« ホーム »

体験や記憶は起きたことそのものではない

私たちは、物事を自分の心のフィルターを通して見ています。

心のフィルターとは、過去記憶から来る信念やこだわりなどが、心に構えを作っているということです。

目の前に展開する出来事は、どんなことであれ、この自分のフィルターを通して見たり、体験しています。

それは、客観的な出来事そのものではないのです。

虫取り少年と犬


そして、その出来事に対する経験は、記憶となってあなたの心にしまい込まれます。

また、この記憶というのも、あなたが人生を生きていく上で、変化していきます。

それは、ビデオの記録とは違って、再生するタイミングで、書き換えられている可能性があるのです。

このように、体験記憶も、元の出来事そのものではないし、たとえあなたが他の人と一緒に同じ出来事を経験しても、二人は、別々のことを体験しているし、別々の思い出として記憶されていくのです。

ひとが、見たり聞いたりする、知覚というのも、決して客観的なものとは言えません。

たとえば、あなたが、どこかから小鳥のさえずりを聞いたとします。
その時の音声を、録音機器で記録しておきます。

ウグイス


この音声を、後で再生してみると、小鳥の声というのが、ほとんど聞こえないくらいに、かすかにしか録音されていないことを発見するでしょう。

これは、実際には、小鳥の声は記録された程度の、音量でしかなかったからです。

あなたの聴覚は、他のノイズには注意を払わずに、小鳥の声と認識したものを、特別なものとして、聞き取っているために実際よりも、際だって聞こえていたということです。

再び、過去記憶に目を向けてみましょう。

あなたは、今現在の自分の生き方に見合った事実を元にして、その場にふさわしいと思う過去のストーリーを再現します。

ですから、あなたが成長し、変化して行くにつれ、あなたの過去は変化して思い出され、それは、いまの経験の仕方にも影響を与えます。

あなたは、二度と同じ川の流れには出会わないのです。

このように変化し続ける記憶ですから、あなたが自分の子ども時代を思い出しても、それはその時によって異なるものになります。

家族写真


ですから、自分の子ども時代がどんなものであったのかは、ほとんどあてにならない記憶でしかないのです。

あなたが、自分自身を癒して行くにつれて、あなたは、両親や兄弟姉妹に対する見方も変化していきます。

あなたが、過去出来事を、ゆがめないで理解できれば出来るほど、あなたが思っていたような、誰かに対する責める気持ちはなくなってきます。

もちろん、あなた自身に対する、責める気持ちもなくなってきます。

その目安になるのは、あなたが痛みを感じるかどうかです。

よりありのままに、出来事を感じ取れるようになれば、そこには痛みは伴わなくなるのです。

逆に言えば、痛みを感じる思い出があるとしたら、そこにあるあなたのフィルターを探してみれば良いと言うことですね。

なれてくれば、訳のわからなかった一連の出来事も、分かりやすく解きほぐされてきます。

いまここで、ありのままに思い出した時、全ての痛みは解消されているはずです。


気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
過去を終わらせる
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-163.html
感情を受け入れること
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-165.html

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX