« ホーム »

受け入れるという道

わたしたちは、普段何かにつけ、「あれをどうしよう」「次はどう変えていこう」というように考えます。

「何か」を「どうにかする」と考えることが、生きることであるかのようです。

長い間、私たちはこのような思考が身についてきました。
遺伝子に組み込まれてきたのかも知れません。

科学の進歩と呼応するかのように、人間の力で何かを変えたり、作り出すということが、人間の能力、人間の偉大さのように信じてきたわけです。

         書類を持って電話


しかし、外に働きかけるばかりの生き方を、すこし方向転換してもいい時期に来ているのかも知れません。

それは、自分の内側に目を向けて、あるがままを受け入れるという方向性です。

受容すること

なぜ受容を選ぶのか

それは受け入れない時、私たちは苦痛、不安、居心地の悪さなどの不快な感情を作り出すからです。

そしてその不快感から、その状況と戦おうとするのです。

この戦いは、自分の心の中で起こります。
それが、さらにあなたにもっと不快な傷を作り出すことになるのです。

受容する時、ひとは満足します。
新たな苦痛を作り出しません。

受容はそのまま受け入れること

受容は、その方が「好ましい」からとか、それが得られたら「うれしい」から受け入れるのとは違います。

また「仕方ないからいいことにしておく」というのとも違います。

        ハート3

それはただ、そのまま受け入れるということです。
無条件に「それはそういうものなんだ」とおもって受け取ることです。

ものごとが「そのように起きつつある」ことをそのまま受け入れるということです。
「起きたこと」をそのまま否定せずに認めると言うことです。

1.受容を選ぶのは、受容しないと、苦痛を作り出すからです。
2.受容を選ぶのは、受容しないと、無駄な戦いをすることになるからです。

まずは、この2つを認め、自分は受容する道を選ぶと言い切ってみることです。

そんなことはないと思うのなら、あなたはまだ外のものをコントロールし続けたいのでしょう。

きっとそのやり方でも、まだまだ道はあると信じたいからでしょう。

苦痛を作り続け、それと闘うという筋書きに、いつまでもしがみつきたいのかも知れません。

それは、あなたの選択です。

まだやり足りないと感じるのなら、とことんやってみることですね。

方向転換してみようかと、思う人なら、受容することを練習しましょう。

前述のように、私たちは「なんとかする」思考になれすぎてしまいました。

その結果「そのまま受け入れる」ということがどういうことか、わからなくなっているからです。

動物と果実


ひとつは、自然の働きを観察して、そのままであることを思い出すことです。
目的も、理由もなく、ただ生きていくことを思い出すことです。

まずは、目の前にあることを受け入れてみることを、実体験していくことです。

今日1日を振り返って、うまくいったこと、失敗したこと、それについてどう感じたのかということ、これらを一切批判を加えずに、ただ受け入れることから始めましょう。

誰かを傷つけるようなことを言ってしまったのなら、そのまま受け入れます。

罪悪感を感じないで、ただ自分はその行為を行った事実を、そのまま自分の一部として受け入れます。

もし罪悪感を感じたのなら、そのこともそのまま受け入れます。

それは受け入れられないと感じたなら、そう感じたことを受け入れます。

今日は、いつもの2倍も成果があったのなら、その事実をそのまま受け入れます。

自分はすごかったという評価をつけずに受け入れます。

すごいだろうと自分や他人に言いたかったのなら、その気持ちをそのまま受け入れます。
「いや自慢なんかしたくないよ」という自分がいたら、その自分も受け入れます。

受容すれば、これは受け入れるけど、あれはダメだとは思いません。

受容は、いつも無条件です。

OKお母さん


受け入れやすいかどうかとは関係なく受け入れます。
好きか嫌いかとは関係なく受け入れます。

ですから、やることは単純です。

考えなくても出来ます。
いや、考えないからできると言った方がいいでしょう。

考えるのは、選択したいからです。
選択をやめて受け入れます。

今日は天気が悪いことも受け入れます。
「なんで天気が悪いんだ」と怒ったのならその自分を受け入れましょう。
「天気が悪いと気が滅入る」と感じた自分を受け入れましょう。

考えたくなったら、考えようとする自分をも受け入れるのです。
思考の中に入り込んではいけません。
そのような時には、受け入れの拒否が起こっているはずですから、それを観察していましょう。

「受容すること」それは、今までの「何とかする」ことになれた自分から、もう一つの自分を取り戻す道です。

「受け入れるという道」は、今までのあなたにはなかった静けさをあなたにもたらしてくれます。

戦いに明け暮れた生活から、安らぎの生活を取り戻してくれます。

頑張らなくても何とかなるんだ、という発見をもたらしてくれます。

現実は難しいものではない、単純なのだということを知らせてくれます。

今まで何とかすることに活躍した自分が、そういう自分もいるんだというように見られるようになってきます。

今までの習慣は充分長かったのですから、あせらずに、少しずつ実体験を積み重ねていきましょう。

どのような習慣も、積み重ねが別の習慣に書き換えてくれるものです。

 あなたも、そろそろ静かになりますか?

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 




[関連記事]
変わらないこととは和解しましょう
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-129.html
無為
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-127.html
いまここでの体験
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-126.html
起きてくる出来事
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-134.html

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

受容!

まさしく今日、受容できずに傷つきました~
またまた目から鱗!そしてこのタイミングで受容に気付かせていただけて、すごくココロ穏やかになりました。
わたし、戦ってたんですね(笑)
気付くと恥ずかしい・・
そんな自分も受容、しますw

やっぱり受容ですね

はじめてのコメントです。
paoさん、掲示板ではお世話になっています。
そうですね、
僕らは、受容しないで、まず苦しんでしまいます。
受容という概念は、学校でも社会でもなかなか教えてくれません。
あっちこっちで頭ぶつけて、やっと知った大切な道です。

Re: やっぱり受容ですね

よしよしさん
メッセージありがとうございます。

>受容という概念は、学校でも社会でもなかなか教えてくれません。

意識していないと、受容しない方向の選択が、常識になっているところがありますね。

手が空いたら掲示板にも顔を出します(^。^;)
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX