« ホーム »

ないものねだり

「ないものねだり」は、一般的にやめておいた方がいいかも知れない。

一般的といっても意味がわかりにくいけれど、割合として多くの人が当てはまるのではないかという意味である。

多くの人がといったのだから、そうではない人達もある割合では存在するのだろう。

それで一般に分類される人達の場合だが、なぜやめておいた方がいいのか。

ないものねだりとは、自分がそれほど無理しなくても発揮出来る能力を使っただけでは、手に入らないものを求めるということだ。

つまり逆に言えば、無理しなくてもできることを、もっと積極的にやろうとエネルギーを使った方が、挫折することもないし、効率もいいはずだと言えるのだ。

こんな当たり前のことを、改めて書いているのは、実際にはやめた方がいいのにと思えるのに、無理をしようとしている人が結構いるように思えるからである。

夢見る女性2


もちろん自分の意志であえてやっているのなら、別に人がとやかく言う筋合いではないことである。

しかし、どうもまわりがそういう風潮でそそのかすから、そのための努力をしないことに罪悪感を抱いて、無理してやっているように見受けられる人がいるように思えるのである。

ところで、ないものねだりというのは、なぜやってしまうのだろうか。

これは、あまり簡単には結論できない事かも知れないが、大きく2つほどパターンを考えてみる。

まず、「下手の横好き」という言葉があるが、あまりうまくできない事なんだけど、なぜか自分ではそれが好きでやってみたいと思ってしまうという場合。

実は、これは、例外派の方に近いケースかも知れない。

というのは、好きだと感じるからには、なにかまだ開花していない才能がそこに眠っているのかも知れないからである。

単なる一時的なあこがれではないとすれば、無理してでも挑戦すべきなのかも知れない。

次は、努力してでも、いま自分が持っていない力を開発することが、人として「正しい」あり方であると考える場合である。

この発想は、一番問題がありそうに思える。

この考え方は、適性があるかどうかなど考えずに、理想とかそうあるべき姿勢をもとにして、無理矢理ごり押ししているように思えてくる。

そして何故それが必要な能力なのかを改めて問い直してみれば、「世間がそう考えているから」に近い理由から目標を設定していることが見えてくる。

このような場合、本人は自覚している以上にストレスを抱えることになる。

あまり適性がなさそうなことにたいしても、それを目指すことが望ましいという理由から動かされていれば、無用なストレスを感じてしまうことになるだろう。

それは、自分にとって無理しないとできない(あるいは無理をしてもできない)ことだからというのが1つ。

もうひとつは、その結果、自分の適性を持つことに取り組む時間や労力を、奪ってしまうからである。

たとえば、あなたが本心では、人とのつきあいなど面倒で、無駄なことだと考える人であるとする。
そうであれば、まわりに合わせて人づきあいしないと、取り残されて人間として失格であるかのようにいわれる脅迫にはのらないことである。

泣いている女の子


自分の苦手な事を無理する必要などないし、うわべで取りつくろっても、それが好きでやっている人にはかないっこないのだ。

あなたは、無理しなくてもあなたらしさを受け入れてくれる人とつき合えばいいわけである。

そうしないと取り残されるという恐れは、あなたが作り出しているだけである。

しかし、何かをすればすぐに望みが叶うというものではないわけで、そもそもそういう発想をすることが間違いのもとである。

叶うか、叶わないかは、自分の関知する所ではないと考えて、悲観も楽観もしないのが本来のあり方ではないのだろうか。

わかりっこないことを、どうにかしようと思いわずらうから不幸になる。

いまの楽しみを未来の為に犠牲にしておきながら、今の不幸を嘆いても仕方がない。


ガッツポーズ男の子


また自分で楽しめないようなことは、他の人だって分けて欲しくないと思っているだろう。
人がうんざりさせられるようなことは、自分の方で作り出さないのが一番である。

ストレスを感じる状況に置かれると、自分の支配的な自我状態が真っ先に現れやすい。
それが「ないものねだり」の原因になっているようなら、それと反対にある押さえつけられた自分を解放してみるのがいいかもしれない。

多くの場合、子どもの視点から笑い飛ばしてみると有効な場合が多い。
それらは、客観的に見れば滑稽な要素を含んだ思い込みであることが多いため、そういった面を明らかにすることで馬鹿さ加減が見えてくるだろう。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
地獄でアメン
何も出来ないことは放っておきましょう
どうにもならない事実を認めること

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

自分が楽しめないことは、他の人も分けて欲しくないと思っている、という事に同感です。
これは私の生活スタイルのテーマ(←ちょっと大げさに言い過ぎました^^)になっているかも。
人に物ごとをすすめる時は自分が楽しいと思った事だけですね~。
自分が楽しんでいないとまわりも楽しめないだろうな、と思っています。

こんばんは!!

こんばんは!!
暖かい愛媛大洲の一日でした。
坂の上のサクランボ、桃、梨・・と
果実の花も咲き、いい季節になってきています。
応援有難うございました。

Re: こんにちは

> 自分が楽しめないことは、他の人も分けて欲しくないと思っている、という事に同感です。
> これは私の生活スタイルのテーマ(←ちょっと大げさに言い過ぎました^^)になっているかも。
> 人に物ごとをすすめる時は自分が楽しいと思った事だけですね~。
> 自分が楽しんでいないとまわりも楽しめないだろうな、と思っています。

そうですね。
考えずに自分が楽しめることをやっていると、他の人にもそれが伝わるようですね。

Re: こんばんは!!

> こんばんは!!
> 暖かい愛媛大洲の一日でした。
> 坂の上のサクランボ、桃、梨・・と
> 果実の花も咲き、いい季節になってきています。
> 応援有難うございました。

こうしんさん
メッセージありがとうございます。
ようやくいい季節になってきましたね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX