« ホーム »

まったくの自由だ 面白かろうがね~Absolutely Free to Be Funny



OSHO: Absolutely Free to Be Funny - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=otGQqO2TYMI

以下は OSHO Japanese より引用

まったくの自由だ 面白かろうがね
~Absolutely Free to Be Funny
「私は人びとを動揺させるのが好きだ。なぜなら動揺させることによってのみ、彼らを考え込ませることができるからだ。彼らは数世紀にわたって考えることをやめてしまっている。彼らを動揺させる者は誰もいなかった。人びとは互いに慰めあってきた。私は誰も慰めるつもりはない。なぜなら、慰めれば慰めるほど、彼らは知恵遅れに留まるからだ。動揺させ、ショックを与え、強くたたいて、試練を与える。その試練が、彼らの潜在能力を頂点まで高めるだろう」
日本語字幕つきOshoの講話です。
右下のアイコンから、キャプションをJapaneseに選択すると
日本語字幕がつきます。約10分の無料ビデオです。エンジョイ!



『彼らを動揺させる者は誰もいなかった。人びとは互いに慰めあってきた。』

このことを別の言い方をすれば、こういうことです。

私たちは、信念なり、信心を捨てると不安になる。

別の人は占いのたぐいを信じたがる。

なんであれ、何かを信じてそれをよりどころにしたがるということです。

その信念の内容がいかに論理的でもっともらしく見えようと、何かに頼っていることに変わりはありません。

その内容は、時には自信を持たせてくれるものに映るでしょう。

しかし、事態が信念と異なる様相を見せてくるとき、かならず不安が生じます。

不安を感じても、そんなものはないかのように、ますます信念を強固なものにしようとします。

そんな時、信念や、占いの内容などを否定してくる人に出会うと、不安を感じないように反発したり、相手を攻撃しようとします。あるいは、完全に無視しようとします。

ですから、そこから抜け出すためには、『動揺させ、ショックを与え、強くたたいて、試練を与える。』ことが必要になるのです。

誰を否定したり、攻撃しても、自分の不安は結局は消し去れないことに気づいて、それを認めるなら次のステージが見えてくるでしょう。

みんながやっているから、自信ありげな人がみんなそういうものを持っていると信じているから、私もお守りがなにかほしいいと思ってきたのです。

お守りをきっぱり捨てて、なんの武装もしないで、そのままでいてください。

最初は不安で、すぐに自分の中で討論を始めてしまうでしょう。

お守りを捨ててしまうなんて、とても考えられない、そんなことをするのは、人生を捨てた人間のすることだとでも言うようにです。

それでも何も持たずに、武装もお守りもなしで、ただ自分自身でいてください。

そうすれば、自分が今まで頼ってきたもの、信じてきたものに、本当は何の根拠もないことがわかってくるでしょう。

不安で耐えられなくなると思っていた事態も、実際にやってみれば、何事も起こらないことを発見するでしょう。

頼るものはなくても、本来人は生きていけるのだとわかるでしょう。

自分自身で考えるということも、当たり前にできるようになります。

自分がなにを期待するかではなく、起きることは起きるのだと認められるようになり、受け入れることが自然にできるようになります。

武装しなくても、あるいはお守りを持たなくても、それが当たり前になってきます。

必要なときに、必要な反応をすればいいだけだとわかり、何が起こってくるか解らなくても、不安ではなくなっていきます。

空約束などなくても生きていけるとわかってくるでしょう。

不安という言葉も、いままでみたいに現実離れしたものではなくなっていくでしょう。

そして、ようやく『いま』にとどまることができるようになるのです。


関連記事

ACR WEBブログパーツ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
22位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX