« ホーム »

人生で成功するために経験する必要がある5つの挫折

m030160.jpg

人生で成功するために経験する必要がある5つの挫折
5 Failures You Need to Experience If You Want to Succeed In Life

あなたが失敗を過度に恐れていては、成功するのに必要なことを成し遂げることはできないでしょう。


1.あなたは最初のプランでは失敗するものと思わなければなりません。

人生は失敗でいっぱいです。あなたも時々失敗するでしょう。そのことは人が学んでいく過程でどうしても必要とされるものなのです。

私は、より柔軟な、オープンな思考法が必要とされることを知りました。 あなたが厳しく計画を実行して、夢にたどり着こうとしているときでも、必ずしも予定通りには行かないでしょう、そうしたとき、あなたは挫折したように感じます、そして、その点から先のすべての明確な行動は狂って来るのです。
しかし、あなたには、より柔軟でオープンな思考法があって、代わりにその思考で考えるならばこう思えます、「これは予定通りに行かないかもしれない、しかし、計画は変えることができるので、それでもかまわないのです」。
そして、あなたがそれを理解し、ペースダウンしたり、方向転換したり、やり方を変える必要があるとわかれば、それは大きな損失ではないのです。

あなたが成功して幸せであるために守らなければならないのは、たった一つのやり方だけというわけではありません。 成功と幸せは、あなたがおこなってきた進展に気づきながら、あらゆるレッスンが前進につながると思うことでもたらされるのです。

2. あなたは完全に自信があって準備できていると感じていても、失敗は起きるものだと思わなければなりません。

まず始めに、非常に信頼していたとしても、しばしば、それは装っているだけで、ただの無知であるかもしれません。 あなたが常に非常に自信家で生意気な人であるなら、重要な何かを、あなたが知らないままでいる可能性があるので、そういうこともありそうです。

しかしまた、この公式の逆もまた、信じられないほど問題を含むことがありえます - つまり、あなたの自信の不足があなたが学習し、成長するのを止めさせてしまうことがあるということです。 たとえば、あなたは、「私には、十分な才能がありません」とか、「私は、やりたくありません」や、「それは、あまりに難しいです」と言い訳して、逃げていることの心地よさに慣れきってしまうようになるかもしれません。その結果、あなたは自分自身で行動するのを止めて、その代わりに他の人が、あなたのためにすべてをしてくれると期待してしまいます。これは、あなたは自分自身でまったく何もやり遂げようとしなくなることを意味します。あなたは、単に自分自身を弱くしてしまいました。

キーとなるのは、あなたは必ずしも自信がある必要はないし、人生において前進するために、完全な準備ができている必要もないと思うことです。 あなたは、単に失敗の可能性にも力を貸さなければならなくて、そのうえで前進しなければなりません。 失敗することは学びです、そして、学習は進展につながるのです。

あなたは、熟練者と初心者の違いを知りたいですか?熟練者は、初心者も試みるようなものも含めて、より多くの失敗をしてきました。 あらゆるすばらしい発明や、創造、あるいは芸術作品の背景では、なんとかできないかという100の失敗を試みたのです、しかし、これらの試みは単に、我々には決して示されないだけです。

肝心な点: 成功は、常にあなたの快適ゾーンから外へ1歩踏み出すことから始まります。 あなたが少し不確かに感じ、前進するのに苦労しているときには、あなたはより強くてより頭が良くなっている時なのです。 より多くの時間をそこで過ごすほど、あなたはより速く学びます。 いつもの場所で平凡な時間を費やすより、とても高品質な10分を費やすことで成長する方がずっと役に立ちます。 あなたは能力に欠ける点を訓練したいと思い、何度も何度もそこに手を伸ばし、間違いを犯して、つまずいて、それらの間違いから学んで、さらにより遠くへ手を拡げることさえします。

3. あなたは、人々と調和して、誰をも喜ばせるということに失敗しなければ(あきらめなければ)なりません。

すべてのことがくるってきたとしても、決して完全に自分までそうならないで、創造的で、大胆でいられる人こそ、我々のあいだで、しばしば最も強くて最も幸せな人です。
彼らは、詳細な調査で一見終りのないような量に出会っても、創造的な人ほどそうありがちですが、そんなに簡単に落胆に陥ったりしません。なぜなら彼らは、狂気そのもののように、反対やネガティブな反応を受けても、なんとか意欲をもって好ましい経験だと受け取り、やり続けることができる人であるからです。
自分は違っていたいという意欲が、我々が賢明に我々の贈り物を使いながら、微笑を浮かべて、世界のすべての批判を受け止めることを、教えてくれるのです。

ですから、覚えていてください。あなたやその作品が誰にでも好かれる必要はありません。 あなたは、その贈り物自体によって、すでにアーティストであるのです。 誰でも、あなたの良さと才能を見出してくれるわけではありません。 あなたに意味があることに取り組む時には、あなたの直観力を信頼してください。 そして、あなたの直観力を信頼することが、あなたの本当の自身を信頼することに等しいということを知っていてください … そして、より本当の自分自身を信頼するほど、人生の回避不能な変化や逆境がじゃまをしたとしても、あなたは最大のゴールと最も突飛な夢を実現させることで、より多くを自分のものにします。

4. あなたは、いつでもOKでご機嫌であることには、挫折することを受け入れなければなりません。

あなたは、自分の感情との関係を完全に自由にすることによってのみ、本当に成長することができます。

どんな情緒的な感情も受け取ってくださいー 大切な人に対する愛情や、失った家族への悲しみ、恐れと致命的な病気からの痛みなどでもです。あなたが感情に関してためらい、自分自身がそれら全体にかかわろうとしないならば、あなたはそれら(感情)から分離されてしまって、決して肝心なポイントに触ることができません。 しかし、これらの感情に専念するならば、効果的に頭で考えようとすることを超えた位置から、完全に彼らを抱きしめるのを許すことができます。あなたはどのような感情も捨てないで、それが心にいすわっても疑問を感じません。

あなたは、愛が何であるかについてわかっています。 あなたは、悲しみが何であるかについてわかっています。 あなたは、恐れが何であるかについてわかっています。 そして、これらを知っている時だけ、あなたはこう言うことができます、「私はまた大丈夫になり、人生とともに前進することができます。」

5. あなたは、自分ひとりで全てをやろうとすることに失敗する気がなければ(あきらめなければ)なりません。

あなたがみんなを喜ばせる必要はないから、あなたが常に独力でやることを保たなければならないと言っているわけではありません。 その中間というものがあります、そして、あなたが援助が必要なら、助けを求めることはOKです。

成功と幸せに対する最も大きいバリアの1つは、我々が「なんであれ自力でやること」という考えによく重要性を置きすぎることです。どうにか、社会において、誰からもいかなる援助も必要としないで成功に関わることができたかもしれませんが、我々の多くは援助の手を差し伸べようと思っているのです、しかし、それを本当に必要とするときでも、我々は援助の手に摑まろうとすることをためらいます。 あなたはこうはならないでください。

この数年の間、私は、それを必要としたときはいつでも、援助を求めました、そして、そうすることは大きな違いをもたらしてくれたのです。 何かと死に物狂いで戦っているときでも、私はそれをやめることもできるし、あるいは、よりスマートな方法をさえ、見つけ出すことができるということを知っています。 しかし、よりスマートな方法を見つけ出すことは必ずしも簡単でないので、私は天使や親友、家族、師匠や尊敬する仲間に手を差し出して、彼らに援助を求めます。 彼らがいつでも答えを出してくれるというわけではありませんが、時々はそうしてくれますし、たとえできないときでも、彼らは必要な展望を私に与えてくれるのです。
たとえ何が起こっても、私の家族、友人、師と仲間 ― 私の一族のメンバー ― は決して私の期待を裏切りません。

If you are too afraid of failure, you can’t possibly do what needs to be done to be successful.

1. You have to be willing to fail at the original plan.

Life is full of screw-ups. You’re supposed to fail sometimes. It’s a required part of the human learning process.

I’ve learned that a more flexible, open mindset is what’s required. When you are rigidly attempting to carry out a plan or reach a dream, and things don’t go exactly as planned, then you feel like a failure and every bit of positive action from that point forward gets derailed. But if you have a more flexible and open mindset, and instead think, “This may not go as planned, but that’s OK because plans can change,” then it’s not a catastrophe when you realize you need to slow down, pivot or switch paths.

There’s no single path in life that you have to stay on to be successful and happy. Success and happiness comes with noticing the progress you’ve made, and understanding that every lesson is a step forward.

2. You have to be willing to fail at feeling completely confident and prepared.

For starters, extreme confidence is often just ignorance in disguise. If you’re feeling super confident and cocky all the time, it’s likely because there’s something important you don’t know.

But the inverse of this equation can also be incredibly problematic - letting your lack of confidence stop you from learning and growing. For instance, you may get so accustomed to the comforts of “I’m not good enough”, “I don’t want to” and “it’s too hard,” that you stop doing things for yourself and instead expect others to do everything for you. And all this really means is you’re not achieving anything at all for yourself. You’ve simply made yourself weak.

The key is to understand that you don’t need to be confident or feel fully prepared in order to make progress in life. You simply have to befriend the possibility of failure and then step forward. Failing is learning, and learning is progress.

You want to know the difference between a master and a beginner? The master has failed more times than the beginner has even tried. Behind every great invention, creation or work of art is a hundred failed attempts to make it, but these attempts are simply never shown to us.

Bottom line: Success always begins with one step outside of your comfort zone. When you’re feeling a little unconfident and struggling to make progress, that’s when you’re growing stronger and smarter. The more time you spend there, the faster you learn. It’s better to spend an extremely high quality ten minutes growing, than it is to spend a mediocre hour running in place. You want to practice at the point where you are on the edge of your ability, stretching yourself over and over again, making mistakes, stumbling, learning from those mistakes and stretching yourself even farther.

3. You have to be willing to fail at fitting in and pleasing everyone.

The strongest and happiest among us are often the creative, daring ones who never go completely mad, even when everything gets crazy. They aren’t so easily disheartened by the seemingly endless amounts of scrutiny that creative individuals tend to receive because they, like insanity itself, are the ones who feed off of opposition and negative feedback and manage to continue along with a healthy dose of ambition. It’s the willingness to be different that teaches us to use our gifts wisely and own all the critics of the world, with smiles on our faces.

So remember, you don’t need everyone to like you and your creations. You are like an artist with a gift. Not everyone is going to see your beauty and talent. Trust your intuition when it comes to working on what’s meaningful to you. And know that trusting your intuition is equivalent to trusting your true self… and the more you trust your true self, the more control you have of making your biggest goals and wildest dreams come true, even when life’s inevitable changes and adversities get in your way.

4. You have to be willing to fail at being OK all the time.

You can only grow by opening up fully to what you’re feeling.

Take any emotional feeling - love for a significant other, or grief over a lost family member, or fear and pain from a deadly illness. If you hold back on your emotions and you don’t allow yourself to go all the way through them, you can never get to the point of being detached from them. But by throwing yourself into these emotions, by allowing yourself to fully embrace them to the point where you’re effectively in over your head, you leave no emotion abandoned or question lingering in your mind.

You know what love is. You know what grief is. You know what fear is. And only when you know these things can you say, “I’m OK again, and ready to move forward with my life.” (Angel and I discuss this in more detail in the “Adversity” and “Self-Love” chapters of 1,000 Little Things Happy, Successful People Do Differently.)

5. You have to be willing to fail at doing it all by yourself.

Just because you don’t need to please everyone, doesn’t mean you have to go it alone all the time either. There is a middle ground, and it’s OK to ask for help when you need it.

One of the biggest barriers to success and happiness is the significance we often place on the idea of “doing everything ourselves.” Somehow as a society we have come to associate success with not needing any help from anyone. Many of us are willing to offer a helping hand, but we’re hesitant to reach out for help when we truly need it. Don’t do this to yourself.

For the last several years I’ve asked for help whenever I needed it, and doing so has made all the difference. When I’m desperately struggling with something, I know I can either quit or I can figure out a smarter way. But it’s not always easy to figure out a smarter way, so I reach out to Angel, close friends and family, mentors, peers who I respect, and I ask them for help. They might not have all the answers either, but sometimes they do, and even when they don’t they still give me some necessary perspective. Whatever happens, my family, friends, mentors and peers - my tribe members - never fail me.


5 Failures You Need to Experience If You Want to Succeed In Life
http://www.marcandangel.com/2016/01/10/5-failures-you-need-to-experience-if-you-want-to-succeed-in-life/
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX