« ホーム »

そうであることと異なることを望まないで下さい

caring-teacher-1622554-640x480.jpg

すべてを、すでにそのままであるようにしている変わることのない方法は ― それがたとえ何であろうとも ― 存在します。

あなたが気分がよく感じているなら、それをそのままにしてください。
あなたが気分が悪いと感じているなら、それをそのままにしてください。
あなたの感情的であれ、身体的であれ、精神的な状態であれ、それがどうであろうとも、そのままにしてください、そして、それが異なっていることを望まないでください。 そうであることと異なることを望むならば、あなたは永続的ではいられません; あなたは、経験をえり好みして、コントロールしようとしています。
~ アジャシャンティ

Abiding means letting everything be as it already is - no matter what it is.
If you're feeling good, let that be as it is.
If you're feeling bad, let that be as it is.
No matter what your emotional, physical, or mental state, let it be as it is and don't wish it to be otherwise. If you want it to be different from what it is, you're not abiding; you're picking and choosing and trying to control your experience.
- Adyashanti

ありのままを受け入れること、それ以外にあなたが永続的に安定していられる方法はありません。

そうであることと異なることを望むなら、あなたは事実を歪めて、自分の思うとおりにコントロールしなければなりません。

しかし、ものごとがそうであることは、そのありのままで在ることだけが、普遍で永続的な状態なのです。

あなたの考えで現実と違う解釈をして、そうであるかのように扱っていると、いづれあなたは行き詰まります。

現実を無視すれば、上手く行かなくなるのは当然なのです。

あなたは、それが何であるにせよ、ありのままに扱わなければなりません。
あなたの期待や、偏見で、現実と異なる成り行きを望んでも、まもなくあなたは上手く行かなくなってきているのに気がつくことでしょう。

あなたのやるべきことは、現実を思ったように操ることではありません。
あなたが自然のあるがままに合わせて生きることです。
普遍の在り方に合わせて生きるとき、あなた自身も普遍の存在として生きることが出来ます。

それ以外のことは、あなたが関わることではありません。
あなたは、永続的な在り方に合わせて生きるとき、もっとも活き活きと生きていけるのです。

それとは違う生き方が、あなたを誘惑することはたくさんあるでしょう。
こっちのほうがおすすめですよ!という誘いに乗らないでください。
たしかにそれは、理にかなって見えるかもしれませんが、それがそうであることこそが、永久的な在り方なのです。

「道は言葉で言い表せるようなものではない」と言われると難しくて困惑してしまいそうですが、何事もあるがままに永続的に存在している在り方をみて、それに従うならそれで間違いはないのです。

そうであることと異なることを望まないでください。
あなたの望みで現実を歪めたりしないかぎり、あなたは王道を進むことが出来ます。



関連記事

ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
9位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX