« ホーム »

後悔する生き方

あなたは、ときどき過去を振り返って後悔します。

「学校に行かなかったこと」「こどもを持たなかったこと」「若い頃充分に楽しめなかったこと」「結婚したこと」「結婚しなかったこと」「離婚したこと」「離婚しないでいること」。。。

なかには、後悔することに、おぼれてしまう人達がいます。

そういった人達は、人生を後ろ向きに歩きます。

現在の出来事や、新しい可能性というものを見ようとせずに、「うまくいかないこと」にだけ関心を持ちます。

後悔に溺れる行為は、不幸に焦点を合わせて、ひたすら後退する生き方を学習した、あるいは教え込まれたものです。

後悔型の人は、未来を見ても、ずっと自分は変わらないままという前提で見るため、過去の出来事が再現するのを未来にも見て取ります。

          困惑


変化を拒むことは、他の思考パターンと同じように、あなたの生き方を制限し、自発的な感情を殺すことで成り立っています。

変化を拒む時には、いつも恐怖が主導し、変化しないことで、予期しないことが起こるのを防げるという、そのことのために他の事を犠牲にするやり方です。

後悔し続けることは、なじんでしまった後悔する生活にどっぷりつかって、新しい展開、可能性を拒み続けます。

後悔型の人は、自分の将来にも、後悔し続けている自分の姿を思い浮かべています。

後悔というのも、その人が子どもから大人になる過程で、身につけてしまった生き方の筋書きがもとになっていることが多いようです。

親は「お前たちを育てていくために、やりたいことも我慢して仕事をしてきた。」といいながら、自分の出来なかったことを後悔するメッセージを子どもに伝えます。

このメッセージは、子どもに、「親の後悔を大事に受け取って、そのことで罪悪感を感じつづける」ことを強要しかねません。

             叱る母親


あるいは、「そんな風に自分勝手なことばかりしていると、今に後悔することになりますよ」というより直接的なパターンのメッセージもあるでしょう。

このようなメッセージを通じて、あなたは多かれ少なかれ、後悔する生き方を自分の中に取り込んで行きます。

「今に後悔する」とは、今自分が自発的にやっていることを「するな」というメッセージにつながります。

大人になっても、「こんなに自分だけ楽しい思いをしていると、きっと後悔するだろう。」「だから楽しみは、ほどほどでやめないといけない。」という自分の内側からやってくる禁止命令を感じるのです。

仲間と一緒に、思いっきり楽しんでいる時、ふとこのようなメッセージがあなたに蘇ります。

それは、何か漠然とした感情として受け取るため、どうしていいのかわからないけれど、このまま続けていると、よくないことが起きそうに感じられます。

結果として、あなたは今やっていることをやめる理由を何か思い出し、早々に引き上げることになるのです。

しかし、後悔することは、全て否定されるべきものとは限りません。

あなたが子どもの頃、遊びほうけているのを、現実に引き戻すために親がいった言葉のように、あなたに適度なところでバランスを取り戻すための、役に立つかも知れません。

問題になるのは、後悔に溺れてしまうことです。

目の前にある現実を拒否して、そのまま見ようとしない。
新しい可能性を否定してまで、後悔するパターンに戻ろうとする。

          ためいき1

このようなやり方が、今の生き方を浸食するようになってしまうことです。

もしあなたが、後悔することが、今の生き方を邪魔していることを感じるなら、普段から注意してその時の感情を観察してみましょう。

感情ではなく、頭で考えようとすると、なにかしら、もっともらしい理由を作り出すだけで、パターンから抜け出すのは難しいでしょう。

考えるのではなく、その感情と一緒にいて、批判せずに、何をしようとするかを見守ることです。

パターンが発見できたら、それを誇張して表現してみるのもいいでしょう。

誇張してみることで、「なんでこんなばかばかしいことを気にしているのだろう」と感じられたら成功です。

後悔することを続けようとするのは、いままで自分のやってきたことが、すべて無駄だったと信じるのが、受け入れがたいのかも知れません。

しかしそれでも「もう、こんなうんざりすることは、止めにしよう」と思える自分を少しずつ強化していくのです。

「今に後悔することになるよ」という言葉は、ありがたく受け取って、それでも自分は、今はこれを続けると、そう宣言してみることです。

親が子どもを育てるために自分を犠牲にする、ということもあるかも知れませんが、だから子どもは後悔しないといけないわけではないのです。

あなたが、それを繰り返すなら、自分の子どもにも同じことを強要することになります。それが、代々受け継がれていくことになる。そのパターンを、あなたのところで、打ち止めにすることも出来るのです。

後悔することは、強要される方も、強要する方も苦痛を感じるし、自分をそのことで制限しなければなりません。

やせ我慢も、時と場合で害毒になります。

          2つの感情


後悔している自分に気づいたら、メモしておいて、あとで振り返って見ることも有効な方法でしょう。

こんな問いかけをしてみるのも、いいかもしれません。

「この後悔を一生懸命続けたら、どんないいことがあるだろう?」

他の人に言っているつもりで、ばかばかしくなるまで、唱えてみましょう。

「後悔しなさい。後悔しなさい。もっと後悔しなさい。そうすれば悪いことは起こらないんだよ!」

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
YESだけの村
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-132.html
あなたの感情の傾向を知りましょう
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-158.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX