« ホーム »

ガラクタを捨てよう!

コンピュータの世界も、ネットの進化が進むにつれてどんどん様変わりしていきます。

フロッピーディスクなど、もはや見かけなくなったと思っていたら、「クラウド」コンピューティングの時代になれば、CDやDVDも最低限のもの以外は不要になっていくでしょう。

古いソフトのCDロムなど、使い道のないガラクタになり、ベランダの鳥よけに吊すしか使えなくなってきます。

CD.jpg


マイナーな存在であったスマートフォンも、iPhoneなどの台頭で市民権を得るようになってきました。

携帯であっても携帯電話ではありませんと、コウモリのようなかわいそうな存在でしたが、これからはハンディ端末のひとつとしてメジャーな存在になるでしょう。

携帯電話    パソコンイメージ


そしてハンディな端末があれば、ソフトを自分で持つ必要がなくなれば、いまの大げさな箱物パソコンも不要な時代になってくるでしょう。

その時代の流行に依存したものは、古くなればガラクタとなって捨てるしかありません。

古いガラクタにしがみついていることは、新しいものが入ってくる余地を作れませんから、有害でしかないでしょう。

しかし流行するものだけが価値があるということでは、もちろんありません。

古くても生き残っていくものは、流行には依存しないという性質を持ったものです。

あいまいで頼りなく見えるために、大声で、論理を振りかざしてこられると、主張しにくい自分の内面の心の訴えというものがあります。

時代が変わっても、こころを拠り所にするということは変わりません。

こころの中にも、捨てるべきガラクタはたくさん抱えているでしょう。

ただ、目に見える物と違って、それらは同じことを別の面から見ていることで成り立っているようなところがありますから、これは捨てる、これは残すというようなハッキリした区分が付けられません。

こころのガラクタを捨てるには、根こそぎ抜き取ってしまうのではなく、存在を発見して認めることから始めないと行けません。

たとえば、今の仕事がなんとなく嫌いだけれど、無理に「そんなことを考えてはいけない」とか、「自分はこの仕事が好きなんだ」と思い込もうとしていては、問題はどんどんこじれてくるでしょう。

このような考えが、こころのガラクタであると言えるでしょう。

鎖から解放

まずは、その仕事が、嫌いなら嫌いとハッキリ認めることから出発する必要があります。

それがアタリであれば、「嫌いだ!」と宣言したことで、こころがスッキリするから正解だったとわかるはずです。

そのうえで、嫌いな仕事だから、きっぱりやめてしまうのか、あるいは、嫌いだけど、せめてなんとかおもしろく取り組む方法はないか、と考えるという余裕が生まれてきます。

これは、「仕事」を「ひと」に置き換えても、同じことが言えるでしょう。

物とは違って、こころのガラクタはそっくり捨てるわけにはいかないのです。

存在を認めることと、視点を変えて見てみることが必要なのです。

みなさん視点を変えることには熱心なのかもしれません。

しかし、自分の中に存在すると認めるのに抵抗している部分があると、いくら視点を変えても解決しないのです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
今の自分に満足することからはじめよう
あなたが見たくないところに答えがある


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。

 治す、壊す、捨てる、ではなく、どう付き合うか。
 最終的には、自分とどう付き合っていくかだって、カウンセラーをしている友人に言われたことがあります。
 そのためにまず、自分を知るべきで、そのためのカウンセラーだと言ってたなぁ。

 我が家にも、思い出いっぱいで捨てられない、ベータのビデオテープや、カセットテープがダンボール箱に収まって押し入れを占拠しております。(笑)
 CDも買うけど、一度PCに落としたらもう二度と開かないしなぁ。
 デジタル化してどんどん不要なものが出てきますが、どうせなら着るものもお化粧も、みんなデジタル配信してくれれば便利なのに。(無理か。笑)

Re: 酒井しのぶさん

>  こんにちは。
>
>  治す、壊す、捨てる、ではなく、どう付き合うか。
>  最終的には、自分とどう付き合っていくかだって、カウンセラーをしている友人に言われたことがあります。
>  そのためにまず、自分を知るべきで、そのためのカウンセラーだと言ってたなぁ。
>
>  我が家にも、思い出いっぱいで捨てられない、ベータのビデオテープや、カセットテープがダンボール箱に収まって押し入れを占拠しております。(笑)
>  CDも買うけど、一度PCに落としたらもう二度と開かないしなぁ。
>  デジタル化してどんどん不要なものが出てきますが、どうせなら着るものもお化粧も、みんなデジタル配信してくれれば便利なのに。(無理か。笑)

でもミステリーはやっぱり、ポケットにねじ込める新書版とか文庫本が似合ってますね。
iPadでミステリーを読んでも雰囲気が出ない気がする。
映画化してもあまり成功したものはなくて、別物のような気がするし、文字の情報だけで自分で想像をふくらませるところがいいですね。

営業から内勤に変わったときを思い出しますね~

「もう営業なんか知らないよ~」
って、すべて捨て去って内勤に励んでました(笑)

また異動したいなーって思っても、ポストが無いです(泣)

Re: こちくんさん

> 営業から内勤に変わったときを思い出しますね~
>
> 「もう営業なんか知らないよ~」
> って、すべて捨て去って内勤に励んでました(笑)
>
> また異動したいなーって思っても、ポストが無いです(泣)

営業から内勤ですか、どこか内勤を求めていたような気持ちと、
どこか自由を失ったような気持ちが、交錯するような気がします。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX