« ホーム »

自然哲学者1

いつもと趣向をかえて、哲学史を振り返ってみたいと思います。

哲学というのが、現在の私たちと無縁の世界ではなく、
私たちの今の常識を、作り出してきた元になっていることに、
きっと驚きや、新しい発見があると思います。

ギリシアの遺跡


今回は、最初のギリシャの哲学者たちについてです。

ソクラテス以前の、彼らのことは、自然哲学者と呼ばれたりします。
これは、彼らの関心の対象が、自然の営みにあったことによります。

ギリシャの人達は、全てのものが無から生まれたとは考えず、元になる「何か」がすでに存在していると考えていました。

全てのものの、おおもとになる、なにか「元素」が、存在するのだと考えていました。

そして、かれらが哲学者と呼ばれるのは、自然の出来事を、それまでの神様の仕業(神話)によるものではなく、自然そのものを観察することにより、その原理を解き明かそうとして、神話から自由になった点にあります。

最初に元素の考え方ということで、ミレトスの三哲学者、タレス(BC624?546)、アナクシマンドロス(BC610?547)、アナクシメネス(BC570?525)についてさらっと触れます。

タレスは、エジプトにいって、ピラミッドの高さを、影の長さから測定したと言われています。
また天文学にも通じており、日食を予測したと言われます。

タレスは、水がすべての根源(アルケー)だと考えました。

すべてのものは、水から生まれて、水に帰ると考えました。

アナクシマンドロスは、特定の元素からものが生まれるのではなく、何かから生まれて、何かへと消えていくと考えます。

彼は万物の根源(アルケー)は無際限無限定(アペイロン)であると考えています。

アペイロンは成熟することも衰退することもなく、目の前に存在する物質を、新しく永遠に生み出し続けていると考えました。
アナクシメネスは、万物の根源(アルケー)は空気(気息)であると考えました。

死人が呼吸しないことから、呼吸が生命を作りだし、同じように空気が全てのものを作り出すと考えます。

空気が薄くなると熱くなって火になり、濃くなると冷たくなって水になり、さらに濃くなると土や石になるという具合に考えたようです。

考える博士


次に、元素はともかくとして、どうして、あるものが他のものになるかという、変化のとらえ方に関して、二人の哲学者を取り上げます。

最初に、「エレア学派」のパルメニデス(BC540?480)です。

感覚で捉えると、見た目には物事は生成変化を続ける様に見えます。

しかし「変化」とは在るものが無いものになることであり、無いものが在るものになることです。
理性で考えれば「無」から「有」が生じたり、「有」が「無」になるのは矛盾している、だから変化などないのだと考えます。

このように、パルメニデスは感覚よりも理性を信じることにより、真に在るものは不変だと考えました。

変化するというのは、感覚が騙されているのだと考えます。

このような感覚より理性を信じる考えを「合理主義」と呼びますが、パルメニデスは合理主義の祖であると言われています。

ちなみに、パルメニデスの弟子のゼノンは、運動が存在しないことを示すために、有名な「アキレスの亀」のパラドックスを考えたと言われています。

ガンジス川

変化については、もう一人の哲学者、ヘラクレイトス(BC540?480)がいます。
ヘラクレイトスは「万物は流転している」と考えます。
自然界は絶えず変化していて、変化することが自然の性格だと考えます。

すべては、動きの中にあり、何一つ永遠に続くものはない、「同じ河に二度入ることはできない」のです。この意味は、私たちが、二度目に河に入った時には、私自身も流れもすでに変わっているのだからということです。

また、ヘラクレイトスは、世界は対立で成り立っている、病気にならなければ、健康が何かわからない、冬が来なければ、春の訪れもないというように。

善も悪も、全体の中に必要な居場所を持っていて、対立による闘争があるから、世界が変化を続けていられるという発想をします。

そしてまた、ヘラクレイトスは、理性(ロゴス)という言葉を使います。
世界の全ての現象をコントロールする、「世界の理性(ロゴス)」というものが存在していルはずだと考えます。

人間もこれに従うべきなのだが、たいていの人は自己流の理性(ロゴス)で生きている、そのようなものの見方は、ヘラクレイトスに言わせると「子どもの遊び」だということになります。

「万物は一である」、「一から万物が生まれる」として、「根源的な一と多くの表面的なもの」の関連を言い出した人だとも言われます。

考えるウサギ

「万物は流転する」「対立が変化を作り出す」「感覚はあてにならない」「ロゴス」「万物は一つ」といった考え方が生まれてきました。


しかし、まだ人間の自我や思考については、あまり考慮されなかったようです。
また、神様の仕業といった発想からは、いったん決別します。


今でこそ、私たちは、教育によって物質が原子から出来ていることを、当たり前のように信じています。

しかし、そのような前提がなかったら、ものがなにから出来上がっているか、という問題にどれだけの発想が及ぶでしょう。

また、万物を生み出す根源という考えは、今後も形を変えて、考え続けられることかも知れません。

参考
ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙
ヨースタイン ゴルデル 日本放送出版協会 (1995/06)
※哲学者の年代はソフィーの世界の記述にしたがっています。




気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
グレーの領域
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-58.html
制約に生きる:業というもの
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-63.html

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。鬱病でパチンコ依存症のシンと申します。今後とも勉強させて頂きますのでよろしくお願い致します。自分もブログを開設したので良かったら見に来て下さいね。応援ポチ。http://blog.livedoor.jp/dreamcatchshin-zibunsagashi/

Re: No title

シンさん メッセージありがとうございます。

ブログ拝見させていただきました。
非常に正直に、ご自分の半生を振り返っていらっしゃるのに驚きました。
なかなか、ここまで書けるものでは、ないと思います。

ご自分を変えたいと思われる気持ちを、今の自分をこれではいけないと、
否定するのでなく、今の自分はこんなものなのだ、いまはそうなのだから
しかたがないと、そのまま受け入れることから、始めていかれたらどうかと思います。

>病気のせいにして何からも逃げて何からも許される事が許せない。

このことは、現在の精神医療のありかたの課題でもあると思います。
病気なんだから仕方ない、患者として扱えと、患者自身が言っている間は
いつまでも入院しているしかない。
一方で医療者は、患者として扱うしかない場合もあるし、直す気がないなら
治らないよと、簡単に突っぱねることも出来ない。

ここまで、客観的に自分を見ることが出来るのですから、そのままで大丈夫だと思います。
今の自分を否定せずに、ひたすら受け入れること、抵抗しないこと。

エン・アルケー・ヘン・ホ・ロゴス

PAOさん こんにちは。

気になるお話なのでお邪魔します。

”アルケー”と”ロゴス”と来ましたか・・・
実は新約聖書の”ヨハネによる福音書第一章”に

”はじめにことばあり ことばは神とともにあり
 ことばはすなわち神なり”

とありますが、このギリシャ語の原語が、
”エン・アルケー・ヘン・ホ・ロゴス”
・・・なんですね。

”初め”は”根源”という意味だったんですね。
そしてその”根源”がロゴス。

そしてその聖書を中国語に訳したのは誰か?
私は追放されてインドや中国に渡ったネストリウス派
だと思っているのですけれども、
その中国語のヨハネ伝が、
”太初有道;タアツウヨータオ” なんですね。

中国の道教や道家の説いた”道Tao”を、
”Logos”の訳語に当てていると思うのです。

日本語の聖書では、”Logos”を”ことば”と訳してしまった。
だから聖書に書いてある文言を”まごうことなき神のことば”
などと証する”福音派”という奇妙な宗教(キリスト教もどき)
ができてしまったと私は思っています。

”神のことば”とは聖書という書物に書いてある文言ではなく、
創世記の初めに創造主の神の口から出た、”光あれ!”
に続くことばのことで、これが”Logos"で、肉体を取る前の
キリストのことだというのが、本来の神学です。

”ことば(Logos)によって世界は造られた”

聖書はもともとユダヤ民族のものですが、
旧約はヘブライ語/アラム語からギリシャ語に訳され、
(70人訳;セプチャギンタ)
新約は初めからギリシャ語だったそうです。
聖書の神を表すのに、やはり古代ギリシャ人の知恵が
必要だったのでしょうね。

”Logos”が中国では”Tao”、そして中国に宣教した
CMウィリアムズという宣教師が、その後来日して学校(私の母校)や
病院を建て、説いた言葉が、

”道を伝えて、己を伝えず” ・・・・だったそうです。
この”道”は日本語の”みち”ではなく、やはり中国語の”道Tao"
だと私は思います。ウィリアムズ先生は中国語が堪能で、
日常会話はおろか、説教まで中国語でされたそうですから。

ウィリアムズ先生のことばをPAOさん流に言い換えると、
「”世界の理性”を伝えて、”自己流の理性”を伝えない」
・・・ということになりましょうか。

よろしかったらこれをご縁に交流よろしくお願いいたします<m(__)m>

P.S.
HN”ピーメン”は、最古のキリスト教;正教会でもらった聖名です。
しかし”宗教としてのキリスト教”には興味を失いました。
聖書やギリシャ哲学や仏教や易学etc.・・・広く薄く学びたいと
思っています。



Re: エン・アルケー・ヘン・ホ・ロゴス

ピーメンさん

興味深い話ありがとうございます。

”道を伝えて、己を伝えず” いい言葉ですね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX