« ホーム »

人間尺度の限界

人が考えることは、しょせん思考の限界を超えられない。

考えることを続ければ、いつかわかるようになるというのは、限界を超えない範囲でしか成り立たない。

ところでいわゆる宗教というものは、人の期待することが起こる理由付けと、期待しないことが起きない理由付けをまとめたもののように思える。

まるで選挙公約のようなもので、いくらふだん客観的に物事を見る人でも、自分の期待と合致すると感じたらいとも容易にそれを信じたくなってしまう。

宗教的なことを説き始める人は、この選挙公約を意図して人を集めようとしているのか、それとも思考の限界から自分自身信じているのか判然としない。

このあたりが、あやしいところだ。

選挙活動

本当に公平にものごとを見るとは、自分の見方にはしょせん限界があることを認めた上で、ものごとに対処する必要がある。

そしてそのように認識していても、その思考していること自体が限界を超えられないものと知っておく必要がある。

人間の尺度で考えて客観的な事実だと思ったところで、それは人間の考える範囲を超えることはできない。

いくら地球は丸いと言われても、どんどん進めばいつか地の果てに出会うという方がありそうに思える。
高い所から落っこちるのは、地球が引っ張っているからだとは想像できない。

起きることは、人間の尺度による予測ではなく、起こるべき事が起きていくだけである。
タオはヒューマニズムは解さない。

ようするに、どうやっても限界があって間違えるということだ。
わからないことは、どうやってもわからない。

こういっては身もふたもないが、期待しなければ裏切られることもない。

期待をかてにして生きるのはかまわないが、期待は外れるものという覚悟も必要である。
どんなにもっともらしく思えても、限界があることを忘れてはいけない。

真に宗教的に帰依や明け渡しは、良くも悪くも結果は神にまかせて自分は関知しないという態度である。

期待しない結果が起きたからといって非難するべき相手はいない。
いないのだが、人を相手に苦情を言っては角が立つので、神様に苦情を言うのであろうか。

なまじ知らなければ、期待もしないものだろう。

以前に取り上げた「混沌王の死」http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-225.html もそうであるが、人間が自然を破壊する話は、荘子にもよく登場する。
馬を台無しにした調教師の話の中に、こんな一節がある。

動物と果実

人間も鳥も獣もみな等しく知識をもっていなかったから迷いもなかった。みな同じく欲望に欠けていたから自然に高潔だった。このような自然の高潔さの中に生きていた人びとは人間の本性を失わなかった。 「タオは笑っている(164P) R・M・スマリヤン / 工作舎 / 1991-01」




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
混沌王の死
行為者になろうとしないこと
行為者になろうとしないこと2
行為者になろうとしないこと3
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

人の思考には限界がありますよね。
予想していないことはたびたび起こりますね~。
期待していないことが起こった時は誰かを非難するのではなく、どう対処すれば良いかを判断できるようになりたいと思っている私です。
実際にはどぎまぎして焦っちゃうんですけどね。

Re: こんにちは

> 人の思考には限界がありますよね。
> 予想していないことはたびたび起こりますね~。
> 期待していないことが起こった時は誰かを非難するのではなく、どう対処すれば良いかを判断できるようになりたいと思っている私です。
> 実際にはどぎまぎして焦っちゃうんですけどね。

幼い子ども達にとっては初めての経験ばかりで、毎日どぎまぎすることばかりじゃないかと思うんですね。
でも、子どもが怖がりながらも新しいことに取り組むのを見ていると、勇気こそが大事だなと思います。

大人になると、勇気を出すことにずぼらになってしまいます。
スマートにやったところで、そんなに感動なんてないのですが。

No title

近頃、予想外のトラブルに見舞われてアタフタしてました!
まぁ人為的な要因が多分にあるんですけど、手を尽くしてくれたその人に文句言っても始まらないので・・・
黙々とやるしかないですねぇ
神様には文句言いませんよ。
簡単に信じてしまった自分の不明を憾むのみです

Re: No title

> 近頃、予想外のトラブルに見舞われてアタフタしてました!
> まぁ人為的な要因が多分にあるんですけど、手を尽くしてくれたその人に文句言っても始まらないので・・・
> 黙々とやるしかないですねぇ
> 神様には文句言いませんよ。
> 簡単に信じてしまった自分の不明を憾むのみです

トラブルが何かはわかりませんが、起きたことを言明する気になれたということは、
一区切りついたということでしょう。

言葉で説明するのは、事実の一部でしかないのですが、それでも何もないよりは
負担を軽減してくれるような気がします。
ですから、全てを説明できないなら、そんな説明は意味がないとするのはもったいない。

ことばで言い切ってしまうと、それが自分の考えの全てであって責任をとれと
責め立てるというのは間違っています。

何を書いているかわからなくなってきたのでこのへんで。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX