« ホーム »

名コンビ

小説やドラマの世界では、様々な名コンビが登場します。

ちょっと思いつくものをあげてみると、

ポパイとオリーブ
トムとジェリー
サマンサとダーリン
ホームズとワトソン
ポアロとヘイスティングス
トミーとタペンス
ナポレオン・ソロとイリヤ・クリアキン
白バイ野郎、ジョンとパンチ
刑事スタスキー & ハッチ
ドラえもんとのび太
あぶない刑事のタカ&ユージ
相棒
天才マジシャン山口奈緒子と天才物理学者・上田次郎

尾行する探偵


ちょっと古いものが多いとか、もっと有名なコンビが抜けているような気がしますが、
コンビといわれる二人に言えることは、同じタイプの人達ではないということですね。
多くの場合、お互いがその特徴を生かしながら、書けている部分をもう一人が補っていくという傾向があると思います。

人間のタイプ分けというのは、多くの分類があると思いますが、ここでは補い合うタイプということで、こんな性格傾向を考えてみます。

タイプA」
どちらかというと悲観的。
現実的で、何かをしようと思ったら、どのような経費や労力がいるのか、どのくらい時間がかかるかを把握しようとします。
堅実な人付き合いが出来るタイプで、コミュニケーションの能力もあり、自分の感情にも敏感です。
このタイプは、問題の存在を発見したり、可能性を予測することに長けています。

                考え込む男性


「タイプB」
どちらかというと楽天的。
理想を追いかける人です。
愛想がよくて社交的ですが、あまり疑うことをしない無邪気さがあります。
ときどき、思いつきで大胆に決断してしまい、自分の能力を超えたことまで約束してしまうところがあります。
このタイプは、現在の状況を変えて、新しい変化の流れを生み出すことが出来ます。

             大人女性1


いってみれば、タイプAが現実的に、問題を見つけ出し、タイプBがこれを解決する役割を担うとき、理想的なコンビとなれるでしょう。

このようなタイプというのは、もちろん一人の人間の中でも、両方の面を持っているわけですが、人によって優位な方が目立つということでしょう。

楽天的と悲観的、ポジティブとネガティブというのも、片方が絶対的に大事というものでもないでしょう。

ポジティブばかりでは、問題の存在を見落としたり、自分の健康を過信して無理をするようなこともあります。

そして、カップルとして、このようなタイプがうまく補い合っているのは、理想的だと言えるかも知れません。

ただ、パートナーとの関係になれすぎてしまうと、自分の苦手な面をパートナーに頼りすぎてしまう面も見られるかと思います。

その時、これはパートナーの仕事だ、自分は関わらないというように、あまりに任せすぎてしまうと、いったん問題が起きた時に、それは相手の責任だと思ってしまうこともあります。

「それは、お前の担当だろう!」と相手に責任をなすりつけるのも、困りものです。

しかし、本来あなたにも、その部分を担う責任というものはあったわけですから、それを見失うような関係になってしまうのも問題があります。

できれば、時々役割を入れ替えて、自分が普段負わない責任を取ってみるというのも、両者の関係にとっても、またご自分の枠を広げるためにも役に立つことだと思います。

時として、探偵役と助手役が入れ替わってみるのも、楽しいのではないでしょうか。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
短所を見なおしてみよう
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-57.html
解釈しなおしてみたら
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-77.html
「怒り」の感情について
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-79.html

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

山口奈緒子と上田次郎、最初誰のことかスグに分からなくて
しばらく???でした(笑)
僕は、どちらかというとタイプBですが悲観的なタイプBのよう
な気がします
パートナーとは、バランスを取るために無意識に逆の性質を
もつようになるようですね!

Re: こんばんは!

はねさん いつもありがとうございます。
そういえば、タイトルか役者名がないと、難しいかったかも知れませんね。
トリック
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX