« ホーム »

人とコミットするということ2

人にはそれぞれ自分の表現方法に
得意なものと、不得意なものがあると思います。

自分を表現する方法は、
直接相手と向き合って話をする、
目を合わせないけど話をする、
文章で表現する、
言葉以外で表現する、
などなどいろんな方法があります。

人はどうしても自分の得意な表現方法を
使うことになりますし、
相手にもそれを期待しがちになります。

そして、その方法で相手と通じないと、
なんとなく自分には合わない人だとか感じて、
その人との接触をあきらめてしまう場合が多いのではないでしょうか。

これでは、わかり合えたかも知れない交流の機会を失ってしまいます。

時には、自分の得意な表現方法というのをチェックしてみる。
また、なにを表現したいのか理解できない相手に対して
別の方法で交流できないか考えてみるのもいいかもしれません。

それに、普段自分が意識できている方法が、相手との関わりの
すべてとは限りません。

意識できているもののほとんどは、言葉を使った交流方法に
なりがちですが、じつは、無意識に交流している部分の方が
大きな影響を受けている場合があります。

何かで読みましたが、向き合っている人と同じ動作を、
コチラが続けていると、だんだん気づかずに相手の人は、
こちらに好感を持ってくるそうです。

こうしたノンバーバルなコミュニケーションというものが、
実は、相手の印象というのに大きな働きをしているわけです。

話を戻しますが、いつもの交流方法をいったんやめて、
ひたすら相手の描き出すものを、そのまま受け止めてみる。

すぐに言葉を挟まずに。

すると、相手の表現したいものが、見えてくるように
なるかも知れません。

特に、言葉に頼りがちな人は、しゃべるのをやめてみることです。
多弁は、相手への攻撃にもなるし、自分自身を自分の言葉で
縛ってしまうことにもなります。

少し本題とずれるかもしれませんが、最後に、

すがすがしい静けさ
それだけが
この世を正す力なのだ

老子45章
『LIFE』 加島 祥造 PARCO出版 (2007/12)







気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

タオについて

こんばんは。
先日ブログにコメントいただきました、「ツインズママ」です。

実はつい先日読んでいたユングの著書の中に、“タオ”の文字が出てきたので、paoさんを思い出しお邪魔しました。

早速、ユングがタオについて書いた記述をご紹介します。

「中国の古代哲学はこの内的な道を「タオ(道)」と呼び、否応なくその目的地に向かって流れていく河の流れにたとえている。タオのなかにあるというのは、完成、全体性、到達した目標、実現した使命、始まりと終わり、そして、生まれながらにもつ存在の意味の実現を意味している。人格とはタオなのである。」

タオに意識を向けておられるpaoさんは、これを読んでどのように思われたでしょうか。

ユングは中国思想にもかなり興味をもっていて、研究していたとは知っていましたが、paoさんからタオについてお聞きした数日後に、ユングのタオに関する記述を読んだことは、私にとってはかなり興味深い出来事でした。

ユングが説いている「内的な道」や「人格」といったものは、かなり奥深い内容になっていますが、それを最後に一言でタオであると結んでいました。

「タオに生きる」とは、理想であると同時に、かなり困難で険しいものなのですね・・・。
私の場合はユングを通して、タオを少し理解できました(^^)

Re: タオについて


ツインズママさん こんにちは

コメントありがとうございます。
ユングが東洋思想に興味をもったことはよく知られていますね。

> 「中国の古代哲学はこの内的な道を「タオ(道)」と呼び、否応なくその目的地に向かって流れていく河の流れにたとえている。タオのなかにあるというのは、完成、全体性、到達した目標、実現した使命、始まりと終わり、そして、生まれながらにもつ存在の意味の実現を意味している。人格とはタオなのである。」

この言葉は、始めて読みました。
「人格とはタオなのである。」と言い切っていますね。
ユングについては詳しくないので、彼のいう人格の意味をよく知りませんが、基本的には
西欧思想の自我とか頭で考えるものが自分であるという考え方が根底にある様な気がします。

私が思うタオとは、全てのものがそこから始まる根源的なものであり、
タオからすれば、人間とか自我とか人格といったものは、
そこから派生した1つの表れに過ぎないもの、ちっぽけなものという風に
とらえています。

つまり、人格や自我といったものは、人間の後天的なものが中心の意識できる部分に
過ぎなくて、その裏側に流れるものがタオであると。

そして、タオはそれ自体を具体的に知ることは出来ないけれど、
何かの折に、タオに近づく体験をするものであり、その時に感じる
安心感、一体感によって、社会的な存在だけが自分ではないことを
思いだし、と振り返ることができるものだと考えています。

ただ、ユングによってタオを知るというのは、充分あると思いますね。
また、老子は英語訳を読んだ方がわかりやすい場合も多いと感じます。
英語という言葉の特性かも知れませんが、ずばり言い切ってくれるところが
わかりやすいですね。





ユングのいう「タオ」について

paoさん、こんにちは。
コメントへのお返事ありがとうございました。

ユングのいうところの「タオ」についての意味は、
根本的には、paoさんが「タオ」について持たれている見識と、
ある意味では同義だと思います。

「人格とはタオなのである。」という一文の前に、「内的な道をタオ
と呼び」と書いていますが、この内的なものとは、いわゆる
「無意識」であって、ユングは無意識から意識が生まれると
言っています。

無意識は、意識や自我を包括する根源的なものですし、確かにそれ自体を理解することは不可能です。

これらのことは、paoさんがタオについて理解されていることと、表現の差こそあれ、同じではないかと私は思いました。
(paoさんのご意見に関する、認識誤りがあるかもしれませんが・・・)

そして、ユングのいうところの「人格」とは、無意識を取り入れた意識、その個人が生まれながらにして持っている本来の属性なのだと思います。(“たましい”ともいえるかもしれません)

私はユングのタオに関する解釈をそのように理解していたので、pao
さんのタオについて記述されている内容を読んで、一層「タオ」についての認識が深まった気がしました。

何度もお邪魔して失礼しました^^;
でも楽しいディスカッションでした♪


Re: ユングのいう「タオ」について

ツインズママさん
いろいろコメントありがとうございました。
私のユングの知識ではあの程度のことしかかけませんでしたが、
また、何かありましたら教えてください。

「ユングは無意識から意識が生まれると言っています。 」と書かれいますから、タオから意識が生まれるというのとほぼ同じなのでしょうね。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX