« ホーム »

私の世界をめちゃくちゃにした9つの幻覚への洞察

DI_IMG_5638500-thumb-1000xauto-5655.jpg

私の世界をめちゃくちゃにした9つの幻覚への洞察

9 Mind-Bending Epiphanies That Turned My World Upside-Down - StumbleUpon

以下9つの項目について簡単に解説します(翻訳ではありません)。
原文はリンク先を御覧ください。

1.あなたはあなたの考え(マインド)ではない。

あなたの思考が何を喋っていようと、あなたに起こってくるのはそれとは必ずしも関係ない現実です。そして本来のあなたとは、現実に関わっている主体であり、あるいは現実と一体の存在です。
思考とは、匂いや光景や音と同じように私が認識するものの一つのカテゴリに過ぎません。

2.人生は、瞬間においてだけ展開します。

人生における挑戦とは、唯一今の瞬間に対するあなたの対処です。
あなたはあなたの人生全体(過去から未来にかけて)と格闘する必要はありません。
あなたが持ちうる唯一の機会とは、今この一瞬の接点にしかありません。
誰も過去や未来には対処できないのです。

3.生活の質はあなたがその瞬間に対処する方法によって決定されます、どのような機会が起こったり、起こらなかったりするかによらず。

悪いことが悪いタイミングで起きたり、どんな逆境に置かれていても、あなたが喜んでそれに対処しようと決意さえすれば、怖いものはなくなります。
逆に「大変なことなったぞ!」と考えてうろたえるなら、言葉通りあなたは大変な状況に陥ることでしょう。

4.大部分の人生は想像上のものからなります。

私たちは想像上の考えにすぎないことを、いつの間にか現実だと勘違いしがちです。そういった勘違いは、反射的にその瞬間に為されてしまうため、自分でも気がつかないまま区別がつかなくなっているのです。

5.人間は苦しむおかげで進化しました、そして、我々は他のことより、苦しむのが得意です。

私たちは、苦しむような状態になると、自分がなにかまずいことをしてしまったのだと考えがちです。
しかし、この苦しむという情動が、人類が生き延びてくる過程で身につけた防衛手段だとしたらどうでしょう。状況を変えるか、それともその場を逃げ出すかという衝動は、私たちの行動のほとんどの根本にあるものです。
苦しく感じるということが、なぜ苦しんでいるかの理由づけを考える以前の、私たちが身につけてしまっているもっと根源的なものだとしたら?
1)苦しさは必ずしも私たちの人生が悪い状況にあることを意味しない。
2)どれだけ苦しむかは私達自身のコントロール下にある
3)この苦しむという問題の原因も解決も同じ所から来ている

6.感情は、我々を偏らせるために存在します。

感情を、私たちの人生の状態を反映する信頼できる指標と見ているのは正しいのでしょうか?
感情はほとんど自分でコントロール出来ない場合もある強い衝動ですが、必ずしも現在の状況を反映してはいません。しかもそれは私たちを偏らせるし、それに入り込むほど力は強くなります。
感情に従わなければならないとか、逆にそれを制圧してしまおうとか考えるのをやめて、ただその存在を認め受け入れることにすれば、それに振り回されることなく、存在するものを、ただそのまま、その場所にいさせて共存することも容易になります。

7.すべての人々は、みんな2つの動機づけから動きます:彼らの欲求を満たすこと、それから、彼らが苦しまずにすむこと。

私たちが他人と接するときに、相手が何を言っているかは、必ずしも正確な動機であるとは限りません。その人自身も、自らの防衛規制などに左右されて、本来の動機を把握しておらず、自ら語っている言葉に騙されていることも多いのです。
どんな理由が語られていても、本来は2つの動機がもとになっていると考えると、相手の言葉に左右されずに理解することも容易になるでしょう。

8.信念は誇りに思うようなことではありません。

「信念を貫く」ということに価値を置く人は少なくないでしょう。
しかし、信念は私たちをその考えに支配させてしまい、オープンに人の意見を聞いたり、自分に自由に考えさせることを制限してしまいます。
状況に柔軟に対応でき、たとえ信念であっても捨ててしまっても構わないものだと考える時、あなたは自由を取り戻すでしょう。

9.客観性とはいっても主観的なものです。

私たちは他の誰とも違う経験を積み重ねて、現在の自分を作り上げてきました。
その人の主観性は、その人独自の視点であり他の人にはわかりません。
また客観的であるという姿勢すら、その人自身が築きあげた観点なのです。
そのことを忘れて、客観的であることを、完全に公平ですべての人が同じように受け入れられることだと過信しないことです。


関連記事

ACR WEBブログパーツ

テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ


現実とあなた自身のずれがなくなるほど、あなたは無理している自分を発見できるでしょう・・・
思考と感情からの解放~そして現実のみを信じる3ステップ|ヒーリング・スピリチュアル | ココナラ

スポンサード リンク







コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle最新記事sidetitle
《最近7日間の人気順位》
~ランキング全体をみる~
~ランキング全体をみる~

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle
過去の記事はこちらから↓

全ての記事を表示する

sidetitleブログ紹介sidetitle
☆~新刊⌒☆
☆ちゃん見るシリーズ☆


好評発売中


アルファポリス
第2回エッセイ・ブログ大賞
特別賞『タオに生きる』 pao
WebコンテンツPickUP!タオに生きる
【 エッセイ・日記・blog > blog 】
老子の教えに学ぶ
老子のいう「タオに生きる」ということはどういうことなのか。さまざまなアプローチから、自らの考えや学んだこと、思ったことが綴られています。心をやすめ、身体をやすめ、穏やかで落ち着いた生活をしたい……そう願う人たちにとって、ヒントに溢れたブログです。


ez-HTML





PRR
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleにほんブログ村sidetitle
sidetitleお世話になってますsidetitle
※FC2ブログのリンクですが、なるべくblogpeopleのリンクをお願いしています(右サイドのお友達リンク)
このブログをリンクに追加する
sidetitleスポンサード リンクsidetitle
sidetitleアクセス情報sidetitle
sidetitleジャンル・ランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
心と身体
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
8位
アクセスランキングを見る>>

sidetitle検索フォームsidetitle


もう一つの「タオに生きる」カテゴリー別
Screen Shot_30p ※徐々に更新しています
タオに生きる(人間関係)
タオに生きる(アドバイタ関連)
タオに生きる(YouTube#1)
タオに生きる(YouTube#2)


[上位タグ20]
感情、莊子、思考、怒り、罪悪感、老子、いまここ、人間関係、バイロン・ケイティ、交流分析、タオ、エックハルト・トール、ありのまま、許す、YouTube、老荘思想のコラム連載、不安、過去、無為、OSHO

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
訪問いただいているサイト
(週間 木曜日リセット)
※こちらでタイトルを入れさせてもらっていますが、出したくないとか変更したいという方はご連絡下さい。

sidetitleカテゴリsidetitle
カテゴリーを追加し整理しました。 バイロン・ケイティ、エックハルト・トール、ガンガジ、ムージ、OSHO
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleお友達リンクsidetitle
FX