« ホーム »

あなたが生きにくいと感じるのは逆らっているから

ANJ77_ehonwomiru20141115105326500-thumb-1000xauto-5834.jpg

「多くの人々がやって来ては、去ります、彼らが(去ることで)スペースを空けてくれることは、あなたにより良い人を招いてくれるわけで、常に喜ばしいことなのです。私のもとを去った人々が常により良い質の人たちのための場所を空けてくれることは、不思議な経験です。私は一度も失ってしまうことは、ありませんでした」
― オショー
“Many people have come and left, and it has been always good because they emptied some space for better people. It is a strange experience, that those who have left me have always left places for a better quality of people. I have never been a loser”
― Osho



あなたが今、生きにくいと感じているなら、それは今までのあなたの記憶や思考を、そのままでいさせたいと思っているからです。つまり、あなたは、あなたのストーリーをそのまま維持したいと願っています。
しかし現実は、あなたのストーリーを除けば、あなた自身も周りの環境も常に移り変わっているのです。あなたのストーリーだけが、取り残されて古ぼけたものになってしまっているのに気づかずに、あなたはストーリーを優先し、現実の方が変わるべきだと反抗しているのです。

この抵抗こそが、あなたを常に葛藤状態に陥らせてしまいます。あなたがどのように頑張っても、現実の変化は止められません。あなたが自分で自分の内面を探ってみれば、あなたのストーリーがなければ、様々な変化があなたの中で起きていることに気づくはずです。

中には気がつくだけで、腑に落ちて、素直に自分はもう変わる時なんだと気づく内容もあるでしょう。
しかし、ストーリーの多くのものは頑固です。いつまでも、ストーリーの方が現実に勝利しないと、自分は幸せにならないのだと信じ続けようとします。

後者のような思い込みは、誰かに指摘されても、自分が批判されたり、攻撃されているように感じるばかりで、なかなか気がつくことが出来ません。

ですから、問題を個別にどうするか取り組むよりも、どんなことであれ、去っていくものは、逆らわずに去らせてしまおうと決めるのもいい方法です。
去っていけば、そこに新しい来訪者が入り込む余地ができるのです。

人であれ、考えであれ、ストーリーはいつも新しく書き換えなければなりません。
そして、やがて書き換えも必要なく、ストーリーそのものが、もう要らないものだ、と思えるように、だんだんなっていくでしょう。

ひとつ勘違いしないで欲しいのは、あなたのストーリーが、新しい来訪を選ぶわけではありません。それでは、今までと同じです。

ストーリーによらない、つまりあなたが頭で考えたのではない、出会いや別れに任せるということが肝心です。それは、あなたが何も努力しなくても、向こうから現れる変化です。

あなたはそれに逆らわないだけでいいのです。なにもせず、判断をはさまずに、ただ素直にして受け入れ、そして自然に変わっていくのです。その変化には調和があります。なにも抵抗なく全体と解け合えると感じられるのです。

こうして、あなたの生きづらさは、何にせよあなたの抵抗が生み出していたことがわかってくるでしょう。



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
18位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX