« ホーム »

論理の誤り、すり替え、誘導、混乱など騙しの手口#2

プレゼン

引き続きThou shalt not commit logical fallacies | posterより

[ギャンブラー の誤り(the gambler's fallacy)]
(*誤り)
ルーレットの回転のように、「流れ」は統計的に独立した事象として起こると信じること
(*例)
ルーレット盤で赤の列が6回連続した。そこでグレッグは次には黒が来ることへの確信に近づいたと知る。このような考え方をしていれば、彼の貯金が底をつくことになり、経済的に苦しむことになるのは自然の流れである。

[the gambler's fallacy]
Believing that 'runs' occur to statistically independent phenomena such as roulette wheel spins.

Red had come up six times in a row on the roulette
wheel, so Greg knew that it was close to certain that
black would be next up. Suffering an economic form of
natural selection with this thinking, he soon lost all of
his savings.

[黒か白か(black-or-white)]
(*やり口)
2つの選択の余地があるとき、片方にも十分可能性があるのに、一方を唯一の可能性であるように示す。
(*使用例)
基本的に市民の権利を徐々にむしばむ彼の計画に対して、支持を回復するまでの間、最高指導者は彼らの選択は、彼を支持するか、それとも敵の味方になってしまうかのどちらかであると人々に話しました。

[black-or-white]
Where two alternative states are presented as the only possibilities, when in fact more possibilities exist.

Whilst rallying support for his plan to fundamentally
undermine citizens' rights, the Supreme Leader told
the people they were either on his side, or on the side
of the enemy.

[間違った原因(false cause)]
(*やり口)
ものごとの間の現実か、または認識された関係は、一方が他方の原因であることを意味していると仮定する。
(*使用例)
派手なグラフを指しながら、ロジャーは海賊の数が減少していた間、気温がどのようにここ数世紀の間上がっていたかについて示します; このように、海賊は世界を冷却するのです、そして、地球温暖化はデマです。

[false cause]
Presuming that a real or perceived relationship between things means that one is the cause of the other.

Pointing to a fancy chart, Roger shows how temperatures have been rising over the past few centuries, whilst at the same time the numbers of pirates have been decreasing; thus pirates cool the world and global warming is a hoax.

[個人を攻撃する(ad hominem)]
(*やり口)
相手の議論を徐々にむしばむために、あなたの敵の人格または個人の特徴を攻撃すること。
(*使用例)
サリーがより公正な税制のために雄弁で有無を言わさぬ事例をプレゼンしたあとに、サムは我々は結婚もしていないし、逮捕歴もある少し怪しい女性が述べることを信じなければならないものかどうかと、観衆に問いただした。

[ad hominem]
Attacking your opponent's character or personal traits in an attempt to undermine their argument.

After Sally presents an eloquent and compelling case for a more equitable taxation system, Sam asks the audience whether we should believe anything from a woman who isn't married, was once arrested, and smells a bit weird.

[誘導尋問(loaded question)]
(*やり口)
有罪である証拠を見せないでは答えられないような、仕組まれた仮定を含んだ質問をする。
(*使用例)
グレイスとヘレンは二人とも、ブラッドに恋愛感情を持っていました。 ある日、ブラッドが聞こえるくらい近く座っているところで、グレイスは、ヘレンが真菌感染の問題を抱えているかどうか、詮索好きな調子で尋ねました。

[loaded question]
Asking a question that has an assumption built into it so that it can't be answered without appearing guilty.

Grace and Helen were both romantically interested in Brad. One day, with Brad sitting within earshot, Grace asked in an inquisitive tone whether Helen was having any problems with a fungal infection.

[流行(bandwagon)]
(*やり口)
多くの人が試してみている何かであると言って、その人気や事実をアピールする。
(*使用例)
シェイマスは酔ったショーンを指さして、それらが愚かな古い迷信だけであるならば、それほど多くの人々がどうしてレプレコン (小さい老人の姿をした妖精; 主婦の手伝いをする)の存在を信じることができるのか、彼に説明してみろと言いました。
しかし、ショーンはあまりに多くギネスビールを飲み過ぎていて、彼の椅子からころげ落ちました。

[bandwagon]
Appealing to popularity or the fact that many people do
something as an attempted form of validation.

Shamus pointed a drunken finger at Sean and asked
him to explain how so many people could believe in
leprechauns if they're only a silly old superstition.
Sean, however, had had a few too many Guinness himself and fell off his chair.

[論点を巧みに避ける(begging the question)]
(*やり口)
結論が前提に含まれる循環論法を用いる。
(*使用例)
Zorbo大王の言葉は、欠けたところがなく完璧です。
我々はこのことを知っています。なぜならZorbo's Best and Most Truest Thingsという偉大で絶対確実な本がそう言っているからであり、それは絶対に疑ってはならないものです。

[begging the question]
A circular argument in which the conclusion is included in the premise.

The word of Zorbo the Great is flawless and perfect. We
know this because it says so in The Great and Infallible
Book of Zorbo's Best and Most Truest Things that are
Definitely True and Should Not Ever Be Questioned.

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX