« ホーム »

人に助けを求めましょう

もっとまわりの人に助けてもらいましょう。

それがもたらす恩恵は、単に助けられたことだけではなく、さまざまな人間関係の改善をもたらしてくれます。

あなたが何でも自分で仕事をこなそうとする人なら、その作りあげた役割にしがみついているのかも知れません。

がむしゃらに働いて、自分がどれだけ善良で素晴らしいかを訴えたい気持ちもわかりますが、他の人へのそのイメージ、役割はあなたを余裕のない存在にしてしまいます。

それが高じると、何でも自分が背負ってしまって、ひとりで頑張ろうとしてしまいます。

あなたのがんばりを訴えるために、「こんなに大変だった、ようやくやり遂げた」といつもアピールしなければならないとすると、それは相手があることなのでいつも報われるとは限りません。

それが評価されなかったりすれば、一方で評価されている他の人への不満を抱え込むことになりますし、他の人からの評価にますます価値を置いて、それが何よりも大事なことになってしまいます。

そして、結果に関して人の評価に依存してしまう事になるのです。

自分の自立を重大に考えすぎてしまうと、あなたは必要な他の人からの助けを素直に受け取るのが難しくなってしまいます。

他の人に依存しない為には、いままで作ってきた自立への幻想を一度捨ててみる必要があります。

断る男の子


皮肉にも、人に頼らないで自分で全て行おうという思いは、他の人からの手助けが得難いものだという思い込みを作る場合もあります。

他の人の反応が、自分に見えないものになってしまうほど、他人からの評価がより気になる大きな存在になってしまうのです。

本来他の人と助け合うことは、頼りすぎず、離れすぎずというバランスがとれることが自然なのです。

人に頼むことが難しいと感じているなら、もっとシンプルにお願いしてみましょう。

すべてを求めよ!

すべてを求めよ
すべての欲しいものを
すべてのときに
すべての方法で
すべてをくりかえし
すべてを求めよ


バーノン・ハワード


あなたが、がむしゃらに自分で動こうとするばかりでは、あなたは他の人から近よりがたい人になってしまいます。

あなたが必死さをやめたとき、他の人からも頼れる存在になります。

あなたが人に何かを頼むとき、相手は必ずしも面倒だとは感じません。
頼まれることは誰でも好きだからです。

おじぎヒヨコ


求められる人になることも、求める人になることも、あなたのバランスの問題です。

ちょうどいいバランスがとれていけば、あなたは人に対する緊張感が和らいでいることに気づくでしょう。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
与えることと受け取ること
まわりの人はあなたに与えたがっている


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

人に仕事を頼むのって、頼みたい仕事を整理しなきゃいけないし、終わった後に検証しなきゃいけないし・・・
意外に大変ですよね~
その仕事を理解していないと頼めないし。
なかなか難しいですねぇ

でも、人との距離感とか縮める効果は確かにあるかもしれませんね

Re: No title

> 人に仕事を頼むのって、頼みたい仕事を整理しなきゃいけないし、終わった後に検証しなきゃいけないし・・・
> 意外に大変ですよね~
> その仕事を理解していないと頼めないし。
> なかなか難しいですねぇ
>
> でも、人との距離感とか縮める効果は確かにあるかもしれませんね

かなり現実的なご意見ですね。
記事の内容からは外れると思いますが、これについて。

仕事にもよるかとは思いますが、私がやっていた仕事では、
最初から他の人が、いつで引き継げる事を意識してシステムを組んでいました。

これは個人的な癖とか偏りを防ぐ意味で効果がありましたね。
それに自分の仕事を客観的に見直すことができますから、品質も上がります。

その人にしかできない熟練仕事というのも仕事によっては必要があるのかも知れません。

しかし一方で、誰でも引き継げるようなかたちに整理できる能力を鍛えるというのも
これからは必要なのかも知れないと思います。

またそれは、新しい人を育てるためのやり方としても、直結するのではないでしょうか。

まあこれは職種によって、できるできないがあることだとは思いますが。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX