« ホーム »

自然(じねん)

自然(じねん)というは、自はおのずからという、行者のはからいにあらず。
然というは、しからしむという言葉なり。
しからしむというは、行者のはからいにあらず。

親鸞


親鸞のいう自然(じねん)とは、まさに老子の「無為」と同じことを言っているように思います。

「おのずから、しからしむ」とは、ものごとが起きて来るのを、手を出さずに起こるまま起こらせると言うことです。

「起こらせる」といっても、自分の外側で起きることだけではありません。
自分の行動そのものも、同じように起こらせればいいのです。

手を出さないとは、いいかえれば、あれこれ頭で考えないことです。

「こうした方がうまくいくはずだ」、とか「うまくいくだろうか、心配だ」とかいった思いを働かせないことです。

思考を働かせ出すと、自然ではなくなってしまうのです。

達磨1


このようにいうと何か難しく聞こえますが、普段からわたしたちは、何も考えずに物事を処理し続けているのです。

それらは、普段からいつも当たり前にやっているので、あえて自分でやろうと思ってやっていないだけなのです。

そのことを忘れていると、わたしたちは、何でも自分で指示を出して物事を行っていると錯覚するのです。

しかし、むしろ意識してやっていることの方が、実際は少ないのかも知れません。

意識した指示(言葉や思考によるもの)を行わないまでも、わたしたちは、五感などを通じた刺激によって、ひとりでに物事を処理しているものです。

たとえば、朝起きて目の前に洗面台を見たとき、自動的に洗顔を行うようなことですね。
そこでは、意識した命令は介在しないままではないでしょうか。

では、意識せずにやっている自然の行動がある一方で、思考してからでないと行動できないのはどういう場合でしょうか。

それは、考えてやらないとうまくいかないと、自分で信じ込んでいる場合ではないでしょうか。

多くの場合、わたしちは「仕事」という名の場で、思考を働かせようとします。
それは、もちろん普段やり慣れていない、新しい作業だからかも知れません。

電話集中で混乱


初めてやることは、手放しでやれるわけはないでしょう。
しかし、何度かやっていくうちに、それも自ずから為されることに変わっていきます。

もし、必要以上に仕事に対することに緊張やストレスを感じるとしたら、自分からうまくいかないかも知れないという思考を、野放しにしているせいかもしれません。

やれることをやったら、自分で左右できないことについては、任せるしかありません。

なかには、それについて心配することが、何かの役に立つと考える人がいます。

気持ちはわかりますが、充分心配すれば、何とかなるように感じるのは、何もできないことへの代償行為でしかないでしょう。

そんなことをするくらいなら、やれることを充分やったかどうか確認する方が、意味があるでしょう。

そうはいっても、結果は気になってしまうものですが、それは何か祈るということと、混同しているのかも知れません。

祈りという行為が効果があると感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、祈るとは、「自分にできることはすべててやったので、あとはおまかせします」と宣言することではないかと思います。

それは、むやみに心配して自らを苦しめたり、これだけ苦しんだんだから、神様も答えてくれるはずだと考えるのことではないのです。

自然「おのずから、しからしむ」にまかせられるようになれる、その分だけ、わたしたちのこころは、自由で平穏になれるように思うのです。

参考:人生の問題がすっと解決する 名僧の一言 (知的生きかた文庫) 中野 東禅 / 三笠書房




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
無為
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-127.html
起きてくる出来事
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-134.html
まかせること(あずけること)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-73.html


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人生を豊かに生きる
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

私は、物事をおこなうとき、できるだけ自分の力を出し切るよう努めます。(もともとの力も大してないんですけどね^^)
その結果、あとは「神さま、おねがいします!」と心の中で手をあわせます。
やれることをやった、という思いが自分の中にあると変な心配はしないといのは確かだと思います。心配をしたくないので、努力をするのかもしれません。
「うまくいくだろうか、心配だ」という思考が働かないような日々でありたいと思います。

自然

法然、親鸞・・という浄土門の流れは
仏教全体の中では、珍しいのでしょうか。
(仏陀の)仏教とは、趣もアプローチもことなりますが、
仏教というよりタオ的な感じがしますね。
ご無沙汰していますが、これも{じねん}か。。。
paoさん、コラムの連載。よかったですね。

Re: こんにちは

> やれることをやった、という思いが自分の中にあると変な心配はしないといのは確かだと思います。心配をしたくないので、努力をするのかもしれません。
> 「うまくいくだろうか、心配だ」という思考が働かないような日々でありたいと思います。

心配性というのは、こころの癖のようなものかもしれませんから、そういうひとは単純にやることをやったからと、割り切れない所があるのかも知れません。

癖なら直せると思えばいいわけですが、なかなか合理的には割り切れないものです。
それは、心配することも、なにかしらその人のバランスを取るのに役割を果たしているからなのでしょう。

>私は、物事をおこなうとき、できるだけ自分の力を出し切るよう努めます。(もともとの力も大してないんですけどね^^)

そうですね、「出し切った」と感じられると、素直に結果を受け入れられる気がしますね。

Re: 自然

> 法然、親鸞・・という浄土門の流れは
> 仏教全体の中では、珍しいのでしょうか。
> (仏陀の)仏教とは、趣もアプローチもことなりますが、
> 仏教というよりタオ的な感じがしますね。
> ご無沙汰していますが、これも{じねん}か。。。
> paoさん、コラムの連載。よかったですね。

よしよしさん
ありがとうございます。
しばらく、よしよしさんの声を聞いてなかった気がしますね(^o^)/~~~

しかし親鸞などの仏教者というのも、あの時代の背景を考えれば(偉そうにいってますが歴史にうとい)、信仰も命をかけてやっていたのでしょうね。
そのくらいでないと、ほんものの信仰というのも生まれないのかも知れませんね。



No title

私は自然に任せすぎるところがあるかな?
ってちょっと反省しています。
「そのうちになるようになるさ~」
って言うのが多すぎるんですよねぇ。

なので、たまに「えいやっ!」ってやらないと、なにもしないので・・・
老子というよりおさぼり癖の抜けない私です。

Re: こちくんさん

> 老子というよりおさぼり癖の抜けない私です。

肝心なのは、それで自分が充実していると感じられるかどうか、じゃないでしょうかね。

何とかなると感じられるのは、自分の中が整理されているからかも知れません。
わざわざ複雑にする必要などないでしょう。

「オッカムの剃刀 」
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
16位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX