« ホーム »

あなたの感情の傾向を知りましょう

あなたがまわりの人を見回す時、いつも楽しそうな人、いつもにこやかな人、いつも怒っている人、いつも沈んでいる人、いつも無関心でいる人、などなど様々な感情の持ち方の人を見るでしょう。

あなた自身はどうでしょうか。

他人の感情傾向というのは、割とわかりやすいものですが、自分のこととなると、自覚していることと他の人から見た印象が異なる場合もあります。

あなたが普段抱きやすい感情というのはどのようなものが多いでしょうか。

なぜ人によって、感情の持ち方がこのように違ってくるのでしょうか。

不満1


一つの手がかりとしては、あなたの生育歴が関係していると考えられます。

ひとは、自分が子どもの頃に受け入れてもらえなかった感情というのを、今でも抑圧して抱え込んでいるといわれています。

あなたは、嬉しいと感じた時、哀しいと感じたた時、それを表現しやすい時と、何でもないように抑えてしまうことがあるのを感じるでしょうか。

ひとは、自分がかつて、まわりからも受け入れられて、表現することを喜ばれた経験に結びつく感情は表現しやすいものです。

表現することを許された感情には、抵抗を感じませんが、なにか表現するのをためらってしまう、いけないと感じてしまう感情というものも持っています。

このようなワークをしてみましょう。

あなたは子どもです。
いま、あなたのうちには家族がみんな揃っています。
あなたは外からうちに帰ってきたところです。

けが


・あなたは、道で転んで膝に擦り傷を作ってしまい泣きながら帰ってきます。

うちに帰った時、だれが真っ先にあなたを見つけてくれるでしょうか。

だれの顔がより強く見えてきますか。
そこに登場してこない人はいますか。

あなたの大変さを同情してくれる人はいますか。
あなたの心配して欲しい感情を満たしてくれる人はいますか。

それとも、あなたが泣いていることを批判するひとはいるでしょうか。
からかってくる人はいるでしょうか。
怒るひとはいるでしょうか。

わーい1

・あなたは、学校からの帰り道、こども心にとってもすてきなものを発見しました。
あなたはそれを誰かに伝えたい。

あなたが帰った時、だれに伝えたいでしょう。
だれかそれを喜んでくれますか。

一緒になって喜んでくれるひとはいますか。
無関心な人はいますか。

それとも、あなたの発見をけなす人はいるでしょうか。
からかってくる人はいるでしょうか。

あなたが喜んで、調子にのっていることで、機嫌悪くなる人はいるでしょうか。
うるさいと怒鳴る人はいますか。

こんな感じで、自分のいろいろな感情を調べて見ると、おもしろいかも知れません。

そして、そのような感情は、今のあなたの生活の中でどのような影響を与えているのでしょう。

いい悪いという評価を加えずに、自分の感情につきあってみましょう。

「ふつう人はこう感じるものだ!」と思い込んでいたことが、じつはあなたの特有の感じ方であることを発見するかも知れません。

あなたが誰かに何かをしてもらいたい時、どんな感情を抱くことが多いでしょうか。
それは、役に立っていますか。
その感情はその後どのような結末をむかえるでしょうか。

あなたが誰かとけんかする時、どのような感情が関係しているでしょうか
その感情は、誰か特定の人と結びついていたりしますか。

感情というのは、あなたのコントロールをこえて、突然わいてくる訳のわからないもの
という印象があるでしょうか。
このようなワークをしてみることで、発見や、より親しみを感じられるものに変わってくるのを感じられるかもしれません。

それは普段からあなたがつきあっていく、あなたの一部なのです。

気に入っていただけたら応援お願いします ↓↓
 人気ブログランキングへ 



[関連記事]
共依存(共生関係)とは
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-80.html
共依存から脱却するには
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-81.html
なにか満たされない思い(1)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-96.html
なにか満たされない思い(2)
http://paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-97.html

 

関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 人間関係
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。いつも拝見させていただいております。

突然で申し訳ございません。

私も自身の感情の傾向をつかみたいと考えています。
どういうときにどんな感情をいだくのか・・・

そのために日々振り返って感情と出来事を記録していっていますが、
ほかにいい方法などはありますでしょうか?みなさんはどのように
やっているのかなと思いまして。

よろしくお願いいたします。

Re: No title

> はじめまして。いつも拝見させていただいております。
>
> 突然で申し訳ございません。
>
> 私も自身の感情の傾向をつかみたいと考えています。
> どういうときにどんな感情をいだくのか・・・
>
> そのために日々振り返って感情と出来事を記録していっていますが、
> ほかにいい方法などはありますでしょうか?みなさんはどのように
> やっているのかなと思いまして。
>
> よろしくお願いいたします。

「日々振り返って感情と出来事を記録」されているとは、なかなか出来ない事です。
すごいことだと思います。

自分の感情を知るのが難しい一番の理由は、抵抗が存在するからです。

なぜ抵抗するかと言えば、ありのままの感情に気がつく以前に、
自分とはこういう人間だというストーリーを作り上げているわけです。

それに沿った感情は認めやすいし、筋書きに合わない感情は自分のものだと認めたがらないのです。

ですから、その抵抗が外れるほど、素直な感情を受け入れる事が出来ます。
また、他の人にどう思われるかが気になっているほど、防御は強くなるでしょう。

しかし、そういった構え自体も自分を作り上げているわけですから、
直接感情の傾向を調べるだけでなく、自分自身を素直に知ることが
より自分の感情を受け入れやすくなってくるでしょう。

自分を知るには、抵抗に気がつくこと、つまり嫌な感情が起きてきたことなどに
敏感になって、それがどこからくるものかを知ることが早道ではないでしょうか。

ありがとうございます

たくさんのアドバイスをいただきありがとうございます。

>それに沿った感情は認めやすいし、筋書きに合わない感情は自分のものだと認めたがらないのです。
>
>ですから、その抵抗が外れるほど、素直な感情を受け入れる事が出来ます。
>また、他の人にどう思われるかが気になっているほど、防御は強くなるでしょう。
>
>しかし、そういった構え自体も自分を作り上げているわけですから、
>直接感情の傾向を調べるだけでなく、自分自身を素直に知ることが
>より自分の感情を受け入れやすくなってくるでしょう。
>
>自分を知るには、抵抗に気がつくこと、つまり嫌な感情が起きてきたことなどに
>敏感になって、それがどこからくるものかを知ることが早道ではないでしょうか。

上記を十分意識して取り組もうと思いました。

またデジタルでいうと感情と出来事をセットで残してかつ、分析(集計や傾向など)を見せてくれるものがあればかなり便利かなとも思っていますが、今のところそのようなものはないので、デジタル(スマートフォンアプリでEvernoteやFacebookなど)とアナログを使って残しています。

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
13位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX