« ホーム »

誰も振り向いてくれない

チャーリー・ブラウンが木の後ろにかくれて、赤毛の女の子の家を観察しています。

「赤毛の女のコが住んでいる家を見ているのさ...でも運悪く彼女はぼくという人間の存在に気がつかないんだ」

ドラマの世界であれば、ここで何か事件が起こり、二人が知り合いになる機会が生まれるかも知れません。

しかし現実にはそんなことはまず起こらないのです。

ところが、このような張り込み?は、何らかの努力をしているという気にさせる働きがあるのです。それが、現実的には何もしないのと同じであっても。

その幻想は、やがて現実とのギャップに向き合わざるを得なくなり、やっぱり「誰も私を振り向いてくれない」という思い込みに発展していきます。

自分の現実の行動がもたらしている、必然的な結果であるとはわからなくなってしまうのです。

男の子悩む               女の子笑う


自分の性格とか行動傾向というのは、タイプの違う人が見ると一目でわかることでも、自分ではなかなか気がつきにくいものです。

あなたの行動では期待した結果をもたらさないよ、と人から指摘されても、自分のことは自分の方がよく解っているつもりになったりします。

人との出会いは、待っているだけで、向こうから誘いが来る場合もありますが、普段から同じように自分の側からの働きかけを、行っているのが普通です。

しかし往々にして、出会いのなさを嘆く人には、声をかけたいなら向こうから来るべきだ、と期待している人がいたりします。

世の中には、いろいろな人がいますから、自分から声をかけてもうまくいかないことも当然あります。

極端に排他的で、あまり知らない人間に対しては、警戒心が強い人もいます。
そういう人には、気軽に話しかけても「なんて厚かましい人だ」という顔をされて、追い返されるかも知れません。

しかし、そのような例ばかり気にしていたのでは、「誰も振り向いてくれない」という確信を強めるだけです。

そのようなケースはむしろ例外であり、こちらの呼びかけに喜んで答えてくれる人の方が、普通にいるものだと信じられるかどうかです。

「自分が心をさらけ出したのに、もし相手が受け入れてくれなかったどうしよう」という恐怖がそこにあるのかも知れません。

しかし「卵が先か、鶏が先か」ではありませんが、傷ついた経験が自分を臆病にしてしまったのかも知れませんが、自分からの接触を避けている行動パターンが、いろいろな人がいることを確認する機会を奪っているということもあるのです。

バケツいっぱいの魚を欲しいと思っていても、網も釣り竿ももたず、容器もコーヒーカップ程度では希望は叶いません。
さらには、そのコーヒーカップもフタをしたままかも知れません。

お節介なルーシーが助けてくれるとは限らないのです。

参考
いいことから始めよう―スヌーピーと仲間たちからの生きるヒント
エイブラハム・J. ツワルスキー 新潮社 / 1995-02




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
与えることと受け取ること
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-182.html
まわりの人はあなたに与えたがっている
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-186.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

「スヌーピーと仲間たちからの生きるヒント」、私の友だちもとっても良い本だよ、と話していました。

paoさんのお話、すべてうなずきながら読ませていただきました。
「人との出会い」の大切さを最近特に感じるようになってきました。
人から学ぶことってたくさんありますよね。
出会いを大切に思い、これからも自分から気軽に働きかけていきたいと思いました(^^)

Re: こんにちは♪

> 「スヌーピーと仲間たちからの生きるヒント」、私の友だちもとっても良い本だよ、と話していました。
>
「ピーナッツ」の登場人物で切り取られた会話というのは、心理学の話題としても宝庫ですね。誇張された表現に思わずニヤリとしてしまうのは、何かわたしたちを解放してくれるものがあるからかも知れません。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX