« ホーム »

適応の3パターン

こどものころの適応パターンというのは、大人になってからも気づかずに使っていることが多いものです。

こどもは自発的な行動を自由にとれる場合もありますが、親と接する中で、苦痛を避ける方法と、承認を得るための方法を見つけ出していくことになります。

親から与えられる笑顔や、自分をうれしがらしてくれる反応は、自分が正しいことをしていることや、承認されていることを意味するのだと受け取ることができるでしょう。

また、親の冷たい反応や、怒った表情からは、間違ったことをしたという苦痛と、失跡という観念を受け取ることになります。

こどもが「?ねばならない」を学んでいくのは、このように、ほめられたり叱られたりすることを通じてであるわけです。

そして、このような自分を適応させる必要を感じたときの反応の仕方に、3つのパターンがあるという考え方を、交流分析を参考に書いてみようと思います。

こどもたちは、うまく合理的に適応した場合には、ものや感情を分け合う、順番を待つ、礼儀正しくするなどの社交性を身につけることに成功します。

またそれが、同時に自分の要求を満たすための方法にもなることを学ぶわけです。

ガッツポーズ男の子

しかし、必要以上に禁止的であったり、混乱してしまうメッセージを受け取れば、自分の衝動は抑えてしまわざるを得ないと感じてしまいます。
そして、いろいろな親からのメッセージは、必ずしもうまくいく適応方法に導いてくれるとはかぎりません。

適応の3つのパターンとは、以下のようなものです。

・服従する。
・自分の殻にとじこもる。
・ぐずぐずと引き延ばし工作をする。


・服従する
聞き返すこともせずに、黙って服従することは、その方が簡単でもあるし、自分の考えを主張して喧嘩になるよりは、ずっと平和にことを終わらせることが出来ると発見するわけです。

しかし、これは必ずしも快く承諾して、したがっているわけではない場合が多いので、これにともなってすねることを覚えたり、したがった後で他人を責めているという場合も多いわけです。

いったんは服従しながらも、あとあと不機嫌になり、すね続けるというパターンです。

・自分の殻にとじこもる。
恐怖心などから、自閉的になってしまうこどももいます。
どう考えても自分の周りの世界は、自分の手には負えないと感じたこどもは、引きこもることでしか適応できないと判断してしまうわけです。

病気になることで、ほかの人達から離れていようとしたり、自分の部屋に閉じこもって自分の中の空想の世界に逃避しようとするかも知れません。

物語やアニメのヒーローを空想して、いつか助けに来てくれると考えたり、自分がいつかそうなることを願っているかもしれません。

先日の「すきなものノート」の女の子(日本テレビ ドラマ「Mother」)は、
「きらいなもののことを考えちゃだめなの。すきなもののことをずっとずっと考えるの。」
といいます。

また、現実の母親の虐待の仕打ちを他人には何もないように隠しながら、すきなものノートには、
「石けんのコマーシャルのおかあさん。」
と書いてあります。

Mother(日テレサイト)

・ぐずぐずと引き延ばし工作をする。
あえてやらないでいることで、何とか切り抜けられた体験を持つこどもは、「引き延ばし」を行うことが適応のパターンとなります。

「ちょっと待ってね」と調子よく答えることは、面と向かって反抗しているわけではないし、すぐにやらないことへのいいわけで、時間稼ぎが出来るわけです。
うまくいけば、親は言ったことを忘れてしまうか、自分でやってしまうかもしれません。

「このテレビが終わったらやるよ。」と答えた後、次に見に行くと、「もう一つだけ」「次のCMまで」といったように、のらりくらりとかわそうとします。

先延ばしを使いたくなる状況には、次のような理由が有るかも知れません。
・親からの命令が沢山ありすぎる。
・さっさとやってしまうと、次の用事を言い渡される。
・あまり完璧にやってのけると、友達や兄弟から嫉妬されるかもしれない。
・いくらやっても、親が満足してくれない。
・いつまでもぐずぐずやっていれば、誰かがしびれを切らしてやってくれるかもしれない。

父親と娘1     父親と娘2

大人になってからも、このような適応パターンは繰り返されます。

大人になれば、もっと言葉は流ちょうになり、洗練され、また政治的な言い回しにもなるので、一見どのパターンなのかわからないかも知れません。

しかし、最終的にどこに行き着こうとしているかを見てみれば、結局どれかのパターンを用いていることがわかるでしょう。

こどものころには、
・自分はすぐに同意して従っていただろうか?
・自分の中に引きこもってしまっただろうか?
・引き延ばし工作を使うことがよくあっただろうか?
・自分がどのパターンを使うことが多かったかを思いだしてみる。
・大人になった今でも使っていると感じるものはあるだろうか?

それを使うことが、どのような感情や行動と結びついていたかは、人によって異なります。

・それは自分の役に立っているか?
・それを使うと自分が混乱してしまうと感じるか?
・それを使うと自分の能力を抑圧してしまうように感じるか?
・それを使うことは、自分や他人に破壊的に働くだろうか?

自分のよく使うパターンが発見されたら、その反対の行動を取るとどう感じるかを想像してみます。

・もし他の人の意見にすぐに同意するようなら、それを断ったとしたら何が起こるだろうか?
・もし自分から他の人を避けていることが多いようなら、自分から出て行って、みんなの中に入ってみたらどう感じるだろうか?
・もし引き延ばしをよく使うとわかったら、それをやめて、さっさと決心して行動することを何度か試して見たら、どうなるだろうか?

そして、自分の中に適応するパターンを見つけたとき、多くの場合、そのペアとなる親の側の感じ方、行動の仕方も取り入れていると言われます。

親の行動を嫌って、決して自分はそうはならないと決心しながら、気がつくと親と同じ態度を、こどもや他人にとっている自分に気づくこともあるのではないでしょうか。

これは自分の内部でも、この親子ペアがやりとりを繰り返していることも意味しています。

客観的に見て、問題を多く生み出すようなパターンが自分の中にあると感じたら、それはパターンをやめる大きなきっかけにも出来るでしょう。

また他の人の中にそれを見いだすことが(おそらくこちらの方が易しい)、自分への発見につながるかもしれません。

意見を交わすビジネスマン

あまり簡単に承諾する相手には、安心せずに、よく確認した方がいいかもしれません。
引き延ばしを無意識に使う人には、「なんで最初からできないと言ってくれないんだ」と思わされるかも知れません。

しかし、多くの場合、これらは大人対大人のやりとりになっていないためであって、相手はわざとそうしているとは限らないとのです。

参考:
「自己実現への道―交流分析(TA)の理論と応用」
ミュリエル・ジェイムズ / D.ジョングウォード / 社会思想社 / 1976-01



気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
すきなものノート
気分というやっかいなもの




関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

私は引き伸ばしが多い気がします。
やり始めるまでにどうしても時間がかかってしまいますねぇ

娘を見ていると、伝播している気がする・・・
対応に気をつけなきゃですね~

No title

paoさん、こんにちは^^


服従も殻にこもるも、引き伸ばし工作も
覚えましたね~^^;


特に一生懸命努力するフリを
しながらの引き伸ばし工作とか
よくやりました。

時には組み合わせたり・・・(汗)


子どもの頃の3つのパターン意外を
しようとすると、落ち着かないというか
上手くいかない感覚がしたり、なかなか
自分の身につけた癖は手強いです。


その交流分析の本もとても参考に
なりそうですね^^b


また遊びに来たいと思います。
では失礼しました^^

Re: こちくんさん

> 私は引き伸ばしが多い気がします。
> やり始めるまでにどうしても時間がかかってしまいますねぇ
>
> 娘を見ていると、伝播している気がする・・・
> 対応に気をつけなきゃですね~

期限をあらかじめハッキリ決めて、それを過ぎたら親は手を引く、
なんて方法もあるかも知れませんが、相手の性格によりますから
何とも言えませんね。

引き伸ばしは、一番誰でもやりそうな方法ですが、そういう政治を
やられると困りものですね(`へ´)

こんにちは

子供って親の表情をよく見ていますよね。
私が笑っていると本当に嬉しそうだし、無表情でいると具合が悪いのかと心配されてしまいます。
「ただ無表情でいるだけ~」と言いますが(^^)
先延ばしにする理由もそうですが、子供って色んなことを考えていますよね。

Re: 俊太さん

> paoさん、こんにちは^^
>
>
> 服従も殻にこもるも、引き伸ばし工作も
> 覚えましたね~^^;
>
>
> 特に一生懸命努力するフリを
> しながらの引き伸ばし工作とか
> よくやりました。
>
> 時には組み合わせたり・・・(汗)
>
>
> 子どもの頃の3つのパターン意外を
> しようとすると、落ち着かないというか
> 上手くいかない感覚がしたり、なかなか
> 自分の身につけた癖は手強いです。
>
>
> その交流分析の本もとても参考に
> なりそうですね^^b
>
>
> また遊びに来たいと思います。
> では失礼しました^^

「自己実現への道」は交流分析の翻訳ものでは、一番最初の方ですね。

交流分析は、深沢道子さんから101講座を受けましたが、
もう数十年も前の話になってしまいました。
最新の情報はやはりTA協会のジャーナルになるでしょうね。

Re: こんにちは

> 子供って親の表情をよく見ていますよね。
> 私が笑っていると本当に嬉しそうだし、無表情でいると具合が悪いのかと心配されてしまいます。
> 「ただ無表情でいるだけ~」と言いますが(^^)
> 先延ばしにする理由もそうですが、子供って色んなことを考えていますよね。

どこで真似されたのかわからないようなことを、こどもがしているのを見て
どきっとすることがありますね(笑)。

やはり、親というのはこどもにとって、生きていく上での道しるべになるわけですから、
無視されたり、無関心でいられるのは一番厳しいものです。
極端に言えば、虐待に近いことでも、見捨てられるよりはそちらを選ぶといったことにもなるわけです。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
22位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX