« ホーム »

恐れの反対って何でしょう?

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s.jpg

恐れの反対って何でしょう?

私は、昨年アドバイスを求める多くのメッセージを受け取りました。それぞれ独特の状況を描いており、全部異なりました、しかし、私はそれら全部にある共通する何かがあるのに気がつきました。

我々自身の感情からの恐れ

それは怒りや不安や貪欲または悲しみである場合があります-我々のほとんどはこれらの感情に対処するのに苦労します。 我々は、我々はそれらに特定されてしまうと思います。 それらに我々が誰であるかを決める力があると思うからです。

私もまた、感情によって無力になった時がありました。それらを考えたとき、私は私の人生を送ることができませんでした。 それらを考えると、私は自分を悪人にしてしました。

私は、恐れの正反対とは何であるかについて、とても考えました。 一部の人は勇敢さだと言い、そして、他の人は愛と考えていました。 私はそれらのどちらにも、決して本当には乗っかれませんでした。 勇敢であろうとすれば恐れを感じるはずです、そして、愛は偉大ですべてですが、それが恐れに対して多くのことができるとは思いません。

私が恐れの正反対とは何かをつかむきっかけになったのは、私が瞑想し始めた時でした。 瞑想している間、我々はあらゆる感情や、現在の瞬間に自分に起こってくるあらゆる考えを許します。我々はそれらに微笑みます。 それらを歓迎します。それらを受け入れます。

恐れは、我々に実際に恐れる何かがあるとか、ある種の危険な状態にあると思わせることによって、我々を捕まえます。そして我々は将来の結果を恐れることになります。

しかし、我々がやって来ることを受け入れるならば、恐れには足場がありません。 それが、私が恐れの正反対が受容であると理解した次第です。

我々があるがままに現在の瞬間を受け入れるとき-我々の感情などと共に-恐れにはその泥だらけの足を踏み入れるところは残されていません。我々には恐れに残された何も、もうないのです。

あなたの感情や考えは、あなたを悪人にはしません。あなたがそれらに気がつくという事実は、あなたが頭が良いことを意味します。 あなたがよりよくしたいという事実は、あなたが親切であることを示します。 あなたは、本当に「悪い」人々なら自分自身について何に気がつくかについてわかっていますか? 何もないのです。 彼らの心によれば、彼らのやり方こそが完璧なのです。 それはまさに彼らに関する問題です。

自分が悪いと思う人は良い人だけです。 彼らが狂っていると思うのは正気の人だけです。

われわれは、みんな同じ感情を感じます。 怒り、不安、恐れ、悲しみ-みんなは、これらの言葉が何を意味するかについてわかっています。 不運であることは我々はこれらの感情を押しのけたいばかり思い、それらがプロセスを通し我々をより強くするだけだということを理解しません。 我々は怒りに怒っています、我々は恐れを恐れます、我々はなにかに悲しむか、悲しみを悲しみます-我々はそれらの感情を基本的に二倍にしてします。

しかし、我々がそれらを受け入れた瞬間-それらは消え去って行き始めます。 あらゆる感情は受容することで、そこからすべり落ちるので。 我々が不快な感情を受け入れたら、それは不快であるのをやめます。

私は感情や考えを訪問客とみなしたいと思っています-私はそれらと一体ではありません、私はそれらの観察者です。 そして、私は平和と受容と親切さでそれらに反応することを選ぶことができます。 お返しに、それらは同様に私に親切になります。

私は、自分が瞑想日記で書いた文を愛していて、よく思い起こします: 「雨の中で踊ることがどれくらい気分がよいかについて、決して忘れないでください。」 あなたが自身の不快な感情を受容し、それに微笑むことを許すとき、それよりすばらしい感情はありません。 信じられないほど不思議な何かが、それの中にあります。 あなたが、自分自身は単なる感情を超えた存在であると理解することを許すなら、その瞬間に、相当なパワーが、そこに存在するのからです。

それで、愛する読者のみなさん、あなたを微笑むことにご招待します。人々に対してだけでなく、あなた自身の感情に対しても同じようにです。
私たちは感情と考えでないのですから-我々は微笑んでいる人なのです。

「人生とは一連の自然で自発的な変化です。それらに抵抗しないでください;それは悲しみを生むだけです。現実を現実としてそのまま扱いましょう。ものごとをどちらに向かおうと、自然に流れさせてください。」-老子

出典:
http://www.themiracleforest.com/2015/09/what-is-opposite-of-fear.html


What Is The Opposite of Fear?

I have gotten a lot of messages asking for advice in the past year. They were all different, portraying unique circumstances, but I have noticed something that was the same in all of them.

A fear from our own feelings.

May that be anger or anxiety or greed or sadness--most of us have a hard time coping with these feelings. We think they identify us. That they have the power to define who we are.

There was a time when I, too, was crippled by my own feelings. When I thought I couldn't live my life because of them. When I thought they made me a bad person.

I thought a lot about what the opposite of fear was. I heard some people say bravery, others thought love. I could never really get on board with either of those. You need to feel fear in order to be brave, and love is great and all, but I don't think it has much to do with fear.

It was when I started meditating that I experienced first hand what the opposite of fear really was. While meditating, we allow every feeling, every thought that may arise in us in the present moment. We smile to them. We welcome them. We accept them.

Fear takes a hold of us by making us believe that there actually is something to fear, that we are in some sort of danger. We fear the outcome of the future.

But fear has no foothold if we accept what's about to come. That's how I realized that the opposite of fear is acceptance.

When we accept the present moment as it is--together with our feelings and all--fear has nowhere left to stick its muddy feet. There is nothing left for us to fear anymore.

Your feelings, your thoughts don't make you a bad person. The fact that you notice them means that you are smart. The fact that you want to be better shows that you are kind. You know what truly "bad" people notice about themselves? Nothing. Because in their mind, they are perfect just the way they are. That's exactly the problem with them.

It is only the good ones that think they are bad. It is only the sane ones that think they are crazy.

We all feel the same feelings. Anger, anxiety, fear, sadness--we all know what these words mean. What's unfortunate is that we also want to push these feelings away, not realizing that we only make them stronger in the process. We are angry at our anger, we fear our fear, we are sad about or sadness--we essentially double them.

But the moment we accept them--they start to fade away. Because every feeling simply slips off of acceptance. Once we accept an uncomfortable feeling, it ceases to be uncomfortable.

I like to think of my feelings and thoughts as visitors--I am not one with them, I am their observer. And I can choose to react to them with peace, acceptance and kindness. In return, they will be kind to me as well.

I love and often remind myself of a sentence I wrote in my meditation diary: "Never forget how good it feels to dance in the rain." There is no better feeling than allowing yourself to smile with acceptance to your own uncomfortable feelings. There's something incredibly magical in it. Because in that moment, you allow yourself to realize that you are more than just a feeling--and there's tremendous power in that.

So, dear reader, I invite you to smile, not just at people, but at your own feelings and thoughts as well. Because we are not our feelings and thoughts--we are the ones smiling.

"Life is a series of natural and spontaneous changes. Don't resist them; that only creates sorrow. Let reality be reality. Let things flow naturally forward in whatever way they like." - Lao Tzu

http://www.themiracleforest.com/2015/09/what-is-opposite-of-fear.html
関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX