« ホーム »

あなたが世界の何かを嫌いなら・・・

m010294.jpg

世界はあなたがそうであると信じているものだ、そして
それはあなたが変わればそれにつれて変わるものだ。
~バイロン・ケイティ
The world is what you believe it to be, and
it changes as you change.
-Byron Katie


あなたが世界の何かを嫌いなら、それを嫌うあなたがいるということだ。
それは嫌うべきものだと信じるあなたが、いま前面にいることを意味するにすぎない。

しかし、あなたはいま前面にいるあなただけでは、もちろんないはずだ。
あなたが世界を嫌い続けたいのなら、そうするしかない。
あなたが自分が好きになれる世界で暮らしたいのなら、あなたが変わらなければならない。

あなたが変わるとは、今の自分を捨てることを意味するわけではない。
それは「あなた」ではなく、いまのあなたに訪れたた考えがそう言っているに過ぎない。

本当のあなたは、そんなに偏狭な存在ではないのだ。
あなたも覚えがあることだろう、「あの頃の自分は偏った考えを持ち、それがすべてだと信じていた」という経験が。

「私の考え」「私の信念」「私の意見」「私の意志」、・・・、このような言葉にだまされないことだ。
このような表現を使うとき、「私の」は私のすべてがそう思っている、私そのものだ、という意味になってしまう。

しかし、それらのことばの魔術から逃れたあなたなら、それらは自分にたまたま訪れて、前面に現れている考えにすぎないことがわかるだろう。

「なぜ私は、それを信じたいのだろう?」「なぜそれにしがみついているのだろう?」
「どんな私が、それが真実であるべきだと主張しているのだろう?」

「なぜそれが真実でないと、私は困ると思っているのだろう?」
「それは本当に真実なのか?それとも、そう信じたいあなたが前面にいるだけなのだろうか?」

これらの質問を、とことん追求してみることだ。

あなたは、今の自分のわがままで世界が変わってくれたら、素晴らしいだろうと思っている。
そして、その働きかけは、もしかしたら偶然実現するかもしれない。
しかし、その考えにとらわれていれば、次はまず失敗に終わるだろう。そして世界の理不尽さを嘆くことになる。
なぜなら、世界はあなたに従うために存在しているわけではないからだ。
あなたの一時的な信念が、世界のすべてではないからだ。

あなたが自分に対して、もっとオープンになれば、世界の方ももっとオープンに様々な面を見せてくれるようになる。
あなたが世界を好きになれば、もともとそうであった世界が見えてくる。
あらさがしをして生きるなど、人生の無駄使いでしかないことが分かり、二度とそんな無駄な生き方を望まなくなるだろう。

世界は、あなたがそれの嫌いな面を探しているほど偏狭なところではないのだ。
そう見えるのは、あなたが偏狭な心にとらわれていることを意味するにすぎない。

あなたを変えるとは、ある考えが間違っていると追求し、別の考えの方が正しいと主張を変えることではない。
あなたに既に存在する他の層を選んで世界がどう見えるかを試してみるということだ。

偏狭な信念は、偏狭な世界がすべてのように見せるだけだ。それに不満を唱えて人生を費やすのは、いかにももったいない。

そのことを、これ以上考えられないほど、考えてみることだ。
いかに無駄な生きかたをしてきたか、その損失を、たとえ見たくなくても、しっかりと見てみることだ。
もう無駄に生きたくはないと、しっかり気がつくまでそれを続けよう。

それは、今まで費やした時間のどれよりも有意義なものになるだろう。

それとは逆に、売り言葉に買い言葉で反論を繰り返すなら、あなたは偏狭な世界へまっしぐらに入り込んでしまうだろう。これはよく知られた、そして誰もがうすうす気がついている心の働き方だ。人間の思考回路のバグのようなものだ。

そのあとに続く、ばかばかしい時間がいかに無駄なことかに早く気がつこう。
無駄なことで人生を費やしてしまったと後悔したくないなら、今すぐに方向転換するべきだ。

あなたが生きて行きたい世界を、あなたが変わるだけで選べることに、気がつくだけでいいのだ。
そこまでわかれば、もう二度と戻りたいとは思わなくなるだろう。

恨みとは、あなたの信念を維持するために、それに反対する人間に押し付けたくなる属性が、あなたの心に反映されたものにすぎない。このような心をむしばむ感情とは、さよならすることだ。
そうすれば、信念を手放すこともずっと容易になるだろう。


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
15位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX