« ホーム »

対象にのめり込む前に、対象に惹かれだして自分に気がついてみよう

caring-teacher-1622554-640x480.jpg 

「常に欲無きもの、もってその妙を観、常に欲有るもの、もってその徼(きょう)を観る」
故常無欲,以觀其妙,常有欲,以觀其徼
老子道徳経 第一章
「永久に欲望から解放されているもののみ『妙』(かくされた本質)をみることができ、決して欲望から解放されないものは、『徼』(その結果)だけしかみることができない」

何かを必死で探し求めていると、
それさえ手に入れば
すべてうまくいく様な気にさえなってきます。

だけどそれが手に入っても、
せいぜい目の前の問題がひとつ片付くだけなんですね。

それでも、他の事が目に入らなくなるのが
こころのくせというものでしょうか。

無欲で見れば、そこに「妙(みょう)」が見えて来る。
欲にかられて見れば、そこに「徼(きょう)」が見えて来る。

「妙」はきれいに澄み切った様子。
「徼」は欲がぶつかる世知辛い世の中。

「妙」に住みたいと願いながら、
いざ動こうとすると
「徼」に突入しようとしているのが私たちのようです。

以上は老子の第一章に有る表現ですが、「妙」にとどまって、「徼」に入り込まないでいることを、別の表現から見てみましょう。

私たちは、対象に惹かれて、それが欲しくなり、段々とそれにのめり込んでいきます。

いったん入り込んでしまえば、今度はその対象と同化し、それこそが自分の一部分になったような気になります。

そうなると、後はそれを弁護し、それを守ろうとする自分が出来上がってしまうのです。

普通はそれから離れていることは難しいのですが、対象に惹かれだした時点でそのことに気づき、自分がそこに入り込んで行こうとする、まさにその自分を離れて観ることができれば、対象とは離れた位置にあるあなたに気がつくことが出来るようになります。

対象とは、最初、あなたにとって対象でしかなかったように、いつになってもあなた自身ではないのです。

あなたは様々な対象に囲まれ、取り込まれたり、取り込んだりしながら、自分が変化したと感じるわけですが、対象の存在にかかわらず、あなたという存在がそれらから離れて存在することに気づくのです。

具体的にあなたはこういう人間ですと表現することは、他人にとっても、自分にとっても、わかりやすいし、それが当たり前だとみんな思っています。

しかし依然として、あなたはあなたであり、対象で着飾っても、本当のあなたが変わってしまうわけではないのです。

ですが、対象があなたではないとは言えても、それでは対象と依存しない自分とは何かを表現することは難しいのです。

表現できる対象となったものは、後から作られ名前を付けられたものであり、思考が扱うには都合のいいものです。

しかし、いつまでたっても、それ自体があなたではないということを忘れないことです。

「妙」に住み続けるには、「徼」がおいでおいでと歓迎しても、耳をかさずに「妙」にいて、「妙」を味わいつくすことです。

最初のうちは、気がついたら対象に取り込まれてしまっているかも知れません。
それでも気にせずに、対象はいつまでも自分自身ではなく、離れたところからそれを観つづけます。

やがてあなたは、「妙」にとどまることが容易になるでしょう。

華やかな「徼」に取り込まれることが、あなたを惑わせていると気がつくことです。

「妙」にとどまることが、それよりも深いものをあなたにもたらしてくれることを体験しましょう。

「徼」ほど、華やかだったり、具体的だったり、魅力的に見えないかもしれませんが、「妙」を理解し、そこに住むことこそが本物を感じさせてくれるのを知るのです。

結果が出なければ(徼)、いくらそんなことを言っていても挫折してしまうだろう。
そう考えて、いくらも経たないうちに「徼」に入り込んでしまう人も多いでしょうが、その人たちは、「妙」をもっと知ろうとしません。『妙』にとどまって、そこにある言葉に出来ない世界を味わってみることを、はなから信じようとしないのです。

青い鳥は、「徼」の中には見つかりません。
ようやく我が家「妙」に戻ってみて、最初からそこにいたことに気がつくのです。

関連記事

ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
15位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX