« ホーム »

何も個人的に受け取らないでください

OOKA78_kinkyutaiou20141123111027500-thumb-1000xauto-5896.jpg

何も個人的に受け取らないでください。他人がすることの何も、あなたのせいではありません。 他の人が言ったり、することは、彼ら自身の現実や彼ら自身の夢を投影したものです。 他の人の意見や行為に免疫があれば、あなたは不必要な苦しみの犠牲者にはなりません。
- ドン・ミゲル・ルイス(lazyyogiを通して)

Don’t Take Anything Personally. Nothing others do is because of you. What others say and do is a projection of their own reality, their own dream. When you are immune to the opinions and actions of others, you won’t be the victim of needless suffering.
- Don Miguel Ruiz (via lazyyogi)



他人の言ったことや行為が非常に気になり、特に根拠がなくても自分に何らかの責任があるように感じてしまう人たちがいます。

そういった人にとっては、会社や学校などでの集団の中にいることが、それだけでストレスを感じる場所になってしまいます。

新しい集団に出会っても、いつの間にか気になる人たちが現れてしまいます。まるで、そういった人たちは、必要な登場人物で、いずれ登場してこないはずはないとでもいうようにです。

もちろん、全くそんなことを感じない人という人も、めったにいないでしょう。多少は、誰でも気になるものだし、それが全く無いという人は、それはそれで問題が有るといえるかもしれません。

どちらにしても、あなたの生活がそれによって苦痛に満ちたものになるとか、バランスが偏ってしまう場合が問題なのです。

他人の言動に敏感になりすぎて、心が絶えず落ち着かないようなら、あなたのバランスをチェックする必要があります。

基本的には、他人が何を言うか、何をするかは、その人の責任であり、あなたが何をしているかとか、あなたの存在自体には何の責任もありません。

それに責任を感じてしまう、反射的にそのような心身の反応が起きてしまうのは、どこかで身につけて、それを繰り返し反応することを許してきた結果です。

その習慣をストップさせなければなりません。
上述のような言葉を聞かされて、一時的に自分を許せたような気になったとしても、習慣というのは手強いものです。
すぐに忘れて、感情や身体が緊急事態だと誤解して先に反応してしまいます。

理屈の上で、それは相手の責任であって自分の問題ではないのだと、知的に理解することも一つの対策です。
人によっては非常に効果的であるかもしれません。
しかし、それだけではなかなか、心から安心できたというところまではいかないこともあるでしょう。

ですから、もう片方で、身体的、感情的な自らの反応に取り組まなければならないでしょう。

感情に取り組もうとして、多くの人が失敗してしまう原因のひとつは、そういった感情は、良くない感情であり、抑え込まなければならない感情、消えてくれればよい感情であると思って扱おうとすることです。

それは、うまくいきません。
起きてくる感情のどれ一つであっても、不要でもないし、存在しなければよいという感情でもないからです。

それは意味があって存在し、繰り返し現れるのです。
ですから、それらを愛しい自分自身の一部であり、ともに生きていくパートナーであると思って、仲良くなりましょう。

たとえそれが不快であったり、人に見せたくない感情であったとしてもです。

そうやって扱えば、やがてはそれらの感情を受け入れられるようになります。
存在していてくれても構わないし、それもまた大事な自分の構成メンバーなのだと思えてくるでしょう。
自分の顔形を受け入れているのと同じように、それらも受け入れられるようになります。

さてそうなると、あなたはそれが現れることを気にしなくなります。
そして、同時に、あなたを苦しめる人もいつの間にかいなくなります。
単純にあなたが、それらの人を予期したり、待ちかまえなくなるからです。

やがて、苦しめる人が外側にいると思っていたことは、自分の錯覚や投射でしかなかったことが心から納得できるようになるでしょう。

時にそのような感情がやってきても、慌てないで、それらを受け入れ、通り過ぎさせられるようになるでしょう。
それらの反応もまた、自分の人生を豊かにさせる一つの構成要因であると思えてくるでしょう。

それらがあってこそ、反対側の喜びも味わい深くなっているのだと。



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

このブログを読んで少し落ち着きました。
ありがとうございました。
sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX