりひとり違いますから、あなた自身にしかわからないことです。

ひょっとしたら、あなたが販売関係の部門から、別の業務に移って対外的なアピールにかかわらなくなったら、一気に元気を取り戻すかもしれません。

おこる男の子2


ひそかな反発は、日頃から観察する習慣をつけておくといいでしょう。

嫌々何かをやっているとき、何が反発しているのかを探してみましょう。

また、そのときの自分の身体の反応を、よく感じておきましょう。
おそらく、ゆったりとしている感じとは違いますね。

呼吸のスピードや深さはどうでしょうか、イライラする感じはどのように現れてきますか?

そのときよく思い浮か言葉や思考は何でしょうか?
なにか特定の信念やフレーズがあるでしょうか?

それを正しいと思っていますか?間違ったことだと言っている自分はいますか?
守るべきこと、あるいは逆に捨て去りたいと思っていますか?

小さな反発であっても、疎遠にならずに仲良くしておきましょう。
それが、とんでもなく大きなメリットをもたらしてくれるかもしれないのだから。

「善とはなにか、あとあじのよいことだ。悪とはなにか、あとあじの悪いことだ。」
 ヘミングウェイ




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
これは自分の感情?相手の感情?
適応の3パターン




関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

自分の子供に「これが正しいのよ。」という事は言わないようにしていますね~。
あまりにも、「きちんとした正しさ」を親から教えられると他人を非難する子になってしまうかな~、と思ってしまいます。
ただ人としての基本的な正しさは身につけて欲しいと思っています。
たしかに社会に出てからのひそかな反発は大切ですね。
その反発がそれまでの悪い体質や効率の悪さ等を変えたりすることがありそうですよね~。
大きく飛躍するチャンスも持てそうです^^

Re: こんにちは

> 自分の子供に「これが正しいのよ。」という事は言わないようにしていますね~。
> あまりにも、「きちんとした正しさ」を親から教えられると他人を非難する子になってしまうかな~、と思ってしまいます。
> ただ人としての基本的な正しさは身につけて欲しいと思っています。
> たしかに社会に出てからのひそかな反発は大切ですね。
> その反発がそれまでの悪い体質や効率の悪さ等を変えたりすることがありそうですよね~。
> 大きく飛躍するチャンスも持てそうです^^

こどもの教育というのは、あまり細かいことを考えても仕方がないと思っています。
どうせ親だって自分のことでも、わかっていないことを抱えていますから、言葉と
やっていることは食い違っているものです。

ただ、いい加減には出来ないのは、問題に対処する姿勢とか態度だと思います。
これにはその人が現れますし、こどもも無意識に取り込んでいくものだと思います。
言葉で伝えることは表面的なものが多いですが、姿勢というのは本質が伝わりますからね。

今日のテーマとは、ちょっと違いますが、ふとそんなことを思いました。

No title

子どもとの接し方は気をつけなきゃいけないですね。
「善とはなにか、あとあじのよいことだ。悪とはなにか、あとあじの悪いことだ。」
 ヘミングウェイ
も、小さい頃の親との関係でかなりの部分が規定されていそうです。

顔と態度に出やすいわたし。
気をつけなきゃ!

Re: こちくんさん

> 子どもとの接し方は気をつけなきゃいけないですね。
> 「善とはなにか、あとあじのよいことだ。悪とはなにか、あとあじの悪いことだ。」
>  ヘミングウェイ
> も、小さい頃の親との関係でかなりの部分が規定されていそうです。
>
> 顔と態度に出やすいわたし。
> 気をつけなきゃ!

まあ顔に出さないというのは、やろうと思ってもなかなか出来ませんからね。
せめて、あとあじの悪いことはしないようにしたいですね。

親が取り繕うとしていると、こどもはそのままを取り込んでしまいますから。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX