« ホーム »

すべてを受け入れて、しかし何にもこだわらない心を持ってください。

m030009.jpg

すべてを受け入れて、しかし何にもこだわらない心を持ってください。
~ Tilopa(spacevagを通して)

Have a mind that is open to everything, and attached to nothing.
- Tilopa (via spacevag)

-----------------------------------------------------------------------
I used to go there, to the furthest corner of the river, just to sit, just to be there. There
was no need to do anything, just being there was enough, it was such a beautiful
experience to be there. I will take a bath, I will swim, and when the sun will arise I will
go to the other shore, to the vast expanse of sand, and dry myself there under the sun,
and lie there, and sometimes even go to sleep.

私はよく川の遠い端まで行き ただ座り ただそこにいた 何もする必要はなかった
ただそこにいることで十分だった そこにいることはそんなにも素晴らしい体験だった
私は水浴びをした 私は泳いだ そして太陽が昇ったとき 私は向こう岸の大きな砂の広
がりへ行った そして太陽の下 そしてそこに横たわり体を乾かした そして時にそこで
眠りさえした



When I came back my mother used to ask, “What have you been doing the whole
morning?” I will say, “Nothing,” because, actually, I had not been doing anything. And
she will say. “How is it possible? Four hours you have not been here, how is it possible
that you have not been doing anything? You must have been doing something.” And she
was right, but I was also not wrong.

私が家に帰ったとき 母はよく尋ねた “朝の間 あなたは何をしていたの” 私は“何
も”と言う なぜなら正確に私は何もしていなかった そして母は“どうしてそんなこと
があるの”と言った 四時間 あなたはここにいなかった どうしてあなたが何もしなか
ったなんて可能なの あなたは何かしていたに違いない” そして母は正しかった しか
し私も間違っていなかった



I was not doing anything at all. I was just being there with the river, not doing
anything, allowing things to happen. If it felt like swimming, remember, if it felt like
swimming, I would swim, but that was not a doing on my part, I was not forcing
anything. If I felt like, going into sleep. I would go. Things were happening, but there
was no doer. And my first experience of satori started near that river. Not doing
anything, simply being there, millions of things happened.

私はまったく何もしていなかった 私はただそこで川と共にいた 何もしない 物事が
起こるのを許した もし泳ぎたく感じたら 覚えておきなさい もし泳ぎたく感じたら
私は泳いだ しかしそれは私の側ですることではなかった 私は何も強いていなかった
もし私が眠りたくなったら 私は眠る 物事は起こっていた しかしやり手はいなかった
そして私の最初の悟りの体験はこの川の近くで始まった 何もしない ただそこにいた
何百万の物事は起こった



But she would insist: “You must have been doing something,” So I would say, “Okay, I
took a bath and I dried myself in the sun,” and then she was satisfied. But I was not,
because what happened there in the river is not expressed by words. “I took a bath” . it
looks so poor and pale. Playing with the river, floating in the river, swimming in the
river, was such a deep experience. To say simply, “I took a bath,” makes no sense about
it, or to just say, “I went there, had a walk on the bank, sat there,” conveys nothing.

しかし母は“あなたは何かしていたに違いない”と言ってきかない そこで私は“オー
ケー 私は水浴びをした そして私は太陽で体を乾かした”と言った そうして母は満足
した しかし私は満足しなかった なぜなら何がその川で起こったか “水浴びをした”
という言葉によって表現されない それはそんなにも貧しく そして色あせて見える 川
と遊び 川に漂い 川で泳ぐ そんなにも深い体験だった ただ“私は水浴びをした”と
言うことは それに何の意味もない あるいは“私はそこへ行き 堤を歩き そこに座っ
た”とただ言ったところで何も伝わらない



Even in ordinary life you feel the futility of words. And if you don’t feel the futility of
words, that shows you have not been alive at all; that shows that you have lived very
superficially. If whatsoever you have been living can be conveyed by words, that means
you have not lived at all.

普通の生活でさえ あなたは言葉の虚しさを感じる そしてもしあなたが言葉の虚しさ
を感じないとしたら それはあなたがまったく生きていなかった それはあなたがとても
表面的に生きてきたことを示す もしあなたが生きてきたことが何であれ 言葉によって
伝えられるとしたら あなたはまったく生きていなかったことを意味する



When for the first time something starts happening which is beyond words, life has
happened to you, life has knocked at your door. And when the ultimate knocks at your
door, you are simply gone beyond words . you become dumb, you cannot say, not even a
single word is formed inside. And whatsoever you say looks so pale, so dead, so
meaningless, without any significance, that it seems that you are doing injustice to the
experience that happened to you. Remember this, because Mahamudra is the last the
ultimate experience.

初めて言葉を超えた何かが起こったとき 生はあなたに起っている 生があなたのドア
をノックしている そして究極のノックがあなたのドアを叩くとき あなたはただ言葉を
超える あなたはおしになる あなたは何も言えない ひと言でさえ内側に浮かばない
そしてあなたが言うことが何であれ そんなにも色あせ そんなにも死んで そんなにも
無意味に見える どんな重要性もない あなたはあなたに起こった体験に不当なことをし
ているように思われる これを覚えておきなさい なぜならマハムドラーは最後 究極の
体験だ



Mahamudar means a total orgasm with the universe. If you have loved somebody, and
sometimes you have felt a melting and merging . the two are no more two; the bodies
remain separate, but something between the bodies makes a bridge, a golden bridge,
and the twoness inside disappears; one life energy vibrates in both the poles . if it has
happened to you, then only you can understand what Mahamudra is. Millions and
millions times deep, millions and millions of times high, is Mahamudar. It is a total
orgasm with whole, with the universe. It is melting into the source of being.

マハムドラーは宇宙と全面的なアルガズム 絶頂を意味する もしあなたが誰かを愛し
ことがあったら そして時にあなたが溶け合い そして合一を感じたら ふたりはもうふ
たりではない 体は離れたままだ しかしそのふたりの体の間の何かが 橋 黄金の橋を
架ける そして内側でふたりが消える ひとつの生のエネルギーが両方の極で振動する
もしあなたにそれが起こったら そうしてのみあなたはマハムドラーが何か理解できる
何百倍も何百万倍も深い 何百倍も何百万倍も高い それがマハムドラーだ それは全体
宇宙と全面的な絶頂 それは実在の源へ溶解だ


http://blog-imgs-51.fc2.com/c/h/e/chetan/20141215104427a61.txt
第一章 The Ultimate Experience 究極の体験
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX