« ホーム »

苦しみを終わらせる最善の方法は

m020421.jpg

 本当の自由とは、したいことを勝手にする自由ではなく、今あるとおりにある自由です。本当の自由は制限をまったく問題としませんー制限の中で完全に自由で無制限なのです。自由とは、あまりにくつろいでいるために、縮こまったり緊張しているのをまったく問題としないくつろぎです。生は収縮と拡張の両方、苦しみと解放の両方を含んでいます。
         ー略ー
 苦しみを終わらせる最善の方法は、苦しみを完全に受け入れることです。もし苦しみが続いたとしたら、関心を持ち、じっくりと眺め、それがどう展開するかを見て、それを構成しているのは何か、何で作られているか(思考、感覚、ストーリー、活動)を見て、そうしたものすべてが本当にあるのかどうか、それをしている人がどこにいるのかを見て、まさに今のこの瞬間、苦しむかどうかは選択可能なことなのかを調べます。正しい答えも間違った答えもありません。これは、ともに生きながら探求していく問いなのです。
~つかめないもの ジョーン・トリフソン


まず自由であることや、解放された状態について考えてみましょう。
私たちは、いったん解放されて自由になれると、まったく束縛がなくなったり、緊張することも一切なくなることのように思っているかもしれません。

しかし、苦しみと解放は相反するものではなく、むしろ片方があるからもう一方があるというペアである関係、コインの裏表の関係なのです。
緊張がなければ、弛緩することもあり得ません。もしそうであるなら、ずっと変化しない状態ということですから、生きていないものだということになります。

変化のない、死んだも同然の状態で変わらずにいられたとしても、そんな状態はすぐに嫌になってしまうでしょう。なぜなら我々は生きている存在であり、絶えず変化してこそ生きている実感が得られうものだからです。

つまり、これからはずっと解放される、とか、ずっと自由であるという状態など言葉の上でしかあり得ないのです。

しかし、ジョーンが言うように、『自由とは、あまりにくつろいでいるために、縮こまったり緊張しているのをまったく問題としないくつろぎです』という自由は実際に存在します。固定された状態ではなく、揺れ動きながらもくつろいでいられる状態なのです。

自由を固定した状態で求めようとしても失敗します。いつまでも、手を変え品を変えして探し求めても、固定された自由や、解放され続ける状態というものは見つかりません。

次に苦しみを終わらせる方法に移りましょう。
『苦しみを終わらせる最善の方法は、苦しみを完全に受け入れることです』

受け入れるとは、どんな場合にも言えることですが、
1.まず、いま自分は苦しんでいる状態にあることを認めます。
それがいかにひどくても、理不尽に感じても、自分がその状態にあることを足したり引いたりせずに、そのまま受け入れないとなりません。
あまりに苦しいので、直視できなくて押し込めてしまったり、自分以外の何かのせいにしたくなったり、他のことに気をそらそうとしても根本的な解決は望めません。
2.1ができれば半分以上は到達しています。あとはその状態をよく観察し、どのようにそれが起きているかを突き止めようとしてみましょう。たとえその原因がはっきりと言葉にできるような答えにならなくても構いません。

肝心なことは、ありのままに起きていることを、そのまま観察し、それとともに在ることです。苦しいなら苦しいまま、それを受け止め、そのままの状態でいなければなりません。
それを何かの方法でごまかしてしまうと、根本的な解決のチャンスを逃してしまいます。そこでのがしてしまうと、いずれまた、それは再び蘇ってきます。

「逃げようとする限り、それは消滅せずにあなたを苦しませ続ける」ということをしっかり認識しましょう。それが理解できれば、今の苦しさを避けないで、根本から解決してしまおうと思えるようになります。

ひとつ、良いニュースが有ります。
逃げないで向き合う時、それは想像していたほど苦しいものではないと分かることです。
あなたが逃げようとしたために、そのお化けはどんどん巨大になっていただけです。

それは耐えられないほどの苦しみではありません。なぜなら、それはもともとそこに在った現実だからです。あなたが逃げないで受け入れていれば、これが現実なんだとすんなり受け入れてしまったかもしれないのです。

そう言われると、思い当たることがありませんか、「あの時はなんとも思わなかったけれど、後から考えると大変な体験をしていたんだな」と。その時は怖がらずに、あるいは怖がる暇もなく、それと向き合い受け入れていたのです。

苦しみを終わらせる最善の方法は、「しっかりとそれと向き合い、受け入れること」、それに尽きるのです。中にはすぐには受け入れがたいこともあるかもしれません。その場合は少しづつでもいいから、でも決して逃げずに向き合っていこう、という姿勢を持ち続けましょう。

どんな苦しみも、可能性はもともとそこにあったのです。そしてそこにある以上、それを受け入れられる力も同時にそなわっていたのです。
怖がらずに、受け止めましょう。それが最善であり、また最速でもある解決方法なのです。



関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
14位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
FX