« ホーム »

あの人なら賛成してくれるはず~しかし

a0001_015106.jpg

あの人なら賛成してくれるはず。

そう思って、とても確実な結果を期待します。

しかし、意外にもあの人は賛成しませんでした。

こんなにも期待し、確信していたのに、あの人は賛同してくれませんでした。
期待していたのに、あの人は私を理解してくれなかったのでしょうか?

そうではありません。
あなたの期待を感じると、無理に賛同してしまう人よりも、その人が賛成出来ないことは、はっきりノート言ってくれる人にあなたは出会っているのです。

賛成してくれてもいいのに、私の考えだから賛同してくれるはずだ。
そんな期待は、なんの保証もありませんし、あなたは自分の考えにいつも賛同してくれる相手を求めてしまったのです。

あなたが相手の不同意にため息を漏らしたとしても、相手は意見を変えないでしょうし、それでこそあなたが信頼できる相手だといえるでしょう。

相手には相手の考えがあります。あなたの意見に反対してでもそれを言ってくれた人は、あなたにとって貴重な存在です。

あなたの考えを否定してでも、自分の考えを言ってくれる相手にあなたは出会えた、そのことをもっと大事にしなければなりません。

あいての反対を受け止められてこそ、あなたと相手は対等な関係を築けるのです。

あなたがそれでも、自分の考えを主張したいのなら、それ聞いてくれるのも、反対できる相手だからこそです。

あなたは、自分の期待通りに正解が動くことを期待すべきではありません。

しかし、人はあからさまにそう言わないことが普通ですが、だからといって期待するのはあなたの見当違いな思い込みです。

素直にノーを言ってくれる人こそ、あなたにあるべき方向を示してくれるでしょう。

あなたが大切にしなければならない相手だと思いませんか?

あなたの反対を恐れる気持ち、低水準な賛成だけを求めている傲慢さを、勇気を持って打ち破りましょう。

あなたは、ずっと生きやすくなった世界を知るでしょう。

あなたは自分がノーを言うこともたやすくなります。

期待とは、あなたの中のいつまでも捨てられないお伽話にすぎません。

それを捨てた時、あなたは自由になります。

あなたの選択の幅が、驚くほど拡がるのです。

関連記事を紹介しておきます。


見返りを求めないでみる


子どもたちが友達と遊んでいます。



誰かが自分がやりたい遊びをやろうよと言いますが、「いやだ、やらない」と言う子もいます。



言い出した子は「もうあのことは遊ばない!友達じゃない」と言いたくなる。



「友達なら自分が求めることには賛成するべき」



という暗黙のルールがそこにはあるわけです。



大人になってもそれは変わりません。



「自分を大切にしてくれる人は、自分の考えに賛成してくれる人であるはず」



そう信じているので、例外が発生すると動揺し慌てることになります。



「悪いけど、今回はその考えには乗れないね!」と言われたら。。。



ルールをあまりにも信じていると、相手が自分とは独立した存在であることを忘れてしまいます。



「この人はどんなときだろうと私の望みをかなえてくれるはず」と思い込んでいるので、



ちょっとした反対に出会うと、ナイフでぐさりとさされたようなショックをうけてしまうのです。



あげくは「あの人は、心変わりしたんだ」、もう自分の期待する人でなくなったと極端な考えに走ります。



しかし、ここで冷静になって考えて見て下さい。



「悪いけど、今回はその考えには乗れないね!」とか、「○○は好きじゃないから、遠慮しとくよ」というのは、おかしなことでしょうか?



それは違反だという考えと、人には自分の好きな選択をする権利があると考えるのと、どちらがより正しく思えるでしょうか?



問い直せば、わかることの筈です。



ですが、「自分を大切にしてくれる人は、自分の考えに賛成してくれる人であるはず」という考えが染みついてしまうと、とんでもない裏切りが起こったように動揺してしまうのです。



「いいよ、そういうつもりなら、付き合うのをやめよう」



言葉にして言うか、ただ自分の中で密かに決めてしまうかはわかりませんが、



冷静に考えれば奇妙なことも、それが当然のことのように思えてしまうのです。



このルールを守って、自分も相手に「あわせる」ことを自分に言い聞かせ実行しているている人ほど、他の人からの「見返り」を期待するようになります。



そして、裏切られたという感情もより強い得ものになってしまうのです。





しかし、このようなやり方は、うまくはいかないでしょう。



人は自分のやりたいようにやる方が自然なルールなんですから、その範囲内でならで賛成するでしょう。



しかし、どんなときもそのルールを守れと言われたら、それはできないと拒否するのが当たり前なのです。





わかっていながら「見返りを求める」ことをついついやってしまいます。



しかし、期待して待つのはとても苦しい時間を作りだします。



「もし期待を裏切られたら、そうなったらどうしよう、仕返ししてやるから、早く返事が欲しい。。。」



「期待している私は悪くないはずよ、もしNOだったら悪いのはあの人の方!」



相手にNOを言う権利はあることを十分わかりながら、それを一方的に期待している後ろめたさを、なんとか誤

魔化すためのいいわけを探そうとします。



契約した商取引なら、守ってもらわないと困ります。



しかし明文化されているわけではない暗黙のルールは、気づかないうちに私たちを「いらつかせ」たり、「いたたまれない」思いに陥れます。



結構ありがちなストレスの原因ではないでしょうか。



何でこんなに苦しい思いをしているのかと思ったら、無理な見返りを期待していないか考えて見るといいかもしれません。



それに気がついたら、あっさりその期待を手放して、他の確実な関係に係わった方がずっと建設的なのです。



相手のせいだと言いはって譲らないとき、痛手を受けるのは他ならぬ自分だけなのです。



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して低料金で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX