« ホーム »

あなたのやる気スタイル

あなたがやる気を出すきっかけになるのは、どんなことでしょう。

これが今回の主題ですが、それに入る前に少し考えておきたいことがあります。

まずやる気を出すといっても、大きくいって2つの場合があるように思います。

ひとつは、外側に基準があって、それに向けて自分を奮い立たせ、自己鍛錬によって自分を強制していくというやり方
です。
それは社会的な「成功」という目標のもとに、具体的な成果をあげるのに適した人間に、自分を作り替えて行こうというものです。

もう一つは、誰にでも成り立つような共通の理想を求めるのではなく、今の自分の個性や素質を見つけて、自分にとって無理のない、自分を生かすことや好きになれることを伸ばしていこうという考え方です。

しかし成功法則のようなものを探し求める人は、相変わらず多いようですが、そのような画一的な方法があるとしたら、もっと多くの人がいわゆる「成功者」になっていることでしょう。

その通りにできれば、素晴らしい成果を上げられると、理論的には言えても実際にその通りにできる人はいないでしょう。

それは、おそらくそのような成功法則が、結果として成功した人のやったっことを、あとづけで理論化したものだからではないでしょうか。

つまり理論化した時点では、だれもそれを実行できた人などいないわけです。

会社会議中

ところで、そのような理想を先に見るのとは対照的に、実際のありのままの自分を観察して、そこからスタートするという考え方もできるでしょう。

わたしたちは、人間以外の動物を見た場合には、動物に対して「お前のやり方はまちがっている」とか言って非難することはないでしょう。

動物に対しては、その行動を観察して習性を知り、犬とは、ネコとは、こういう行動をするものだと思ってそれをそのまま受け入れるはずです。

その見方は、実は人間に対してもできるはずなのです。

わたしは、こういう人間でないといけないという見方をやめて、まずは現状では自分がどういうことで動かされ、実際にどう感じたり行動を取っているのかを知ることからスタートすべきです。

社会の期待からは、少しくらい外れていたとしても、自分の個性や素質を生かせて満足出来る方向を探してみるというあり方もできるわけです。

前置きが長くなりましたが、あなたのやる気が刺激されるのは、どういう要因からであるかを見てみましょう。

これからあげる項目は、別にどれがいいとか悪いとかではありません。

また、人によって、これはやる気を刺激するいい方法だと思うかも知れないし、別の人はこのような動機付けは好ましくない、やめるべきだと考えるかも知れません。

また、最初はいいと思っても、やっていくうちにあまり魅力的な方法ではなかったと、考えが変わるかも知れません。

どちらにしても、まずは自分がどうのような動機で、刺激を受けやすいのか、やる気が出るのかを知ることは大切です。

現実をゆがめて、理想の方法で自分が動いていると思っていては、相変わらず無理をし続けることになります。

今現在ちっともやる気が出ないのであれば、とりあえず自分に火を付ける為に意識して使ってみるといいかもしれません。

それでやっていくうちに、何か違和感を感じたり、本物でないように思えてきたら別の方法を探してみることもできるわけです。

◆恥をかきたくない
努力しないと恥ずかしいことになるから、頑張ろうと思うことです。

◆自分との約束
自分で決めた目標を達成できないことが、我慢できないから頑張ろうと思うことです。

◆他人との競争
言うまでもありませんが、他の人よりもいい成績を上げたいから頑張ろうと思うことです。
これを否定する人でも、ゴール目前に他の人に追い抜かれそうになれば、何かを感じるでしょう。
また、競争を思い浮かべるだけで苦しくなって拒絶したくなる人もいるでしょう。

◆他人への報復
嫌っていた人、意地悪をされた人、屈辱を受けた人に対して見返してやりたいと思うことが動機になるという場合です。

メンタル

◆具体的な恐れ
がんばらないとクビになってしまうとか、今の地位を維持できなくなるという恐れ。
言ったとおりにしないとひどい目に遭わせてやるという脅しを受けている場合。
など恐れが負の動機付けになっている場合です。

◆罪悪感
自分がやらなかったことに罪悪感を強く感じてしまうために、それを避けようと頑張るという動機です。

◆アファメーション
「わたしは成功する」とか「わたしは素晴らしい」というような肯定的な宣言を唱えているとやる気が出るという人もいます。

◆スピリチュアリティー
内なる平和や宇宙のエネルギーとつながることで、日頃の悲観的な出来事も達観できると思う考え方です。

◆現実は自分で作り出す
すべては自分の責任であって、自分が作り出した結果なのだと信じることで元気がでるという考え方です。
悪い状況も自分で作り変えられると信じられることが勇気をもたらすのです。
一方ですべては自分のせいであるといって、自分を責めることにつながる可能性があります。

◆挑戦する
他人との競争というよりも、自分自身へのチャレンジが強い動機になる人もいます。

◆ポジティブ・シンキング
思わしくない出来事でも、ポジティブな見方に変えれば意欲が湧いてくると考えるやり方です。
悲観的な状況においては効果的かも知れません。
ただ何でもかんでもそう思うことは、無理があるかも知れません。

◆ほめられたい
誰かにほめてもらいたいという思いが強い動機になる場合もあります。

◆ご褒美の約束
これだけやり遂げたら、おいしいものを食べるとか、好きなことを自分に許すなどの「アメ」を約束する動機付けです。

   父親と娘2   父親と娘1

◆仲間と一緒にやり遂げる
同じ目的を持つ仲間と一緒に何かを目指すことで、自分の役割を果たしたいという思いが動機になる場合です。

コミュニケーション


これらはどちらかと言えば対症療法的な方法が多いですが、とりあえずやる気が出ない自分に火を付ける為に意識して使ってみるといいかもしれません。

また、いままでから自分がそのような動機で動いていたことを、意識できていなかったとしたら、それを確認してみることは自分の理解を助けるでしょう。

もしかすると、今使っているその動機は、本当は好きでなかったために、やる気をなくしていたのかも知れません。

やっていくうちに、何か違和感を感じたり、本物でないように思えてきたら別の方法を探してみることです。

そして目的志向ではなく、本来の自分が求めていることを見分けることの方が、大事かもしれないという考えも検討してみてはどうでしょう。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
「それじゃ一体何がしたいの?」という罠
気分というやっかいなもの

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

最近は、仲間と一緒に何かをめざす事がやる気につながるな~、と思っています。
自分ひとりでは、「よし、やるぞ~!」と思えないのですが、まわりの人と一緒にはじめてみると「あ、結構いけるかも!」と思えて力を発揮できるような気がします。
やり始めると多少のことがあっても頑張ることができるのですが、始めるまでが「ちょっとめんどーだなぁ…」と思ってしまう私です。

私の場合は
現実を自分で作り出す
が一番近いかもしれません。
全て自分のせいになる指摘も当てはまりますねぇ

まぁまだまだぬるいと言えばぬるいんですけど・・・
抜け毛が気になる(笑)

Re: こんにちは

> 最近は、仲間と一緒に何かをめざす事がやる気につながるな~、と思っています。
> 自分ひとりでは、「よし、やるぞ~!」と思えないのですが、まわりの人と一緒にはじめてみると「あ、結構いけるかも!」と思えて力を発揮できるような気がします。
> やり始めると多少のことがあっても頑張ることができるのですが、始めるまでが「ちょっとめんどーだなぁ…」と思ってしまう私です。

自分のためだけにやろうと思ってもできないことでも、
他の人の為にやろうとすると、不思議と勇気が出てくることがありますね。

始めるのが面倒なのは、「実際なにもしないよりも面倒だからですよ」というように
私は単純に考えています。
こうすれば、一歩踏み出すのがうまくいきます、という方法は有るのかも知れませんが、
そんな「面倒な」ことを考えるよりも、「面倒だから」と認めてしまう方がスッキリします。

Re: タイトルなし

> 私の場合は
> 現実を自分で作り出す
> が一番近いかもしれません。
> 全て自分のせいになる指摘も当てはまりますねぇ
>
> まぁまだまだぬるいと言えばぬるいんですけど・・・
> 抜け毛が気になる(笑)

「すべては自分の責任」ときっぱり言い切ってしまうのも
ひとつのやり方かも知れませんね。

一方でひとつに決めたら、2度と変えられないというものでもないと
緩く考えられることも必要かと思います。
自分自身以外に審判はいませんから。

はじめまして。

ブログ村からきました^^

この場合分け(というのでしょうか?)、ものすごくびっくりしました。
なにか大きな衝撃をうけたかんじです。
うまく言葉にできないんですが、
いろんな思いがうわぁ~っと出てきています。
恥とか競争意識とかほめられたい、、などはピンと来るものがありました。

今までの自分はどうだったかなぁ、、とか、
今の私はどれを使ってみたいかなぁ、、とか、じっくり考えてみたくなりました。
この記事を使って考えてみようと思います。
ありがとうございます。

Re: はじめまして。

> ブログ村からきました^^
>
> この場合分け(というのでしょうか?)、ものすごくびっくりしました。
> なにか大きな衝撃をうけたかんじです。
> うまく言葉にできないんですが、
> いろんな思いがうわぁ~っと出てきています。
> 恥とか競争意識とかほめられたい、、などはピンと来るものがありました。
>
> 今までの自分はどうだったかなぁ、、とか、
> 今の私はどれを使ってみたいかなぁ、、とか、じっくり考えてみたくなりました。
> この記事を使って考えてみようと思います。
> ありがとうございます。

肝心なことは、まずは自分が、実際にどれで動いているかを、客観的に捉えて見ることだと思います。
どれがいいとも言えないですし、考え方によってはどれもよくないかも知れません。
良い悪いでなく、実態を受け入れることからスタートですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
15位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX