« ホーム »

幻想を持って生きることがいかに苦しいか

D0011_udemakuri120140830142912500.jpg

「幻想をもたずに生きていくということがどんなに苦しいものか、とそんなふうな考えがふと浮かんだらすぐに、幻想をもって生きることがどんなに苦しいものかと考えてみることです」~バーノン・ハワード


たとえばあなたは、「こうすればあなたも人気者になれます」というテクニックを研究します。これさえ磨けば、自分も人気者になれて、今までの惨めさから逃れられるんだ、と考えるあなたは、疑いもせずにその表面的な技術を真似ようとします。

こんなことを言うのは自分らしくないといくら思っても、あなたは今までそれが出来ないから惨めな思いをしてきたのだ、と思い直し無理な訓練を続けます。

表面的な関わりしか持たない人たちなら、特に不審に思わずにあなたを扱うかもしれません。ですから、多少は改善したかのように思えることもあるでしょう。

しかし、訓練はつらいものです。あなたは自発的な感情を押し殺し、思わず言ってしまいそうになる自分を必死で抑えこんで、改造人間になろうとするのです。

ようやく慣れてきて、少しは私も人気者になれてきたかしら、と思っていると、やがてその幻想の生き方に試練が訪れます。

あなたの、本物ではない技巧的な話し方を見抜いて、「本心で話してみたら?」と言ってきます。「あなたの話し方には、あなた自身がちっとも感じられない。セールスの勧誘でも聞いているような感じだから。残念ながら、今のままのあなたとはお友達になりたいと思えないわね。」

こんなに苦労して、自分を磨いてきたつもりなのに、・・・
あなたは大打撃を受けて、すっかり自信をなくしてしまいます。
何しろ好かれるどころか、批判される人間になってしまっていたのですから。

あなたの幻想は、誰からも好かれる私を夢見たことであり、あなた本来の真の知性を信じないで、誰かのまやかしを信じてしまったことに在るのです。

このショックの後どうするか?いくつか考えられます。

・こんなに一生懸命忠実に従ってきたのに、ちっとも役に立たないじゃない、とこの方法に疑問を抱き始めるのが、一番ましな反応です。

・努力が報われず、すっかり気力をなくして、「これが人生というものか。世間というのは辛い所だ。生きていくことは茨の道なんだ」と無気力に陥ってしまうかもしれません。

ですが、もっと最悪の反応の仕方もあります。

・このやり方は間違っていないはずだ。あんなことを言った人間は例外なんだ。ああいった人は相手にしないようにしよう。そして、もっとテクニックを磨かなければならない。完璧なトークが出来る人間になろう。そうすれば、幸せそうなあの人気者の人達に自分も仲間入りすることができるんだ!

◆人はまやかしにはうんざりしています。あなたがあなた自身であることを大切にしている人なら、その新鮮さであなたに惹かれるでしょう。

◆なぜこんなに苦しいのか?といつも感じているなら、自分が幻想に生きようとしていないかをまず疑ってみましょう。

◆あなたという存在は、あなたの記憶のかたまりではない。それに気がつけば、記憶された観念の強制力も、他人に操られるのではないかという錯覚も消え去ります。あなたを不当にコントロールするようにみえる他人や自分の存在を感じるなら、あなたは記憶された観念こそが自分だと信じているということです。幻想に生きているということです。

◆幻想とは、一見華やかに見えるまがいものであり、たくみにあなたのエゴを活性化させます。しかし、それを捨てない限り、あなたはずっと我慢するしかないと感じつづけ、解放感も、安らぎも自分とは無縁のものになってしまいます。なぜなら、そこには本当のあなたが関わっていないからです。

◆幻想を捨てることは、古いものを壊して捨てさるということですから、今でさえ不安なあなたには、なかなか勇気が持てないかもしれません。そのときは、先頭の言葉を思い起こしてみましょう。



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleメール心理相談sidetitle
メールを利用して1,000円/週で心理相談を受け付けています。
詳しくは下記から「どういう内容か知りたい。」旨のメッセージをお送りください。





アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取優良店***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***


このエントリーをはてなブックマークに追加

sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
20位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX