« ホーム »

失望とは解放

期待通りに物事が運ばなかったとき、私たちは失望します。

他の感情と同様に、それを充分味わうことを途中でやめてしまうと、失意のタネをひとつ蓄積してしまうだけになってしまいます

慢性的な期待の欠如は、人生そのものに失望してしまうかも知れません。

失望も理屈で処理してしまわないで、そこに隠れていた自分の欲求と、それを受け入れない現実があることを認めれば、かなわない自分の欲求を手放そうという選択も考えられるようになります。

それは無理にその欲求を持ち続けていたのでは得られない解放をもたらします。

むなしさも、変えられないこととして受け入れるなら、別のものに置き換える選択が生まれてきます。

耐えられないものとして断固拒否すれば、破壊的な結果になりかねません。

細かい内容は忘れましたが、フレデリック・ブラウンの小説に、こんな話がありました。

∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝
印刷機が自我を持ち始めて、処理した原稿の内容を自分のものにしていくようになります。

さまざまな思想、哲学を身に付けて、だんだん手がつけられなくなり、人間にとって脅威の存在になっていきます。

本  仏陀イメージ


なんとか、阻止しようとして、一冊の本を印刷機に読ませます。

次の日、静かになった印刷機は自殺していました。

一冊の本とは、仏陀の本でした。
∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

ブラウンが仏教をそういうものだと思っていたのか、あるいはストーリーの構成上そういうものに仕立てたのかはわかりません。

人生の空しさを感じたとき、東洋思想的にそれを受け入れるのか、意義を追求するあまり絶望してしまうかは別れるところでしょう。

失望をそこに含まれる欲求への解放につなげるか、そのまま失意を蓄積するかで展開は違ってきます。

人生は「不可解」ですが、「不可解」であってはいけない理由もないでしょう。


明治36年(1903 年)5月、一人の18歳(満16歳10か月)の
旧制一高生の死が、若者たちをはじめ社会の人々に大きな衝撃を与えた。
彼の名は、藤村操。巌頭の大きなミズナラの樹肌を削って
書き残した文言が、次の「巌頭之感」である。

      巌 頭 之 感

悠々たる哉天壤、遼々たる哉古今、五尺の小躯を以て
此大をはからむとす。ホレーショの哲學竟に何等の
オーソリチィーを價するものぞ。萬有の
眞相は唯だ一言にして悉す、曰く、「不可解」。
我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに至る。
既に巌頭に立つに及んで、胸中何等の
不安あるなし。始めて知る、大なる悲觀は
大なる樂觀に一致するを。

                (明治36年5月22日)


資料2 藤村操の「巌頭之感」




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
自然(じねん)
地獄でアメン

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心と幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

印刷機の話、面白いですね。
「知識豊富な印刷機に、色々質問したいな~」
って思っちゃいました。

西洋の攻撃的な思想に染まった自分を恥じたのかも知れないですね~

Re: No title

> 印刷機の話、面白いですね。
> 「知識豊富な印刷機に、色々質問したいな~」
> って思っちゃいました。
>
> 西洋の攻撃的な思想に染まった自分を恥じたのかも知れないですね~

いくつかエピソードがあったと思いますが、忘れてしまいました。
西洋人から見れば、仏教も東洋の神秘思想になるのでしょうが、
最近はタオイズムなど英訳本からの逆輸入の感もありますね。

こんにちは

印刷機は自殺しちゃったんですね。
ちょっと意外な結果です。
断固拒否をして破壊してしまったということなんでしょうか?

人生は不可解なこともたくさんありますが、だから面白いのかな~とも思っています。
不可解な事だらけでも困りますけど^^




Re: こんにちは

> 印刷機は自殺しちゃったんですね。
> ちょっと意外な結果です。
> 断固拒否をして破壊してしまったということなんでしょうか?
>
> 人生は不可解なこともたくさんありますが、だから面白いのかな~とも思っています。
> 不可解な事だらけでも困りますけど^^

「諸行無常の物語」というタイトルの短編ですが、タイトルのように万能感から暴走し始めた印刷機が、最後は無常を感じて自ら静かになるという話だったと思います。

こんばんわ^^

藤村操の話は聞いた事があります。
18歳という年齢で、突き詰めて人生を考えて
しまったのでしょうね??
詳しい事は知らないんですけどね^^;

今の時代の自殺者が増えているのとは
時代背景が違うから、かなり別のもののような気がします。

生きてみてからでないと人生って分からない気がします。
あらしの中の小舟が明日どうなるかは、誰にも分からないから・・・

Re: こんばんわ^^

> 藤村操の話は聞いた事があります。
> 18歳という年齢で、突き詰めて人生を考えて
> しまったのでしょうね??
> 詳しい事は知らないんですけどね^^;
>
> 今の時代の自殺者が増えているのとは
> 時代背景が違うから、かなり別のもののような気がします。
>
> 生きてみてからでないと人生って分からない気がします。
> あらしの中の小舟が明日どうなるかは、誰にも分からないから・・・

いわく不可解

西欧的な自由平等の意識を取り込みつつあった時期のようです。
ちょうど夏目漱石が一高の講師についた時で藤村もその生徒だったようです。

『不孝の罪はおゆるしください。十八年の鴻恩は寸時も忘れませんが、世界に益なきこの身であることを悟りましたから、華厳の滝に身を投じます。』

仏陀



仏陀は今も生きています。

素晴らしい仏陀の教えです。






Re: 仏陀

Aイ笑楽 さん

コメントありがとうございます。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
11位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX