« ホーム »

どうにもならない事実を認めること

鉢植えの植物を、育てているという方も、多くいらっしゃるでしょう。

都会でも、マンションでも、ベランダなどで育てることが出来ます。

鉢植えの植物は、しかし水をやるのを忘れれば、枯れてしまいます。
あるいは、水をやりすぎても、腐らしてしまいます。

そこでは、人間の操作が、植物の生育に影響を与えます。

自然界の植物では、人為的な操作はありません。
植物が育つのに、必要な水分や栄養分はすでに揃っていて、継続して与えられます。

人間がやり忘れたからといって、自然の植物が枯れてしまうことはありません。

しかし自然界だって、環境が悪い所では、植物は育たないといわれるかもしれません。

もちろんそうです。
水分の確保できない土地では、植物は育ちません。
養分が充分確保できない土地や、光が当たらない土地では植物は育ちません。

しかし、見方を変えれば、植物が育っているのは、条件の揃ったところであり、条件が悪ければ、植物は少ししか生育できないでしょう。

あるいは、その条件にあったものだけが、生きることが出来ると、言い換えてもいいかもしれません。
それが自然というものです。

動物と果実


ところが、人間は、この条件、環境に左右されずに生きることを目指してきました。

たとえば、農業を行うことで、生き延びてきた人達は、最初は農地のそばに住むことが必要だったはずです。

しかし、ものを流通させるということを、考え出した後は、私たちは、必ずしも食物のとれる場所のそばに住む必要はなくなりました。

それどころか、本来は、人間にしろ動物にしろ、住むことが出来ないような、コンクリートの箱の中で暮らすことも当たり前になってきました。

必要ならば、まわりの環境をコントロールすればいい、そういう考えで、あらゆることを人為的にコントロールしようとしてきました。

おかげで、現代では、あらゆる場所で、快適な生活が出来る様になりました。

そのこと自体は、問題ではないのかも知れません。

ビデオ鑑賞


しかし、この考え方は、私たちに、何でも人為的にコントロール出来るかのような、幻想を作り出してしまいました。

私たちは、必要があれば、スイッチを押せば希望が叶う、という生活が当たり前だと思い込んでしまいます。

「あらゆることに、希望のスイッチが存在する」こういう考えに慣れすぎてしまった。

その結果、私たちは、「希望のスイッチ」が存在しないもののことを、忘れるようになってしまいます。

自分の思い通りにならないこと、そんなものを見たら、「何かの間違いだ」とか、「そんなものは存在しない」と、見て見ぬふりをしようとします。

しかし、それは、厳然として存在するはずです。
人間がコントロール出来ることには、限界があります。

何でもコントロール出来るスイッチがあるという幻想は、実は穴だらけなのです。

わたしたちは、普段からこのことに気づいています。
どうしようもない、受け入れるしかないことがあることをです。

しかし、「それは認めたくない」、だから「そんなものは存在しない」とし無理矢理信じ込もうとします。

子どもたちがゲームをしていて、誰かが負けます。

素直に負けを認めて、またやろうと思う子どももいれば、
なかには、どうしても自分の負けを認めようとはしないという、子どももいるものです。

自分が負けたのではなく、ルールがまちがっていると言いたいようです。

私たちの信じ込みは、負けを認めない子どものようなものです。

すねる


だれも、自分が嘘をついていることに気づいています。

どんなに誤魔化しても、どうにも出来ない事は、厳然として存在することをです。

いまここで、言おうとしているのは、悲観的になろうと言うことではありません。

しかし、このようなことは、嘘であると認めて、現実を直視する必要があるということです。

嘘をついていると、ひとはそれが重荷になります。
何かにつけて、それが不快な感情を呼び覚まします。

これらを抱えていては、いつまでも、全面的に安心することは出来ません。

そんなことぐらい、大して影響ないだろうと言われるかも知れません。
そうかも知れないし、そうでないかも知れない。

認めることが困難な時に、それを否認する、なかったことにするという防衛規制は、誰にでもあることですが、できるなら認められることは認めた方が健康にいいでしょう。

いつかは、直面しなければいけないことは、自ら手放した方が、自由になります。
自分の肩の荷を下ろすことが出来ます。

自分の負けを認めない。
探せば解決が見つかると、永久に探し求めるふりをする。
そんなものは、存在しないと否認する。

自分自身には、嘘はつけません。

正直に、自分の敗北を認めることは、あなたを解放します。
いつまでも、不敗の神話を守るために、嘘にしがみつく必要がなくなるのです。

どうにもならないことを認めることで、新しい前提からのスタートが始まります。

それを先延ばしにすることは、いずれ直面する困難を避けて、再スタートの時機を逸してしまうことにつながります。

やりなおすなら、早いほうがいいこともある。
そんなことも、考えてみてはいかがでしょうか。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 





[関連記事]
揺れ動いているのが生きてる証拠
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-20.html
手放すのが唯一の解決
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-47.html
変わらないこととは和解しましょう
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-129.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですよね~
心に引っかかっているなら
「ごめんなさい」
って言って、やり直したほうがスッキリしますよねぇ

よし!そうします!
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
24位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX